PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ヤマハのサウンドシミュレーターY-S3の最新バージョン3.0.2 for Windowsがリリース

News

ヤマハのサウンドシミュレーターY-S3の最新バージョン3.0.2 for Windowsがリリース

2012-03-16 掲載

ヤマハ株式会社は、サウンドシミュレーター、Y-S3の最新バージョン3.0.2 for Windowsをリリースした。下記URLからダウンロード可能。
http://proaudio.yamaha.co.jp/downloads/firm_soft/ys3/index.html

Y-S3は、ホールの形状やスピーカーの設置によるサウンドの変化をシミュレートするためのソフトウェア。今回のバージョンで、以下の新機能が追加された。

  • 多層階(4階以下)のホール形状を作成可能に(計算結果の表示は階ごと、および全階から選択可能)。
  • デフォルト表示に戻れる、デフォルト視点ボタンの追加。
  • ホール形状の再編集が可能に。
  • 円形状の編集点を追加し、楕円形状を作成可能に。
  • Delay、PEQ、スピーカープロセッサーの設定をDME Designerのライブラリーファイル形式(*.cel)で個別保存可能に。
  • Windows 7(64ビット版)に対応。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-03-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始

ヤマハの従来モデル「RX-V375」の後継機にあたる新AVレシーバー「RX-V377」の出荷が始まった。 同社より2月末に発表されたRX-V377は、サラウンドスピーカーをフロント... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

ヤマハよりNEXOのサブウーファーLS18が発売に

ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのサブウーファー、LS18を10月より販売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、税込み483,000円。 LS18は、バンドパス方式... 続きを読む

フレキシブルな構成が可能なNEXOのスピーカーSTMシリーズが発売に

STM S118 ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのSRスピーカー、STMシリーズの発売をアナウンスした。メーカー希望小売価格はすべてオープン。 STM B112(左)と... 続きを読む

トップ > ニュース > ヤマハのサウンドシミュレーターY-S3の最新バージョン3.0.2 for Windowsがリリース