PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハのMac用USB Audio Driverが1.1.0にアップデート
News

ヤマハのMac用USB Audio Driverが1.1.0にアップデート

#YAMAHA

2012-05-18 掲載

ヤマハ株式会社は、同社のオーディオ製品(写真のMG206C-USBなど)をMacに接続して使用する際に必要なUSB Audio Driverを1.1.0にアップデートしたとアナウンスした。下記URLよりダウンロード可能。
http://proaudio.yamaha.co.jp/downloads/firm_soft/audio_driver/usb_osx.html

通常は本ドライバをインストールしなくても、本体とコンピューターをUSBケーブルで接続しただけでOS標準のドライバが適用されるが、コンピューターの仕様や状態により、まれに録音時にドロップアウト(信号転送の中断)によるノイズが発生してしまうことが確認されている。この場合、レイテンシーをさらに高い値に変更することで解決する場合があるが、それでも解決しない場合に本ドライバを使用する。

今回のアップデートにより、バージョンが1.0.4から1.1.0になり、Mac OS X 10.6、および10.7の64-bitカーネルに対応。オーディオデバイス名が変更されたため、オーディオデバイス選択画面で「Yamaha USB」を選択する必要がある(Steinberg Cubaseを使用の場合)。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-05-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始

ヤマハの従来モデル「RX-V375」の後継機にあたる新AVレシーバー「RX-V377」の出荷が始まった。 同社より2月末に発表されたRX-V377は、サラウンドスピーカーをフロント... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

ヤマハよりNEXOのサブウーファーLS18が発売に

ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのサブウーファー、LS18を10月より販売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、税込み483,000円。 LS18は、バンドパス方式... 続きを読む

フレキシブルな構成が可能なNEXOのスピーカーSTMシリーズが発売に

STM S118 ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのSRスピーカー、STMシリーズの発売をアナウンスした。メーカー希望小売価格はすべてオープン。 STM B112(左)と... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハのMac用USB Audio Driverが1.1.0にアップデート