PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界

News

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界

2013-01-16 掲載

2012年12月26日。ついにCanon EOS-1D Cが発売された。もちろん、以前からこのカメラに注目して様々な記事も書いてきた筆者は、迷うことなくそのファーストロットを入手した。今回は、2回に分けて、ファーストインプレッションをお届けしたい。今回は思い入れがとても強いカメラなので前置きがとても長い。1D Cの記事だけ読みたい方は後編からどうぞ。

カメラの夢、マルチロール機「DSMC」と言う考え方

OTAKU_vol7_01.jpg SONYの民生用マルチロール機 DCR-PC101。これと当時の世界最小パソコンVAIO Uと共に筆者は世界中を旅し、現地でスチル写真記事報道や動画編集業務を行った

ここ15年ほどで我が国の一部に定着した言葉に「マルチロール機」という言葉がある。これは、例えば軍事系では、ユーロファイタータイフーンなどの爆撃から偵察、航空機同士の制空戦闘まで複数の役割(マルチロール)をこなす汎用型の新世代飛行機を指す。軍事マニアならば瞬間的に思いつく言葉だろう。科学技術、デジタル情報技術の進歩と共に軍事用小型航空機は高性能・多機能化し、一機あれば様々な用途に使えるようになってきたのである。

これによって、小型航空機のパーツのうち、最も製造に手間がかかり、また最も高額な部品である「人間(パイロット)」の様々な任務への流用が効くようになり、機材の価格と性能を高めつつも、トータルな航空軍事コストを引き下げ、あるいは少なくとも上昇させないことに成功した。最近、フランスやスウェーデンなどの決して大国とは言えない経済規模の国が独自小型軍用機を開発出来ているのも、このマルチロール機思想があってのことなのだ。

カメラの世界でもこれは同様で、一番コストがかかる人件費を抑えるには様々な役割を一台でこなすマルチロール機があれば良いということは、以前から言われてきた。しかし、高額な税金を成功するかしないかしないかわからないギャンブルのような研究開発に湯水のように使える空軍産業とは事なり、世界的にあまり豊かとは言いにくい撮影周りにおいては、よほど思い切った大金持ちのギャンブラーでも出て来ない限りはそんな新技術の開発がなかなか出来るはずもなく、そうした開発を可能にする技術革新もなかなか起こらずにいた。

結果、撮影家のオフィスや倉庫は常に大量の機材で埋め尽くされ、日々月々、操作方法の違う様々なカメラに慣れることを強要されてきたのである。また、彼らを使う側から見ても、例えば同じ作品の映画本編映像とパブ打ちのスチル画像を機材が違うという理由だけで別のカメラマンが撮影することになり、全く印象が変わってしまうなんていうことも度々発生していた。もちろん、必要なカメラ機能ごとに人を雇うためにスタッフ個々人への払いは小さくなり、しかし関与人数が増えるために経費も膨らみ、トータルでの支払いは膨れあがるという状況であったのだ。

こうした、一台で全てを完璧にこなすマルチロールカメラは、単に業務ユーザーからの要求があると言うだけではなくカメラマニアの夢でもあった。そうした層をターゲットとして、ビデオカメラとスチルカメラの融合は幾度となく試みられ、サンヨーザクティシリーズや、SONY DCR-PC100シリーズなど、数々の名機を生み出した。しかしそれらは残念ながらスチル・動画共にプロの業務用クオリティを満たすレベルには到達せず、こだわりのマニア向けの民生機レベルで留まっていた。

他ならぬ私自身も当時DCR-PC101を導入し、ビデオカメラ形状でありながらフラッシュを焚いて雑誌記事向けの写真もどんどん撮影し、SIGGRAPHやNAB会場で大いに驚かれたものであった。しかし、DCR-PC100シリーズで撮った写真で、例えば雑誌の表紙や一面記事に使えるかと言えばそれは画素数や発色的に無理であったし、ビデオの方も民生MiniDVだったので、業務用に使うには難しいところがあったのだ。

Jim Jannardが見た夢とは…?

OTAKU_vol7_02.jpg DSMC機の本家、RED社のScarlet X。スチル機能は弱いが、マルチロール機思想の素晴らしさがよくわかるカメラだ

そんな中、カメラマニアの中でも世界で最も著名な1人、Jim Jannard氏は、せっかく成功した自身のサングラスメーカーOAKLEYを2007年に21億ドルという巨額で売り払い、その莫大な財産を背景にマルチロールカメラメーカー「RED」を立ち上げた。映画が毎秒24コマの写真を撮るものであるのならば、その写真を毎秒24枚以上の高速連写でちゃんとしたプロ向けの高画素RAW撮影できれば、それはそのまま映画にもスチル写真に使えるはずだ、というのがその根本思想であった。研究開発の成功に大金を賭けた「よほど思い切った大金持ちのギャンブラー」がついに登場したのである。

そしてこのJim Jannard氏が同社立ち上げと共に提唱したマルチロールカメラが、映画とスチル両方をこなす「DSMC(デジタル・スチル・モーション・カメラ)」というものだ。そもそも映画とは、前述の通り毎秒24枚の写真が連続しているものであり、テレビ電波に乗せられるだけのなめらかな動きを目指すビデオとはそもそも方向性が異なるものだ。そのため、元から映画と写真の親和性は極めて高いと言われている。同氏はそこに着目して、デジタルモーション撮影カメラながら、敢えてビデオ系の機能を横に置き、映画とスチル写真だけに特化したカメラを作ればそれは成立するはずだと考え、DSMCを提唱したのだ。

