PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Ikegamiブース:新HDTVドッカブルカメラ「HC-HD300」を発売。手頃な価格帯ながらトップエンドの放送品質を実現

News

[InterBEE2014]Ikegamiブース:新HDTVドッカブルカメラ「HC-HD300」を発売。手頃な価格帯ながらトップエンドの放送品質を実現

2014-11-23 掲載

池上通信機(Ikegami)のHDTV放送用カメラは、2014アジア競技大会で約200台が中継用放送カメラシステムとして活躍した。現場で信頼と扱いやすさでは今も変わらず、世界的に定評のあるカメラブランドだ。

141123_ikegamibooth_top

そのIkegamiが初めて、手ごろな価格の放送用HDTVカメラを発売する。HDTVドッカブルカメラUnicamHDシリーズ「HC-HD300」は、その価格レンジによりCATV市場や文教市場へもアピールする。

ikegami_censor02

HC-HD300は、UnicamHD HDKのトップエンドな仕様を踏襲しており、250万画素1/3型3CMOSセンサーを採用、感度はF10(1080/59.94i)2000lxで、SN比は58dBと、高SN比、高感度の放送品質を実現。ゲインコントロールは-6から+18dBまでで、電子シャッター速度は1/100から1/2000秒。レンズマウントは1/3型 バヨネットで、フジノン17倍ズームポータブルレンズ(広角ズーム:4.5~77mm)XT17sx4.5BRMやキヤノン20倍ズームレンズ(5.0~100mm)KT20X5B KRSDなどが利用できる。

141123_focusassist 141123_superdynamic

HC-HD300は、1オペによるフレームワークとフォーカス合わせを補佐する「フォーカスアシスト機能」や、色相を変えることなく高輝度部分の色を残す「デジタルKNEE(ダイナミックコンプレッション)」技術、そしてレンズ色収差補正機能といった、UnicamHDの特徴を継承している。

141123_fiber

ドッカブルのモジュールには、カメラアダプタ、ファイバーアダプタ、デジタルトライアックスアダプタが揃い、新たに開発した専用ファイバーアダプタ(FA-300)とベースステーション(BSF-300)と組み合わせることで、スタジオから中継など様々な収録シーンで活用できる。

141123_HC-HD300_up 141123_HC-HD300_down 簡単な操作のための人間工学に基づいたデザイン。どんなニーズにも応えられるインターフェイスを装備

重量は、FA-300を積んだカメラで4.5kg。サイズはW138.5×H270×D337mm(FA-300含む)。価格はオープン。出荷は12月を予定している。

  141123_integration 使う環境によって様々なオプションとインテグレーションする

(山下香欧)


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:池上通信機]NHKとの共同開発・ハンドヘルド8Kカメラシステムの試作機を披露

池上通信機は、新しい8K超高精細テレビカメラの試作機SHK-810を初めて一般公開した。同社はNHKと2002年来8Kカメラの共同開発を進めてきており、今回の新カメラは第四世代目。... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Ikegamiブース:新HDTVドッカブルカメラ「HC-HD300」を発売。手頃な価格帯ながらトップエンドの放送品質を実現