PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.104 ハリウッドにおけるコンテンツのデジタル配信 プロにお話を聞いてみました

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.104 ハリウッドにおけるコンテンツのデジタル配信 プロにお話を聞いてみました

2019-05-15 掲載

1年間に配給されるハリウッド映画の本数も膨大な数に上る(LAの映画館にて筆者撮影)
txt:鍋潤太郎 構成:編集部

はじめに

全世界に向けてディストリビューション(配給)されるハリウッド映画。そのデジタル配信の工程は複雑多岐に及ぶ。我々VFX屋にとっては、ショットを納品した後の未知の領域であると同時に、大変興味深い分野でもある。

そこで今回は、その道のプロの方にご登場頂いた。Sony Pictures Entertainmentにおいて、ハリウッド映画が劇場公開された後、各作品を様々なメディアに対応してデジタル配信する業務に長年携わって来られたという五百旗頭(いおきべ)氏。最近、人事異動で担当業務が変わられたそうだが、これまで長年担当されてきたデジタル配信にまつわるお話を、現場目線で伺ってみた。

五百籏頭 透(いおきべ とおる)
Sony Pictures Entertainment:Senior Vice President、IP Acceleration

東京都出身。1993年に東京工芸大学 画像工学科卒業後、TBSの子会社 東放制作にて報道番組の映像編集マンとしてキャリアをスタート。1997年にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校で映画理論の修士号を取得。その後、1999年にSony Pictures Entertainmentに入社。ロサンゼルスをベースに世界6都市のデジタル配信オペレーションチームを統括し、在職中の2013年、エイブラハム・リンカーン大学法科大学院にて法学博士号を取得。現在は同社のIP(知的財産)戦略に関わっている。

――Sony Pictures Entertainmentでのデジタル配信の概要をお聞かせください。

Sony Pictures Entertainmentは映画とテレビ番組の制作、配給を行っています。映画が完成すると、アメリカ国内外の映画館に配給を行います。その後、テレビ放映、デジタル配信、Blu-rayなどで更に収益を上げていきます。

テレビ番組の場合はアメリカの放送局やネット配信会社(Netflix、Amazon、Huluなど)向けに制作し、それと同時に海外の配給権を取得し、海外のテレビ局やネット配信会社での放送を許諾することで利益を上げる仕組みになっています。

その中で私は、劇場公開、機内鑑賞、ネット、Blu-ray、テレビ放送用の吹き替え、字幕の制作、暴力・性描写の削除編集、そしてマスターの納品などを行うチームをロンドン、パリ、サンパウロ、香港、東京に配置し、管理する仕事をしていました。現在は、IP(知的財産)戦略に関わっております。

――デジタル配信では、どのような作業を担当されておられましたか?

私が携わってきたのは、主に劇場公開が終了後の配給で、機内上映、デジタル動画販売、ビデオ・オン・デマンド、SVOD(定額制動画配信)、有料チャンネル、地上波、ケーブルTV、TVシンジケーションなどです。作品は新作・旧作の映画とテレビシリーズで、数千作品に渡ります。

入社した20年前の頃は、丁度HDが出たばかりでHD1000という重いビデオリールのフォーマットしかなく、記録方式もインターレースの1035でした。

その後、プログレッシブの1080に移行し、HDCAM SRテープが使用され、iTunesや世界各地のVODサービスの台頭で、デジタルファイルへの移行が加速しました。

――作業工程も複雑多岐に渡るようですが。

さまざまな作業が発生しますが、その一例を挙げますと、劇場公開用には映像だけでなく、吹替版の制作が必要になります。吹き替え版は、劇場用のマスターが完成するのを待ってからだと間に合わない事が多いので、セリフが確定したLocked Versionを使って制作作業を始めます。

この段階の映像にはまだVFX等が仕上がっていない事も多いですが、セリフを吹替するだけなので、特に作業に差し支えはありません。

劇場公開用に吹き替えられる言語の数は限られていますが、劇場公開後に販売されるBlu-ray、デジタル動画販売、SVODなどに必要な吹替や字幕は言語数が飛躍的に増加し、複雑化が加速します。

時間軸を見ても、劇場公開後に一番早い販売法であるBlu-rayやデジタル動画販売までの時間が短いため、無数の言語を制作し、一貫性・品質管理することは難しい作業です。

