PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 萩原正喜 > [コロラド紀行]Vol.11 コロラドでみるクリーンエネルギー開発への動き

News

[コロラド紀行]Vol.11 コロラドでみるクリーンエネルギー開発への動き

2008-03-08 掲載

ロッキー山脈の東山麓のデンバー地区では今年に入ってからの降雪は5日ないしは6日周期であって、TVニュースでの天気予報がその降雪タイミングを非常に正確に伝えています。しかしながら、例年の様な大雪や激しい風を伴う吹雪となることがなく、今のところ大変助かっています。

湿度を含んだ気団が北西のワシントン州の方から東に移って来て、ロッキー山脈にかかって雪を降らせて、その残りがデンバー地区に少量の降雪となる、といったパターンの繰り返しですが、ロッキー山中の方は例年の2倍程の累積降雪となって各スキー場は豊富な雪に恵まれたシーズンとなっています。

強風で屋根の軒に出来た雪庇
3月2日(日)の強風を伴った降雪で我が家の屋根の軒に出来た雪庇です。屋根の雪は強風で飛ばされてほとんど残っていません。軒下へ引き込んである線はComcast社のケーブルTVラインの同軸ケーブルです。

3月2日(日)には久し振りで北西からの強風を伴った降雪となって、家の屋根に積もった雪は吹き飛ばされてほとんど無くなっていますが、我が家の屋根の端には吹き飛ばされた雪と氷で雪庇が久し振りで出来ました。

翌日の月曜日には天候が回復して快晴となり華氏54度(摂氏28.3度)とこの時期には異常な暖かさとなって道路の雪は消えてしまいましたが、雪かきで積み上げた雪は凍結して残ったままになっています。

「春は名のみの風の寒さよ~」といった雰囲気ですが、例年3月が最も降雪量が多いデンバー地区なので、まだまだこのまま暖かくなってしまうと言う事は無いと思われますが、日差しが強くなってくるのを感じる此の頃です。

StorageTek社の跡地を石油メジャーのConocoPhilips社が買収

ConocoPhilips社が買収したStorageTek社
跡地この様な大きな建物が全部で9棟在り、それぞれ非常に広い駐車場がそれぞれの建物に付いています。 Louisvilleの町に在ります。

大型テープドライブシステムの老舗名門であったStorageTek社はデンバー市からボールダーの町へと向かうハイウエイ36号線沿いのLouisvilleの町へ432エーカー(52.9万坪)という広大な敷地に大きな建物を数多く有して、オフィス、研究開発棟、製造棟、倉庫などからなる一大キャンパスを構成して操業していましたが、時代の流れで業績が徐々に低下して来て、2005年にサンマイクロシステムズ社に買収されて其の従業員、事業ごと買収吸収されました。

サンマイクロシステムズ社はシリコンバレーに本社事業所を持っていますが、5年程前にこのLouisvilleのStorageTek社の敷地と36号線を挟んで反対側に在るFlatiron Tech Centerの中心に3000名の従業員数の事業所を開設して操業しています。

今回、そのStorageTek社のキャンパスの広大な土地と建物を購入する企業が現れた、と言う情報が1月下旬に流れて地元の人達の間では「何処の企業だろう?」と言う事で注目の的になっていました。

何せ大変広大な土地、建物なので、かなりの大企業に違いない、と言う事から当初「Google社ではないか?」と言う噂が立ちましたが、eBay, Appleなどという事になって、やがて「マイクロソフト社に違いない。」と言う話になり、其の時マイクロソフト社がYahoo社の買収を持ちかけている、と言うニュースから真実味を帯びていました。

