PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

News

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

2019-04-26 掲載

Carl Zeissブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

ZEISS Supreme Primeに広角レンズと望遠レンズの新製品を展示

一押しの展示は、フルフレーム/VistaVisionに対応するSupreme Primeシリーズの展示だ。Supreme Primeは昨年発表して、ラインナップを順番に発売中。今年のNABでは、21mm、65mm、135mmの実機展示が注目となっていた。21mmと135mmは夏に発売予定。Supreme Primeのラインナップはこれで9本揃うこととなる。

Supreme Primeの新製品135mm T1.5 これから発売する21mm T1.5と135mm T1.5を含めて、合計9本が入手可能となる ブースの天井からライトバンクを吊り下げてスタジオを再現。マクラーレンのスポーツカー「675LT」を被写体に試写ができるようになっていた

eXtended Dataを使ったカメラトラッキングをデモ

mo-sysを使ったカメラトラッキングのシステム。床の上にドットがあり、このドットをデバイスが感知してカメラの角度や位置、高さと検出している

歪みや収差を補正するeXtended Dataのコーナーでは、mo-sys Engineeringのスタジオ内光学カメラトラッキング「StarTracker」を使ったカメラトラッキングのデモが行われていた。レンズの補正のデータをリアルタイムにVFXで活用する事例を見せていた。

テーブルの上には何もないのだが、カメラの実写にCGのレンズ本体を合成。カメラを動かすと、それに合わせてVFXも動いている。撮影に使われているレンズは29/T1.5。VFXが中央にあるときと隅っこにあるときはVFXの描写が異なる。VFXが画面の端になるカメラアングルにすると、VFXはわずかに引っ張られて歪む描写になる。

VFXを中央に配置した場合 VFXをアングルの隅に配置した場合。VFXはわずかに歪む

このシステムはレンズのディストーションの情報などを読んでおり、VFXの被写体もディストーション情報に基づいて描写される。つまり、レンズから正確なレンズデータが得られるからこそ実現ができている。

すでにハイバジェットのテレビ番組や映画の制作で使われているという。最近の映像作品では、CGの役者やCGのオブジェクトの合成は当たり前のように行われている。しかし、それがどういうシステムで実現しているのか?というのはあまり知られていない。そこでブースで種明かしとして展示をしているとのことだ。

レンズの下に搭載しているのがMo-Sysのスタジオ内光学カメラトラッキング「StarTracker」

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Vitec Group]様々なブランドの三脚やバッテリー、照明器具などが集結

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

NewTekブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示