PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハよりアナログとデジタルの技術を融合したミキシングコンソールMGP16XとMGP12Xが発売に
News

ヤマハよりアナログとデジタルの技術を融合したミキシングコンソールMGP16XとMGP12Xが発売に

#YAMAHA #PAミキサー

2012-01-23 掲載

ヤマハ株式会社は、アナログとデジタルの技術を融合したミキシングコンソール、MGP16XとMGP12Xを4月に発売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、MGP16Xが税込み102,900円、MGP12Xが税込み81,900円。

MGP16X/MGP12Xは、アナログミキサーとデジタルミキサー両方のノウハウを持つ同社が「プレミアム・融合」をコンセプトに掲げて開発したモデル。

音質を決定する入力部にはこのモデルのために新規にチューニングを行ったディスクリートClass-Aマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載し、イコライザーには往年の名機の独特の特性を再現した新開発の「X-pressive EQ」を搭載。さらに、DSPによるエフェクトや新提案となる「ハイブリッドチャンネル」など、現場で求められる多数の機能を搭載しながら直感的な操作性を実現したとしている。

また、iPhoneやiPodのデジタル接続に対応するほか、iPhone/iPod touch用アプリ「MGP Editor」を使ってエフェクトの設定などを行うことも可能となっている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-01-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始

ヤマハの従来モデル「RX-V375」の後継機にあたる新AVレシーバー「RX-V377」の出荷が始まった。 同社より2月末に発表されたRX-V377は、サラウンドスピーカーをフロント... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

ヤマハよりNEXOのサブウーファーLS18が発売に

ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのサブウーファー、LS18を10月より販売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、税込み483,000円。 LS18は、バンドパス方式... 続きを読む

フレキシブルな構成が可能なNEXOのスピーカーSTMシリーズが発売に

STM S118 ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのSRスピーカー、STMシリーズの発売をアナウンスした。メーカー希望小売価格はすべてオープン。 STM B112(左)と... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハよりアナログとデジタルの技術を融合したミキシングコンソールMGP16XとMGP12Xが発売に