しかしながら、マイクロソフトの役員から、その話を否定するコメントが有って「さて、誰なのだろう?」と言う事になって地元の一大関心事となっていました。

StorageTek社跡地
全部で9棟からなるキャンパスですが、建物には窓が全く無く全部平屋のセントラルエアコンとなっています。

そもそも、このStorageTek社の跡地の買収交渉に当たっていた会社は買収する側で買収担当会社ST Acquisitions LLCという組織を設けて買収主を全く明らかにしないで交渉して来た事からこんな事になったのですが、この買収が成立して2月20日にコロラド州知事のBill Ritter氏が買収主から連絡が有った、と言う事でプレスミーティングの席で「石油メージャーの一つのConocoPhilips社が買収して将来のクリーンエネルギーの時代を目指して、この場所に研究所とアメリカ国内を含む世界各地からの従業員の研修を行うセンターを設立するのだ。」と言う事が報告されました。

土地建物の買収自体はConocoPhilipsがSun Microsystemsから5850万ドルで今年1月末に購入しており、まだ推測の段階ですが、この場所にConocoPhilipsとしてはStorageTek社が使用していた大きな建物9棟の殆どを解体して新たに建物を2011年又は2012年に完成の予定で同社のGlobal Technology CenterとGlobal Training Centerとからなるキャンパスを構築する計画となっているところまではハッキリしました。

Sun Microsystems社のBloomfieldキャンパス
StorageTek社の跡地とはデンバーからボールダーの町とをつなぐハイウエイ36号線を挟んで反対側に在るInterlocken TechnoPark内にこの様な大きな2階建てと3階建ての建物が全部で6棟からなるキャンパスです。各建物の周囲は広い駐車場となっています。

このキャンパスが完成すると一社のキャンパスとしては最も大きなワシントン州Redmondに在るマイクロソフト社のキャンパスを凌ぐものとなり、1万人規模の従業員が活動し、全世界から技術トレーニングを受ける為に同社の従業員達が集まりエネルギーに関する最新技術の訓練を受ける事になります。

Metro Denver Economic Development社ではこのキャンパスの計画がデンバー地区に及ぼす経済波及効果について試算してそのインフラを含めて新たに18000人分の仕事を産み出し、年間17億ドルの経済効果をもたらすと予測しています。

もともと、ConocoPhilips社は石油メジャーのConoco社とPhilips社とが合併して出来た会社ですが。その本社をテキサス州のヒューストンに持っています。

Conoco社は以前はContinental Oil Corporationと言う会社名で1870年代にデンバーに本社を持って操業していました。

現在、同社はデンバーの北東に接しているCommerce Cityに巨大なガソリンの貯蔵基地を有しており、600名の従業員が働いています。

そして、現在コロラドで天然ガスの採掘がもっとも盛んなロッキー山脈西山麓のGarfield郡では石油及び天然ガスの掘削を行っており、更にコロラドとテキサス州北部の油田地帯とを繋ぐパイプラインの運用、管理を行っています。

今年始めからの大きなビジネスの話題で地元デンバー地区では期待が膨らむばかりとなっています。

デンマークの風力発電システム会社のタービンブレード製造工場がコロラドにオープン

デンマークの風力発電システムのメーカーとして有名なVesta Wind System社の風車の羽を製造する工場がデンバーの北へ60マイル(96.5km)ほどハイウエイ25号線を行った所にあるWindsorの町へオープンしました。

この工場は北米では同社の風車の羽の製造としては初めての施設で、現在既に200名の従業員で操業をしており、最初の羽の製造出荷を今年の1月31日に行っていますが、3月5日に公式な開所式が行われました。

今年の夏迄にはフル操業となるスケジュールでその時点には総計650名の従業員の事業所となる計画で、年間1800枚の生産を行う予定となっています。

Vestas Wind System社自体は既に33,500枚の羽の製造出荷を世界の63カ国へ行っている実績が有り、カナダとアメリカへは9,400枚を今迄に納入していますが、 現在同社の総従業員数は世界に15,000名となっています。

この風車は1基につき3枚構成で組み立てられ、1.65メガワットと3メガワットの2種類の発電機に対応しています。

3メガワットの発電電力はアメリカの家庭の1000軒分以上の消費電力を賄う事が出来るもので、一枚の羽の重量が約6トンでその長さは130フィート(39.6m)のものと144フィート(43.9m)の2種類があります。

