PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.28 生活シーンに溶け込むためのデジタルサイネージの微かな変化

News

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.28 生活シーンに溶け込むためのデジタルサイネージの微かな変化

2017-07-21 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

Digital Signage Expo 2017から見えたサイネージの今

デジタルサイネージは、広告、販促、情報提供などの目的で利用が進んでいるが、実際の利用シーンにも変化の兆しを感じるようになってきた。それは一見わかりにくいのだが、私達の生活シーンの中で、より自然に溶け込んでいくために必要なことが数多く感じられるのである。こうした変化をDigital Signage Expo 2017(DSE)からピックアップしてみたい。

ディスプレイテクノロジーの進化

両面がディスプレイになっている

言うまでもなく、ディスプレイ技術は日々進化を遂げている。テレビなどの家庭内用途では4K/8KやHDRがトレンドである。デジタルサイネージももちろん同じであるが、家以外の場所での利用であるデジタルサイネージの視点からすると、これらとは別の進化と可能性を感じている。

厚さ3.65mmのLEの55インチOLED

例えばLGの超薄型OLEDディスプレイ。「ウォールペーパー サイネージ」と名付けられた55インチのOLEDは、その厚さわずか3.65mm(OLEパネル自体は0.97mmしかない)、ベゼル厚1.2mmの超薄型、超狭額である。これは数字以上に実際に壁面に設置するとかなりのインパクトがある。インパクトというのは、空間に溶け込むというかディスプレイの存在を忘れさせるものだ。

紙のポスターのようにディスプレイの存在感はほとんど感じられないレベルに

これまでもLCDを中心に薄型化の競争が進み、十分薄くなっていたのだが10mmを超える薄さはまた別次元のものになる。とくに商業施設などのデザインされた空間においては、ディスプレイ自体はその存在を感じさせることなく、必要な情報だけを表示することが本来あるべき姿である。従来のようにディスプレイスタンドや壁掛け金具といったものではなく、まさに紙のポスターを貼るような感覚である。

さらに空間上に吊るした場合には、両面に映像を表示できるものも登場してきた。これはやはり商業空間ではデジタルサイネージの設置場所や表現力、提供されるコンテンツの中身に重要な変化をもたらしていくだろう。

ユニット化されているLEDディスプレイの裏面

一方でLEDディスプレイがユニット化され、ユニットの組み合わせで大画面化が容易になってきた。メンテナンス上においてもユニット化は重要なことである。こうしたLEDディスプレイを複数枚組み合わせ、100インチを超えて300や400インチという表示環境が手軽に構築できるようになってきた。こうした大画面化は、4K/8Kがどんどん手軽に扱えるようになったことと併せて、さらに進展していくに違いない。

狭額になってもベゼルの存在はどうしても気になる

またユニット化によって、LCDを複数台組み合わせることによるマルチディスプレイ構成においては、ベゼルが非常に気になるようになってきた。狭額といってもベゼルがあることが視認できてしまうと、どうしてもそこは弱点となる。そのため今後は1画面で100インチを超えるサイズでは、マルチ画面構成は衰退していくことになるだろう。

逆に言えば、わざと各ディスプレイ間隔を開けて設置するような方向性、その設置形状をもともとの空間にマッチしたものにして、かつコンテンツ表現もディスプレイの隙間を活かした演出を施すことで差別化していく必要があると思われる。

デジタルKIOSKの進化

Coates社の決済機能付きのKIOSK端末

オンラインショッピングが活況である。そしてその主流はパソコンからスマホにシフトしている。指先で画面をタッチにながら買い物をすることに、いつの間にか私たちは抵抗を感じなくなってきた。こうしたユーザー体験の変化は、リアルな店舗にも浸透していく可能性が高い。それを予感させるようなショッピング用のKIOSK端末の展示も増えてきた。

こうしたKIOSK端末の多くは、筐体デザインもかなり洗練されたものになっている。日本では居酒屋チェーンやカラオケボックス、回転寿司などでもこうした注文端末はすでにポピュラーだ。例えばマクドナルドは、日本も含めて世界各地でセルフ注文用のKIOSK端末の導入を進めている。導入目的は人件費の削減と、金銭授受による時間の節約やミスの低減だ。クレジットカードだけではなく、電子マネーやスマートフォン決済の普及も追い風になっていくだろう。

デザインも工夫されている

店舗の営業形態、取り扱う商品やサービスによってKIOSK端末の役割も異なってくるだろうが、決済まで完結しなくてもデジタルカタログ的なものもあるだろう。また日本ではほとんど目にしないが、特に中華圏と欧州では、飲食店の多言語化されたメニューがタブレットで提供されている例は極めて一般的である。

日本のアドバンテージはどこか

では欧米やアジア圏のサイネージに対して、日本のアドバンテージはどこにあるのか。それはIoT的なものというか、各種のセンサー類を利用するものだと思われる。コインロッカーやトイレの空き状況の表示、商品バーコードを読み込ませてクイズ的な販促ツールに仕立てたものや生鮮品のトレーサビリティー情報を表示させるものなど、細々した利用シーンに丁寧かつ柔軟に対応するような事例は日本以外では見かけない。

こうしたものは必ずしも導入や運用に対して予算が十分確保されているわけではないので、すでに導入が進んでいるRaspberry Piをサイネージ用のSTBに最適化していくなどの工夫も日本ならではのものであろう。


WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


[ Writer : 江口靖二 ]
[ DATE : 2017-07-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.30 一番わかりやすくて人に優しい観光案内サイネージ

txt:江口靖二 構成:編集部 川越にある観光案内サイネージ このところ観光案内に特化したデジタルサイネージがとても多くなっている。しかし日本国内にはあまり使い勝手のい... 続きを読む

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.29 システムとコンテンツの両方が新しいマロニエゲート銀座の10Kサイネージ

txt:江口靖二 構成:編集部 マロニエゲート銀座で見つけた花時計型サイネージ 商業施設でのデジタルサイネージは、販売促進と館内案内などのインフォメーション提供として使... 続きを読む

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.27 ライブビューイングビジネスの可能性

txt:江口靖二 構成:編集部 今、注目されているライブビューイング 家以外の場所にある全てのディスプレイ、スクリーンはデジタルサイネージである。デジタルサイネージは広... 続きを読む

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.26 お手軽系のデジタルサイネージのオーナーを訪ねて日間賀島に行ってみた

txt:江口靖二 構成:編集部 活躍する小規模デジタルサイネージシステム 一般店舗などの店頭で、安価で手軽に使えるデジタルサイネージを多く見かける。しかし、本格的な普及... 続きを読む

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.25 ニューヨーク市の街角サイネージ「LinkNYC」

txt:江口靖二 構成:編集部 ニューヨークの街角に設置された新しいデジタルサイネージ端末「LinkNYC」とは? ニューヨークのLinkNYC ニューヨーク... 続きを読む

WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.28 生活シーンに溶け込むためのデジタルサイネージの微かな変化