航空機内やテレビ用の編集を担当しているチーフ・エディターとの打ち合わせ風景
――国によって、内容や演出・設定を変更したりする事もあるそうですね。

通常、別バージョンを作る理由は、その国々にある慣習に合わせる必要性からきています。しかし、どのようなバージョンを作るにせよ、全て監督やプロデューサーの了承を得ることが必須となります。 セリフであったり、映像であったり、時にはテーマ自身が問題になるケースもあります。例えば、イギリスでは何故か「頭突き」の映像が禁止されているので、該当ショットがあれば編集でカットします。

一般的には暴力描写、性描写、宗教に関わる描写などが主な編集理由になります。また、こうした基準(Standards&Practices)は配信するメディアによっても異なります。

基本的に、地上波など多くの人が「受け身」で見られるメディアは、小さいお子さんなども偶然見てしまう可能性があるので、基準が厳しくなります。

消費者がお金を払って意図的に見る環境、例えば有料チャンネル、Blu-ray、デジタル動画販売などでは、偶然小さいお子さんが見てしまうという可能性が低く、「あくまで消費者が内容を理解して見ている」という論理から基準が緩みます。

――飛行機の中で上映される映画は、場面や演出を変更する事もあるそうですね。

機内上映では、大きく分けて2つの基準があります。

減少傾向にはありますが、大型スクリーンにプロジェクターで映写する場合は前述の通り、偶然お子さんや見たくない人が見てしまうので、基準は厳しいです。

一方、シートの後ろにあるモニターで見る場合は、視聴者が意図的に作品を選択し視聴する事と、無理して見ようとしない限り偶然見てしまう可能性が低くなる事から、基準が緩みます。

何れの上映方法にせよ、機内上映で一貫している事は、飛行機の墜落や故障シーンをカットする方針です。密閉された機内でこうしたシーンをご覧になられたお客様がパニックを起こしてしまった場合、航空会社は空港に引き返す事も出来ませんし、精神的な問題なので対処が出来ません。

故に、問題を回避するために事前にそういうシーンはカットします。前述の通り、どのような編集をするにしても、必ず監督やプロデューサーの了承を得る必要があり、スタジオ側はそうした方々と密接に編集作業を行う事で、オリジナル版のビジョンや創造性が失われないように努めます。

打ち合わせ風景
――ハリウッドの大作映画を手掛けるVFXスタジオの制作エピソードの中で、「なんと公開の1週間前に追加のVFXショットが来た」という逸話(?)を耳にした事があります。一方、ポスプロ勤務の友人にその話をしたら、「ポスプロに数週間前にショットの素材が納品されないと、全世界のディストリビューションには間に合わない」という返事が返ってきました。実際のところはどうなのでしょう?

劇場公開用のマスターを仕上げる時間軸として一般的に使われるのが「公開前4週間」という締め切り日です。しかし、これは理想的な日程に過ぎず、良質の作品を作りたいという制作者側の思いもあり、頻繁にこの締め切り日は破られます。

実際にマスターを受け取ってから、劇場配給用のDCPを作る時間は、問題が発生しなければ実質1週間も掛かりませんが、「問題が発生する」という前提でタイムラインを組まないと、「公開日に間に合わない」という最悪の事態に陥ってしまい兼ねません。

DCP(Digital Cinema Package)

マスターが上がった段階でQC(Quality Control)を行いますが、万が一その後のDCPパッケージ作業工程の最終QC中に問題が発見された場合は、修正が必要になります。ですから、1週間前に追加ショットが来た!という事はあり得る話ですが、決して理想的ではありませんし、事故につながる確率は上がります。

素材が納期に遅れる理由は様々で一概には言えませんが、VFXが多い作品は当然細かい作業が多いので「締め切りとの戦い」になる、と業界全般でよく聞きます。

――QCのワークフローは、どのような流れで進められますか?

QCはあらゆるステップで行われるものですが、一般的に「マスターQC」とい言われるものは目視によって行われます。経験豊かな技術者が、何度も、じっくりと普通再生で見て、問題点をQCレポートに記録します。

その他に、テクニカルQC、ソフトのみを使うオートQC等様々で、その料金も、作業が自動化されるほど安くなります。

しかし、「色合いがおかしくなっている」などはソフトではなかなか判別するのが難しく、やはり熟練した人間の目視に頼る面が大きいです。

チームとのディナー風景
――最後に、ディストリビューションの現場で、印象に残ったエピソードはありますか?