この北米で初めての同社の製造工場を建設するにあたってコロラドを選択した理由をVestasでは次の様に説明しています。

  • 地元の自治体の理解が有り協力が得られた事。
  • 能力のある従業員を雇用出来る事。
  • 北米での需要地への納入運搬に地理的に適している事。

この工場の建設費は総額で6500万ドルで、地元自治体からの資金援助400万ドルと事業税控除の額110万ドルとがオファーされています。

コロラド州知事のBill Ritter氏はその政策として「New Energy Economy」を掲げており、特に風力発電、太陽光発電、自動車用バイオエタノール燃料の各エネルギー源の事業化推進に力を入れており、州として今回のVestas社のWindsor工場のオープンは大歓迎としています。

また、今回の開所式に合わせてその場で同社の顧客から新たな注文109枚が入っていると言う事が報告されています。

ちなみに、コロラドにはボールダーの町の南にNational Wind Technology Center(国立風力技術センター)と言う研究所があって風力発電システムの研究開発や実地テストを行っており、メーカーからの依頼を受けて風車の羽の効率テストを行っています。

更にデンバーの西のGoldenの町にあるNational Renewable Energy Laboratoryでの主要研究テーマの一つは風力発電となっています。 更には、コロラドの主要電力会社であるXcel Energy社はその風力発電に力を入れており、まだ全体の発電供給量からするとわずかな比率ですが州内に3カ所の風力発電基地を有して操業しています。

デジタルTVに関する調査統計数字いろいろ

「何でも統計」のアメリカですが、デジタルTVについて発表されている最近の調査結果の数字を以下に並べてみました。

  • 米民生電子工業会(Consumer Electronics Association)によると、2007年末現在でのアメリカの家庭の約50%はデジタルTVセットを既に所有している。
  • アメリカ商務省によると、地上波デジタルTV放送を従来のアナログTVセットで見る為のコンバーターボックスの補助クーポンのオファーが始まってから4日間で100万軒以上の家庭から190万枚のクーポンの取得申請が出されている。
  • 2007年11月にアメリカの消費者1000名を対象としたCable&Telecommunications Association for Marketingが行ったデジタルTV放送への移行の認識度調査の結果によると,

    -2005年7月に行った調査の時は29%の人達が認識していたが、2007年11月の調査時には48%の人達が認識している。

  • 受信メデイア別の視聴者の認識度は、
ブロードバンドサービスの視聴者 45%
デジタルケーブルTVの視聴者 40%
アナログケーブルTVの視聴者 39%
TVを全然視聴していない層 31%
  • デジタルTVへの移行の情報は何から得たか?
TV放送から知った 38%
新聞から知った 26%
家族や友人から聞いて知った 20%
  • The NPD Groupの調査結果によるとアメリカでのAV家電の商品別2007年の売上げ金額の伸び(前年比)と商品別の平均売価に付いては下記の様になっている。
順位 商品カテゴリー 売上げ金額の伸び 平均売価
1位 GPSシステム 237% $189
2位 デジタル額縁 171% $67
3位 LCDTVセット 79% $642
4位 カメラアクセサリー 44% $25
5位 デジタルカムコーダー 33% $655

GPSシステムの昨年の売上げは前年比で大幅な伸びを示していますが、そのユーザーの2/3はそのシステムに何か問題が生じているとしていますが、それでもユーザーの全体の95%はその性能に満足している、としています。

  • Wall Street Journal紙に載った調査会社DisplaySearch社の調査統計によると、全米のフラットパネルTVセットの売上げ台数は2006年には前年比で大幅な伸びを示したのですが、2007年では約3500万台で2.9%の減少となっています。早くもフラットパネルTVセットの時代はアメリカ市場ではそのピークを越えたと言う事でしょうか?地上波TV放送の全面デジタル移行期限を前にして今年の売上げ台数に注目です。
  • FCCのWebに3月3日(月)に載った記事ですが、「アメリカのTV放送業者やケーブルTV会社では来年のデジタルTVへの全面移行の事についてその視聴者に知らせなくてはいけない。」と言う法律が連邦議会を通過したとしています。各商用TV放送局はFCCが定めた計画に従って「1日に少なくとも12回の説明アナウンスを行わなくてはいけない。」と言う事と、それとは別にTV放送業者団体が提案している「1週間に16回以上のアナウンスを行う」という案に固執するか、どちらかにしなくてはならない事となる、としています。

