PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し…

News

[raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し続けたい

2017-07-26 掲載

txt:raitank・編集部  構成:編集部

2017年2月、NABを前にBlackmagic Designから突如発表されたURSA Mini Proは、ついに念願のNDフィルターがカメラ本体に内蔵された。またユーザー自身で交換できる画期的なレンズマウントシステムを搭載した既存URSA Miniからのバージョンアップだった。2012年のNABで突然なんの前触れもなく“弁当箱”の異名を持つ廉価で高性能なシネマカメラ、初代BMCC(Blackmagic Cinema Camera)が登場し、業界に激震が走ってから早5年。ますます絶好調なBlackmagic Design社グラント・ペティCEOにインタビューする機会を再度いただいた(2014年11月刊行されたPRONEWS magに国内業界誌で初インタビューを実施。今回はRaitank氏と編集がタッグを組んでインタビューに臨んだ)。

グラント・ペティCEOにBlackmagic Designの気になることを直撃!

――ビデオ、シネマ、その他の映像関連事業の中で、グラントCEOが現在一番興味を持っている分野はどの辺りでしょうか?

グラントCEO:私が現在興味あるのは、デジタルフィルムカメラに放送用機能が搭載されたURSA Mini Proを市場に投入することによって、デジタルシネマの波が逆に放送やライブ配信に何をもたらすのか?ということですね。

グラントCEO:放送業界人が従来の放送用カメラと同じように使えるデジタルフィルムカメラを手に入れ、デジタルシネマのワークフローを放送業界に持ち込み、無料で手に入るDaVinci Resolveによって新しい世代のカラリストたちが業界に参入し、従来とは違う方法論で番組を制作し始めたら、一体どんな素晴らしいことが起こるのでしょうか?実際何が起こるか?この部分に関しては、ユーザー次第なので正確に予測するのは難しいですが、考えただけでエキサイティングです。未知の地平にこそ革新が生まれるものです!

――オリジナルのレンズやシネレンズの設計・製造はしないのですか?(Blackmagic社ラインナップにまだ存在しない製品はレンズくらいなのでは?)

グラントCEO:それはないですね。ENGレンズはとても高額ですし、マイクロフォーサーズ規格のもっと良いレンズがあったらいいのに!とか、なぜレンズ市場は時代の変化への対応が遅いんだろうとは思っていました。ただ、企業としての私たちの立ち位置は、変化のきっかけを作る者であることだと考えているんです。我々が起こす変化に価値や利益を見出した協業他社さんが、品質を改善しながら新製品を出してくれたら良いと思っています。

――URSA以降、御社のカメラには「シネマカメラ」という呼称が付かなくなりました。これは御社が、よりテレビや放送業界寄りになってきたという意味なんでしょうか?

グラントCEO:多くの意味で弊社の最新カメラには、過去リリースしたシネマカメラの機能がすべて含まれています。創業当初のカメラ製品は、ラインナップされていませんでした。そもそもカメラを作ることがゴールではないんです。我々がやろうとしたことは、より多くの人にグレーディングについて知ってもらうこと、実際に撮影したデータをグレーディングしてもらうことでした。もっと多くの人たちが撮影素材をグレーディングするようになれば、世界が変わる!と考えたのです。

しかしながらDaVinci Resolveを無償で提供しても、まだ課題が残っていました。高額なデジタルフィルムカメラを買える人たちと、そうではない普通のビデオカメラを使わざるを得ない人たちの“二極分化の壁”が厳然と存在していたのです。シャドー部が潰れてハイライトが白飛びする普通のビデオカメラで撮った絵は、グレーディングしたところで、もともと問題のある絵にさらに問題を増やすだけです。大昔のカラリストが画質劣化は覚悟の上で、テープ・ダビングで色をいじっていたのと変わりません。

グラントCEO:そういうわけで最初のBMCCシネマカメラたちは、できるだけ安易かつ安価にグレーディングに適したダイナミックレンジの広い絵が撮れるように設計された、いわばDaVinci Resolveの周辺機器的な存在だったのです。皆が使っているEFマウントで、高品質なRAW映像をシンプルなProRes形式で保存でき、タッチスクリーンでメタデータを操作できるカメラ。当時はそんなカメラは他にありませんでした。

グラントCEO:BMCCカメラの登場で、制作のフローやカラーグレーディングの有用性に関する認識は大いに変わりました。さらに私たちにはプロフェッショナルなカメラを作る!という目標がありました。業界に長くいるお客様たちは我々の製品に概ね好意的ではあったものの、それまで使い続けてきた放送向けカメラと同じように扱えるプロフェッショナルなカメラを望んでいたのです。技術的な問題点のほとんどはBMCCカメラで解決済みでしたが、彼らは従来の業務用カメラのデザイン的な問題点も解消したがっていました。

ただ私たちとしては、いかに安価に提供できるか?という目標は譲れません。製造・供給工程において様々な取り組みを実施し、効率化を徹底することによって、URSA Mini Proのような複雑なカメラを、今の形、今の値段で提供することができたのです。もちろん今後も、今まで以上に改善を続けていくつもりです。

――英語がネイティブでない私たちにとって、URSA(メスのクマ?)という名は、ハイエンドカメラの製品名としてはなかなか難しい製品名です。この製品名の由来を教えてください。

グラントCEO:URSAがメスのクマという意味だとは知りませんでした!実際は、URSAという製品名は私たちが吸収合併したCintel社でテレシネに使われていた有名なブランドの製品名から拝借したものです*。フィルム時代に築かれた由緒ある名前ですし、これからのデジタルフィルム時代を背負って立つカメラの製品名として相応しいのではないかと思いました。業界に長くいるお客様には、よく知られたブランド名なんです。

*Cintel社のテレシネ機 URSA Diamond などのラインナップ製品が存在した
――次の一手について教えてください。Blackmagic Design社の未来はどうなるのでしょうか?

グラントCEO:この質問にはなんと答えたら良いか?難しいですね。それを考えると夜も眠れないくらいです(笑)。よく真夜中に目が覚めてアイデアを思いつくんですが、そうなると、もう眠れません。ベッドから起き出してあれこれ仕事して、早く頭から追い出さないと。夜中に何か思いついて興奮して眠れなくなり、翌日寝不足のまま疲れた顔で出社なんて、TVドラマみたいですよね?

色々なツールが日進月歩で安く手に入るようになってきたので、そのうちオフィスに行く必要もなくなり、夜なにか思いついたら起き出してそのまま仕事を始めちゃう人ばかりになりそうですけど。

グラントCEO:私たちがとるべき進路は、そもそも複雑なんです。開発中の製品は往往にして思った通りに動いてくれません。そうなると、開発にお金がかかり過ぎるか、あるいはもっと時間を費やして技術的な変更を施さないと改善することはできません。三年前のIBCでは、開幕の前日にワークフローに問題が発覚し、もっと研究が必要なことが判明して、急遽ブースから取り下げた製品もありました。

ですから未来は予測できません。どの製品がヒットするか?誰にもわかりませんしね。でも一つだけ言えるのは、我々はこれからも一所懸命に開発を続けますし、顧客の皆さんに喜んで頂きたい、クリエイティブな選択肢を提供し続けたいということです。もしそうできたら、皆さんにとっても我々にとっても、未来はエキサイティングなものになるはずです。


WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2017-07-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ

txt:raitank 構成:編集部 On-Demand TVが制作するオリジナル・シリーズの隆盛 Hulu、Netfilx、Amazon Studioは、On-Dem... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し続けたい