新しいフォーマットや市場が開けるときには、既存のプロセスが使えなくなり、新たな発想を要しますので、挑戦意欲に火が付きますね。HD、4K、HDRの立ち上げの時も、スタジオ側も世界中にいらっしゃる放送局や、デジタルプラットフォームの企業様も手探りなので事故や誤解も発生し、それを収拾するには高いコミュニケーション能力が大事になります。言語の壁を乗り越えるために図解で説明したり、電話会議や実際にその国に出向いて説明する事が多かったです。

最近ですと、NetflixやAmazonがグローバルSVODサービスを立ち上げた際に、非常に短いタイムラインと、前例の無い数千もの作品数を世界中にライセンスして頂きました。

通常、劇場公開用やBlu-rayで制作しない言語が加わったため、30数か国後の字幕や吹替を制作する必要があり、また、この作業を全てのメジャースタジオが同時に取り組んだ事から、世界中の翻訳者や声優さんが全く足りなくなる、という驚くべき状況に陥りました。

しかし、私の一番の思い出といえば、この仕事を通じて知り合った、妻と結婚した事でしょうか? お後がよろしいようで(笑)。

――今日は、貴重なお話をありがとうございました。

おまけ:ハリウッド映画の公開日とVFX締め切りの関係

ハリウッド映画のVFX作業の納期は、シークエンスやショットによって締切日は異なるものの、映画全体のVFX締切は通常、かなり余裕を持ってスケジュールが組まれている。例えば3月末がVFX締切、5月末に映画公開のように、大体公開日の2か月前位が締切日に設定されている事が多いように思う(中には8月末締切、11月末に公開という作品もあった)。

VFX作業の中盤には、音響用の仮納品が行われる事もあり、その場合は全てのタイミングがここでLOCKされる。これをベースに音響効果とサントラの作業が行われるためで、その後のVFX作業ではキャラクターのアクション、建物の爆発や破片の落下などのタイミングが変わらないように調整が進められる。ここで変更をしてしまうと、音響とサントラに影響が出て、予期せぬ予算オーバーに繋がってしまうためだ。

筆者がこれまで経験してきた現場では、公開4週間を切った段階で追加ショットという光景は一度も目にした事はない。いずれにせよ、今回の五百旗頭氏のお話からも、公開間際の追加ショットというのは、あまり得策とは言えなさそうである。

この辺りは映画会社側のVFXプロデューサーの手腕やハンドリング能力に掛かってくるところだが、予算を持っている人気シリーズ等は時として無茶をしてくる事もあり、そういう現場に放り込まれないといいな…とひそかに思いながら原稿を書いている今日この頃である(笑)。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2019-05-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.108 SIGGRAPH2019 エレクトロニック・シアターレポート

開演直前のSIGGRAPH2019 エレクトロニック・シアター。マイクロソフト・シアターにて、筆者撮影 取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに 我々VFX関係者... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.107 アカデミー主催、「ローグワン」&「スター・ウォーズ」2本立て上映会開催

当日のチケットより(筆者撮影) 取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに アカデミー賞でお馴染み、映画芸術科学アカデミー(以下:アカデミー)は、アカデミー賞会員および映画... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.106 多田 学氏に聞く、映画「キャプテン・マーベル」制作秘話

5月には母校デジタル・ハリウツドで講演会も開催された。講演中の多田氏 取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに 3月に劇場公開され大ヒットした映画「キャプテン・マーベ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.105 「スタートレック:ディスカバリー シーズン2」メイキング・セッションレポート

取材&写真:鍋潤太郎 取材協力:CBS 構成:編集部 はじめに ビバリーヒルズにあるパーリー・メディアセンター(Paley Center for Media)にて、「S... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.103 米インテルがハリウッドに仕掛けた新戦略 インテル・スタジオとは?

© 2019 Intel Corporation直径32メートルもあるボリューメトリックキャプチャー・ステージ。人物と比較すると、その巨大さが見てとれる(画像提供:イン... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.104 ハリウッドにおけるコンテンツのデジタル配信 プロにお話を聞いてみました