フォトギャラリー

StorageTek社敷地の中の道しるべ
広大な敷地内を2本の道路が走っています。2本の道路の交差点に建てられている道しるべ標識です。StorageTek社の事業にちなんで、Tape DriveとDisk Driveというそれぞれの道路名が付けられています。
Sun Microsystems社のBloomfieldキャンパス
別の角度から見たキャンパスの様子です。
Bloomfieldキャンパスの2号棟の玄関口
2号棟の入り口の様子です。

あとがき

アメリカでは「Daylight Saving Time」と言って、日本で言う「夏時間」ですが、期日を決めて時計の針を1時間進める事が毎年行われています。

昨年は従来の実施日についてエネルギー節減の見地から連邦議会で新たな法律が成立して、その開始期日が3週間早まり、終了日が1週間遅らせる事になり実施されました。

年間で4週間、約1ヶ月夏時間を伸ばして実施したのですが、いったいこれによって全米でどのくらいエネルギー節約が出来たか今のところまだ政府機関からの報告は為されていません。

今年も夏時間のスタートは昨年同様従来より3週間繰り上げて3月9日(日)の未明から時間が変わります。

コロラドでは3月9日(日)の午前2時を期して1時間時計の針を進めるので、それまで日本との時差は16時間だったのが、コロラドが日本より15時間の遅れとなります。

就業時間が一般的には朝9時から夕方5時と言うのは日本の場合と一緒ですが、フレックスタイム制を多くの職場がとっているので朝6時から働いている人が大勢にのぼっている事から、夏時間になると暗いうちから通勤の車で道路が混雑する状況です。そして、午後3時を過ぎると早くも帰宅する車で混雑が始まると言う環境です。

夏時間によって全米でのエネルギー節約が大幅に出来るとすれば石油の大幅値上がりの折から大変重要な事ですが、それよりも日の出が早くなって来ると血の気が多くて血圧の高い人が多勢の朝寝坊をしていられない人が多いアメリカ人に合わせた制度の様な気がします。

今年もこのDaylight Saving Timeの実施にクレームを付ける人も無く習慣としてスムースに移行するアメリカです。


WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


[ Writer : 萩原正喜 ]
[ DATE : 2008-03-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[コロラド紀行]Vol.73 アメリカ特許商標局の分室がデンバーに新設

今年の3月11日から始まったアメリカでのDaylight Saving Time(夏時間)が11月4日で終了して、その午前2時を期して時計の針を1時間遅らせます。これによって、日... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.72 ゴールドラッシュの再現なるか?

アメリカで最も標高の高い所まで自動車で上れる舗装された道路であるコロラドロッキーのMount Evans Highwayは、冬期は多くの積雪の為閉鎖となっていますが、毎年5月下旬... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.71 映画「Jiro Dreams of Sushi」がデンバーで上映

今年の3月はとうとうデンバー地区では降雨、降雪が見られず記録的にも異常な暖かい気候の日が継続しました。そして、4月に入っても1日だけ気温が急激に下がり、一面が真っ白になるほどの降... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.70 創業100周年を迎えるデンバーのGates Corporation

3月11日(日)の午前2時を期して時計を1時間進めるDay Light Saving Time(夏時間)が始まりました。 これにより冬の間日本とコロラドの間の時差は16時間であっ... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.69 アメリカの郵便制度の台所事情

コロラドのデンバーの町の1月のメインイベントで、全米から畜産業者、カウボーイ、そして食肉業者などを集めて開かれる家畜の取引市、それに付帯したロデオ競技会などを含む各種競技でその年... 続きを読む

WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


WRITER

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 萩原正喜 > [コロラド紀行]Vol.11 コロラドでみるクリーンエネルギー開発への動き