PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦

News

ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦

2014-05-14 掲載

ソニーは2014 FIFAワールドカップで、全試合(64試合)の中継放送に携わるホスト・ブロードキャスト・サービス(HBS)の正式パートナーであることを発表した。開催まで1カ月を切ったFIFAワールドカップは、ブラジルで32日間に渡って熱戦が繰り広げられる。ソニーは、現行のHDに加え全64試合の内3試合を4Kで実施する。

開催国ブラジルの各12競技施設にはHDプロダクションが配置され、ソニーは7社のサブコントラクターと一緒に、288台のHDカメラをはじめ、HBSが必要とする放送機材を揃える。

HBSによると、各競技フィールドには34台のカメラを設置。また、リバースアングルにリプレイ用カメラを2台追加する案が出されているという。

ソニーは、4K放送に関してTV Globo傘下のGlobosat(グロボサット)と英プリプロダクションのTelegenic(テレジェニック)と提携している。昨年のコンフェデレーションカップでもFIFAと提携し、4Kでのライブプロダクションを試験的に行っている。

HBSは2002年(韓国/日本)、2006年(ドイツ)に開催されたFIFAワールドカップでも、放送設備を管理・コンサルティングする組織として選ばれている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7R IV」を発表

ソニーは、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2... 続きを読む

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

「IMX415」(左)、「IMX485」(右) ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュ... 続きを読む

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