PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「プライベートエキシビジョン~業務用映像機器2019年秋新製品内覧会~」を開催。IBC2019発表製品を国内初展示

News

キヤノン、「プライベートエキシビジョン~業務用映像機器2019年秋新製品内覧会~」を開催。IBC2019発表製品を国内初展示

2019-10-23 掲載

キヤノンは、2019年10月23~24日の2日間、東京・港区にあるEDITION(東京都港区赤坂8-10-22 NEW SHINSAKA bldg.B1)にて、「プライベートエキシビジョン~業務用映像機器2019年秋新製品内覧会~」を開催している。

同展示会では、新製品のシネマカメラ「EOS C500 Mark II」や、31型4K/HDRリファレンスディスプレイ「DP-V3120」、広角端4.3mm、15倍ズームを実現した放送用4Kズームレンズ「CJ15e×4.3B」を展示。日本国内で最も早く実際を体験できるイベントとなった。その他にも、Sumire PrimeやEFシネマレンズなどを展示している。会場内では、EOS C500 Mark IIやSumire Primeで撮影された映像作品も上映されている。

5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載した「EOS C500 Mark II」

EOS C500 Mark IIは、最大5.9K(5952×3140画素)の映像を記録可能な38.1mm×20.1mmのフルサイズセンサーを搭載し、最大で15+ストップの広いダイナミックレンジを実現している。ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」を採用しており、外部レコーダーを使用せずにRAWデータを本体内部に記録することが可能。記録メディアは、キヤノンのビデオカメラとして初めてCFexpress Type Bカードと、SDカードのUHS-II規格に対応。

別売のマウントキットを使用することで、ユーザー自身がEFシネマロックマウントまたはPLマウントに交換可能。また、別売の拡張ユニットを装着することで、複数台のカメラによる撮影やドローン撮影などに対応もする。

2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×4.3B」

2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズの新製品「CJ15e×4.3B」は、4Kカメラ対応の光学性能でありながら、広角端4.3mm、15倍の光学ズームを実現。内蔵エクステンダー使用時は最高130mmを実現。

業務用31型4K/HDRリファレンスディスプレイ「DP-V3120」

最大・全白輝度2,000cd/m2とコントラスト200万:1を実現した業務用31型4K/HDRディスプレイ「DP-V3120」。独自開発のディスプレイ用エンジン、独自設計のLED バックライトシステム、およびIPS液晶パネルの採用により、2,000cd/mm2(最大・全白輝度)の高輝度表示が可能。

HDR対応波形モニター表示、フレーム輝度モニター、ヒストグラム表示、フォルスカラー表示などの「HDRモニタリングアシスト機能」を搭載しており、HDR映像制作のワークフローをサポートしている。

また、「マルチ表示機能」や「HDR/SDR 比較機能」も搭載。マルチ表示機能では、4K(6G/12G-SDI)と2K(3G/HD-SDI)の異なる映像信号を、2画面または4画面で1台のディスプレイに表示することが可能。HDR/SDR比較機能では、HDR映像をディスプレイ内部でSDR映像に変換し、HDR映像とSD映像の並列表示を左右で比較しながら確認することが可能。

PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」

PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズ「Sumire Prime」は、被写体を印象づける柔らかな映像描写を実現したシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ。年内中に全てのラインナップが発売開始される予定だ。Sumire Primeの特長はなんといっても柔らかな映像描写だ。背景に広がる柔らかなボケが被写体を優しく浮かび上がらせる描写が特長だとしている。

また、Sumire Primeは公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」を受賞し、特に高い評価を得た100件に贈られる「グッドデザイン・ベスト100」にも選出された。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示

※写真は昨年の様子 キヤノンは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/... 続きを読む

[InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するズームレンズの新製品として、放送用フィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 51」と、放送用ポータブルズーム... 続きを読む

キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売

キヤノンは、本格的な天体撮影を実現するフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を2019年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売予定価格税別... 続きを読む

キヤノン、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を発売

キヤノンは、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS US」を2019年11月21日に発売する。以前、開発発表をしていたもの。希望小売価格はオ... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「プライベートエキシビジョン~業務用映像機器2019年秋新製品内覧会~」を開催。IBC2019発表製品を国内初展示