PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:AJA]新製品マルチチャンネルH.264レコーダー/プレーヤーKi Pro GOや、HDR Image Analyzer V1.1などのファー…

News

[NAB2019:AJA]新製品マルチチャンネルH.264レコーダー/プレーヤーKi Pro GOや、HDR Image Analyzer V1.1などのファームウェアアップデートを展示

2019-04-19 掲載

AJAブース動画

■プレスカンファレンス
■ブース動画
360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

AJAブースレポート

AJAは初日のプレスカンファレンスで発表したマルチチャンネルH.264レコーダー/プレーヤーKi Pro GOや、HDR Image Analyzer V1.1のほか、12G-SDI搭載のインターフェースカードCorvid 4412G、IPビデオ用SMPTE ST2110対応ミニコンバーター、DashBoare用のopenGearカード14機種などを出展。また、HELOのV4.0ファームウェアや、FS-HDRのV3.0ファームウェアメジャーアップデートなどの新製品を中心にブースを展開。

AJAは4K8Kに伴うHDR対応製品やネット対応製品など最近のビデオの潮流に沿った商品を展開。すでに発売した製品のアップデートなど既存のユーザーに対してもきめ細かな対応を続けている。

Ki Proは2009年に発売されて以来様々な改良が加えられ世代を重ねている。今回はUSBメモリーを記録メディアとして採用することで、入手性がよく安価なメディアに対応した。USBのスロットは全面パネルに4つと背面に1つ用意されており、入力チャンネルごとにUSBを指定したり、まとめて1つのUSBに集約することもできる。メディアがUSBなので、記録したものはリーダーなどの周辺機器いらずで直接PCなどで利用可能だ。H.264コーデックに対応しており、HD/SDマルチチャンネルのレコーディングが可能。入力はゲンロックフリーのHDMIおよびSDI入力が可能。

H.264対応HD/SDマルチチャンネルレコーダー/プレーヤーKi Pro GO。Ki Pro GOは4系統の3G-SDIと4系統のHDMIを装備されており、GENLOCKフリー入力のためカメラ以外のビデオ入力にも対応可能。1080p 50/60の映像をH.264で4チャンネル同時に収録可能で市販のUSBドライブにリダンダント収録できる。マッピングはKi Pro GOのユーザーインターフェイス内で行えるようになっている。ゲンロックフリーのHDMIおよびSDI入力が可能 HDR Image Analyzerにはハイブリッドログガンマ(HLG)、PQ(Perceptual Quantizer)といったHDR規格のモニタリングや分析のための包括的なツールセットが装備されており、SDR(Rec.709)やHDR ST2084/PQ、HLG分析に対応のほか、ARRIやRED、ソニー、パナソニックなどのカメラカラースペースに対応。これらは、CIEグラフやベクタースコープ、波形、ヒストグラムに表示することができるほか、False Color(フォールスカラー)モードで、規格外の色域や輝度のピクセルを簡単に発見する機能を装備。高精度で規格外の色域、輝度エラー検知できる HDR Image Analyzer V1.1は、リモートアップデート、ログおよびスクリーンショット転送をサポートする新しいWeb UIを採用したほか、リモートデスクトップのサポートDisplayPort上のHDR/PQ表示のためのUIの改善やSDR/PQ/HLG用のSDIを介した自動色空間切り替えに対応。色域外の最大警告やフレーム平均ライトレベルバー、ベクトルスコープの強化などがおこなわれた New openGear Converter Cardsは、DashBoare用のオプションカードでミニコンバーターの機能とopenGearの高密度アーキテクチャーおよびDashBoardソフトウェアのサポートを組み合わせたものとなっており、リクロックSDI分配増幅器OG-3GDA-1×9および、OG-3GDA-2×4、シングルモード3G-SDIファイバーコンバーターOG-FiDO-R、OG-FiDO-2R、OG-FiDO-Tなどが発表された FS-HDRはV3.0にファームウェアメジャーアップデートしたことにより、ACESのほか、BBC LUT V1.3やTVlogic WonderLook Proに対応。ACESに対応したことで、KODAKやFuji、Agfaのフィルムルックが簡単に扱えるようになった HELOはv4.0にアップデートされることにより、新機能としてAV Muteにより視聴経験をパーソナライズ(情報を最適化)することが可能になったほか、Event Loggingによりエンコード状況が監視や日本語や韓国語のユーザーインターフェイスが追加になった SMPTE ST 2110 Transmitter Mini-ConvertersはHDMI信号や3G-SDI信号からSMPTE ST 2110へ変換し、IPベースのワークフローを実現するシングルチャンネルIPビデオトランスミッターで、IPT-10G2-HDMIおよびIPT-10G2-SDIの2機種がある。いずれの機種もヒットレススイッチングをサポートするデュアル10GigE SFP+ポート(SMPTE ST 2022-7)に対応。IPT-10G2-HDMIとIPT-10G2-SDIは非圧縮HDビデオとオーディオの変換と転送が行なえ、既存のレシーバーIPR-10G2-HDMIとIPR-10G2-SDIを補完する製品 インターフェースカードCorvid 4412Gは8レーンPCIe 3.0で、4つの12G-SDIが搭載されており、マルチチャンネルの4Kまたは8Kの入出力に対応。SDKを活用することで、macOS、Windows、Linux対応のシステムを構築することが可能となっている

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Vitec Group]様々なブランドの三脚やバッテリー、照明器具などが集結

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

NewTekブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:AJA]新製品マルチチャンネルH.264レコーダー/プレーヤーKi Pro GOや、HDR Image Analyzer V1.1などのファームウェアアップデートを展示