PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

News

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

2018-11-26 掲載

ATOMOSブース 360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)
■5.2インチ・1000nitモニター/レコーダー「NINJA V」

目玉は4K60p/ProRes/DNxレコーダー「NINJA V」。Vと表記して「ファイブ」と読む。これまでのNINJAシリーズやSAMURAIシリーズで5インチモデルはラインアップされていたが、HDまでの入力だった。NINJA Vは5インチながら4Kまで撮れる。

特長は、背面にこれまでと同じソニー互換バッテリーが取り付けられるほかに、AtomXと呼ばれる拡張モジュールを追加できる端子を搭載。こちらに対応するAtomX Ethernet/NDIは、Ethernetを使ったネットワーク環境に対応する。もう1つはAtomX SYNCで、タイムコードの連動させた機能を拡張できる。

これまでのSSDに対してさらにAtomX SSDminiはさらに小型になっている。ソニーと共同開発なのも特長だ。

インターフェイスは狭い面積でも操作しやすいようにメニューが横にスクロールで選べるように変わった。画面内の操作でできる内容はこれまでの機種と同じで、ピーキングではふちの色が変えられたり、色を変えられる。ピーキングもモノクロにエッジを付けたり、ゼブラは飛びのところにパターンを出したり、色の分布をフォールスカラーで確認が可能。ピントを確認したい際は拡大表示のズーム機能がある。

NINJA Vは、どのデジタル一眼カメラのHDMI出力をほとんど受けられるだろう。ブースのデモではニコンのZ7、ソニーのα7S II、キヤノンとデジタル一眼と組み合わせたデモが行われていた。その中でもNINJA Vは4K60P対応とあって、富士フイルムの「X-T3」やパナソニックの「GH5」との組み合わせは特に最適といえるだろう。

気になるNINJA VのProResRAW対応については、以下のように聞いてみた。

――ProResRAWはNINJA Vに対応していますか?

対応していません。現時点ではカメラのRAWの信号はHDMIから出ていないからです。

NINJA VはRAWに対応するプロセッシングパワーはありますが、ProResRAWに対応するかはまだ決まっていません。現時点では、RAWの信号をもらっていませんので。

一方、シネマカメラはSDIからRAWの信号を出しています。パナソニックのEVA1、ソニーFS5、FS7はSDIからRAWの信号を出していて、SHOGUN INFERNOとSUMO19がその信号をもらってProResRAWで収録できます。HDMI対応のNINJA Vは現時点ではProResとDNx収録に対応です。

――今後カメラがHDMIからRAWの信号を出せば対応しますか?

そうですね。プロセッサ自体はRAWに対応していますが、できますとは言い切れません。準備はできていますが、まだ決まっていません。

でも、DSLRがRAWの信号をだしてくれたら、面白くなるでしょうね。

■SHAPEブランドのカメラリグを展示

メディアエッジは、カナダ、ケベックのカメラリグで有名なSHAPEの取り扱いを開始。ATOMOS製品の展示と一緒にSHAPEのリグが取り付けられていた。

特長は、丈夫にできていて、ロックを押すことで簡単に角度を変えられる。HDMIのケーブルが抜けないような仕組みになっている。コネクタにぶつかったり負荷がかかるとボードごと壊れてしまう恐れがあるが、こういったトラブルをできるだけ防げるようになっている。

SUMO19に対応するのは「ATOMOS SUMO TOP HANDLE STAND」。上部にカナダ製の木製ハンドルグリップを備えている。

EVA1に対応したリグも展示。ベースプレートFOCUS MATTE BOX KITにSHOGUN INFERNOを搭載。押しボタン式テレスコピックハンドルが特長で、ボタンを押すだけでハンドルを360°回転でき、最適な位置にハンドルを置くことが可能。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]ATOMOSブース(動画)

NAB2019のATOMOSブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.06(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ATOMOSブースからお届けします。 ... 続きを読む

[CP+2019]ATOMOSブース:「一歩進んだカメラの動画撮影」をテーマに最新カメラとレコーダーを組み合わせたた撮影システムを展示

毎年最新のカメラが集まるATOMOSブースでは、一歩進んだカメラの動画撮影をテーマに、ファームウェアアップデートにより12bit RAW動画HDMI出力に対応するニコンのZ 7/Z... 続きを読む

[InterBEE2018 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2018の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2018に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じ... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018 ブース動画]会場から動画レポートをお届け!

厳選動画ブースレポート InterBEE2018から動画ブースレポートをお届け! キヤノン ソニー ... 続きを読む

[InterBEE2018]ImageVISIONブース(動画)

InterBEE2018のImageVISIONブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示