PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]AJA、12G-SDI接続搭載の4K/UltraHD HDRモニタリング・分析ツール「HDR Image Analyzer 12G」を発表

News

[IBC2019]AJA、12G-SDI接続搭載の4K/UltraHD HDRモニタリング・分析ツール「HDR Image Analyzer 12G」を発表

2019-09-17 掲載

AJAVideo Systems社は、新製品「HDR Image Analyzer 12G」を2019年秋に発売する。希望小売価格は税別2,800,000円。

HDR Image Analyzer 12Gは、Colorfront社との協業によって開発された12G-SDI接続対応のプラットフォームで、リアルタイムでのHDRモニタリングおよび分析に対応。12G-SDI接続を備え、4K/UltraHD HDRのモニタリングおよび分析ワークフローを合理化するとしている。

HDR Image Analyzer 12Gは、放送、OTTプロダクション、ポストプロダクション、クオリティコントロール(QC)、マスタリングなどで利用される4K/UltraHD/2K/HD、HDRやWCG(広色域)コンテンツのモニタリングと分析に対応。HDR Image Analyzer 12Gは、HD以上の解像度をカバーできるHDR対応モニター出力も備えている。

AJAのビデオI/Oテクノロジーと、ColorfrontのHDR分析ツールが、コンパクトな1RUのシャーシに統合されており、PQ(Perceptual Quantizer)やハイブリッドログガンマ(HLG)といった、HDR規格のモニタリングと分析向けの包括的なツールセットを提供する。HDR Image Analyzer 12Gの主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 最大4K/UltraHD 60pまでの12G-SDI入力に対応、ループスルー出力付き
  • DisplayPort経由により実際の解像度で映像を表示するUltraHD UI
  • お好みのウィンドウに必要なツールを配置可能なレイアウト設定機能
  • 包括的なウェブUIを介したリモートでの設定、アップデート、ロギング、スクリーンショットの転送に対応
  • リモートデスクトップに対応
  • ディスプレイ・リファードSDR(Rec.709)、HDR ST 2084/PQ、HLG分析に対応
  • シーン・リファードARRI®、Canon®、Panasonic®、RED®、Sony®製カメラのカラースペースに対応
  • ルックアップテーブル(LUT)による表示とカラー処理に対応
  • 受賞歴のあるColorfront Engineに基づくカラースペースの自動変換
  • CIEグラフ、ベクタースコープ、波形、ヒストグラムに対応
  • Nitレベルとフェーズメーター
  • False Color(フォールスカラー)モードで、規格外の色域や輝度のピクセルを簡単に発見
  • 先進的で精度の高い、規格外の色域や輝度のエラー検知機能
  • ピクセルピッカーでデータ分析
  • 1本の走査線や縦線に絞って分析可能なラインモード
  • タイムコード付きのファイルベースエラーロギング
  • リファレンスの保存
  • SDI信号を自動認識
  • 3年間の製品保証

AJAとColorfront社にとってHDR Image Analyzer 12Gは、HDR Image Analyzerのリリースと、Colorfront Engineが搭載されたAJAのリアルタイムHDR/WCGコンバーターFS-HDRに続き、3度目の技術協力となった。Colorfront社は、HDR Image AnalyzerとHDR Image Analyzer 12G用に、AJAがColorfront HDR Image Analyzerソフトウェアを使用する独占的なライセンスを認可している。

AJAVideo Systems社の社長Nick Rashby氏は次のようにコメントしている。

HDR Image Analyzerはその発表以来、世界中で数多くの主要な作品や、エピソード単位のプロジェクトで行われるHDRモニタリングと分析を支えてきました。お客様と業界からの声を聞き、HDR Image Analyzerの12G対応バージョンがあれば、モニタリングと分析作業が合理化できると明らかになったためHDR Image Analyzer 12Gの開発に取り組みました。こうして今年のIBCでお披露目できるのを誇らしく思っています。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アスク、AJAのH.264マルチチャンネルレコーダー「Ki Pro GO」発売記念イベントを開催

アスク メディア&エンタープライズ事業部は、2019年10月25日にAJA Video Systems社のマルチチャンネル・レコーダー「Ki Pro GO」の発売記念イベントを開催... 続きを読む

[IBC2019] AJA、ミニコンバーター「Hi5-4K-Plus」と「Hi5-12G」がファームウェアにてDolby Visionに対応

AJA Video Systems社は、近日公開予定のファームウェアにて、同社のミニコンバーター「Hi5-4K-Plus」と「Hi5-12G」がDolby Visionに対応するこ... 続きを読む

[IBC2019] AJA、IPミニコンバーターレシーバー向けアップデートv2.2ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、IPミニコンバーターレシーバー向けの多数の機能改善を含む、v2.2ファームウェアを発表した。IPR v2.2ファームウェアは、今秋、無償でダ... 続きを読む

[IBC2019] AJA、「Desktop Software v15.5」を発表。macOSでのMetal、8K 2SI SMPTEラスター、8Kキャプチャ/プレイバックでのRGBに対応

AJA Video Systems社は、KONA、IoおよびT-TAP対応の新しいDesktop Software v15.5を発表した。Desktop Software v15.... 続きを読む

[IBC2019]AJA、12G-SDI入出力を搭載した「Corvid 44 12G」を出荷開始

AJA Video Systems社は、12G-SDI入出力を備えた 8レーンPCIe 3.0ビデオ&オーディオ I/Oカード「Corvid 4412G」を出荷開始した。以前、近日... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]AJA、12G-SDI接続搭載の4K/UltraHD HDRモニタリング・分析ツール「HDR Image Analyzer 12G」を発表