RED社のギャンブルは見事に成功し、同社製カメラがもたらした4K、5KのRAW連番収録という世界に圧倒され、アメリカはもちろん、世界のシネカメラは一気にREDカメラに切り替わった。経済的には間違いなくJannard氏は賭けに勝ったのだ(もちろん筆者の率いるクリエイター集団アイラ・ラボラトリでもRED社製カメラは導入済)。

そんな同社のRED ONEやEPICが、世界初のDSMCカメラに当たるとされている。しかし、シネ機能はともかくとして、スチル機能の方は未だファームウェア上も未実装な部分が多く、また、フル装備15キロもあるRED ONEはもちろん、EPICやその下位機種のScarlet Xですらも本体2.2キロ、実用装備重量5キロ弱と、大抵の人が持ち歩いてファインダーを構えるには重すぎる。今後のファームアップでスチル機能が揃ったとしても、スチルカメラとしてどこまで使えるのかは未知数である。重量や運用方法からしても中判カメラが対抗だという意識があるのかも知れないが、中判にしてはセンサーも圧倒的に小さく(なにしろS35だから、ライカ判フルサイズを縦にした横幅しかない)画素数も少ないため、当然だが現状では画質的には中判にはまったく対抗し得ない。

このように、RED社の思想としての元来のDSMC機の理想と照らし合わせてみると、現状ではスチルはまあ、あくまでも努力目標、あるいはオマケと言うことで、DsMCとでも書こうか、という冗談が交わされるくらいであったのだ。とはいえ、手持ちは難しいにしても、三脚をちゃんと据えて撮る事の多いショー写真やイベント写真では確実にシェアを延ばし、特にファッション雑誌では毎秒数十枚の連写が出来るというその特性を生かして、中判カメラが持つ機動性の無さに対する補完的カメラとして入り込み、今や、有名各誌において、同社EPICで撮影した写真素材が欠かせなくなっているのはさすがである。

DSMC系カメラの中でもかつて注目されたのが、スチルカメラメーカーCanonが2008年のPhotokinaに出展したEOS 5D Mark II(5D2)だ。このカメラは単なるスチルカメラとして発売されたのだが、おまけ機能として通信社向けに簡易なビデオ機能を装備しており、欧州の写真家兼ビデオグラファーたちに注目され、瞬間的に話題をさらった。本来5D2のビデオ機能はおまけであったところから、コストのかかる別設計のビデオ回路を積むことなく、安直にスチルセンサーデータをそのままCFカードに垂れ流して収録する形となっていた。これは、5D2では毎秒30枚の連続した写真を撮影している状態(その後ファームアップで24Pに対応)となり、結果的に、この5D2のおまけ機能こそが、DSMCの理想に近いカメラであったのだ(こういう一眼レフ系のHD動画カメラをHDSLRと呼ぶ)。

しかし、5D2は残念ながらスチルカメラとしての運用しか考えられておらず、強烈なモアレや動体歪み、フルサイズセンサー特有のボケ過ぎの背景など、シネカメラとしては多くの問題を抱えていた。こうした問題を解決するためにCanonはCinema EOSシリーズを立ち上げ、Cinema EOS C300等を発売した。これは極めて優れたカメラ群ではあったがスチル写真を撮ることのできない完全なシネマ専用機であり、残念ながらマルチロール機DSMCの理想からは離れてしまっていた。素晴らしい機能に賞賛の声が上がる一方、5D2の後継DSMC機を期待していたクリエイターたちからは落胆の声が聞こえたのはやむを得ないことであっただろう。その後5D MarkⅢも発売されたが、これも動画機能は5D2と大差なく、あくまでもスチルカメラとしての発売であった。

また、筆者はその形状とスチル向けのフォトRAW収録という性質からBlackmagic Cinema Cameraにも同様のDSMC機としての機能を期待したのであるが、やはり2.5Kという収録サイズの小ささと、フルサイズ比2.4倍という画角倍率ではせっかくのRAW収録ながらもスチル機能は諦めざるを得ず、シネ用途としてもフォトRAW特有のその収録データの凄まじい重さとあいまって、結局、実は今は全く使っていない。上手く撮れれば超絶美麗な映像が得られる優れたカメラではあるのだが、初期ロット特有の数多くの問題を埋めるためのファームアップも大変ペースが遅く、何よりも発売ペースが全く順調ではない。色々ともったいないカメラだ。さて、そんな中登場したのが、Canon Cinema EOS-1D Cだ。

早速Canon Cinema EOS-1D Cをレビューしてみたい。…つづく


[ファーストインプレッション] 後編

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2013-01-16 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.10 Leica SL編

txt:手塚一佳 構成:編集部 スチルカメラの金字塔「Leica SL」 RED Digital Cinema創始者ジム・ジャナードが提唱した、デジタルカメラにおけるス... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.09 EOS-1D CとLexarCFカードを極寒実地テスト

カメラの性能、使いやすさ以上に押さえなければならないと言えば収録部分だ。私が自分の会社で先日購入した最新一眼レフ型4KシネカメラCanon Cinema EOS-1D Cの場合は、... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.08 Canon EOS-1D Cをゲット! 後編 〜ファーストインプレッション

カメラ界のユーロファイタータイフーン「Canon EOS-1D C」 EOS-1D Cは、世界唯一のレンズ交換式Logガンマ収録4Kカメラだ。その性能を手軽に持ち運べる上、ベース機... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.06 Blackmagic Cinema Cameraの周辺機器あれこれ

2012年8月末に発売されたものの、まだまだ限定出荷のBlackmagic Cinema Camera(BMCC)。今回は、本格出荷開始前に、その周辺機器について書き記してみようと... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.05 Blackmagic Cinema Cameraついに発売!

2012年8月末、ついにBlackmagic Cinema Camera(BMCC)が出荷開始された!今回は、早速入手したBMCCのファーストインプレッションをお届けしたい。 つい... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界