PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

News

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

2019-12-04 掲載

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示

今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シネマカメラ・シネマレンズ関係は、ホール7のNo.7101で、CmotionのCinefadeやALEXA Mini LF、ツァイスのeXtended Dataをメインに展示していた。

CmotionのCinefadeは、色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変してドラマを強調できるカメラアクセサリー。ナックでの取り扱いはまだ未定の製品で、参考展示として展示が行われていた。

仕組みはバリアブルNDによって実現するもので、Staticポラライザー1枚とMotorisedポラライザー1枚を使い、Motorisedポラライザーをレンズのアイリスモーターと連動させることによって、絞りと明るさを変えずに被写体深度だけを変更することを実現している。

Cinefadeはマットボックス内に配置される。自動でアイリスモーターとフィルターモーターが追従して露出を一定に保つ MotorisedポラライザーとStaticポラライザー、レンズコントロールシステム、アイリスモーターと組み合わせることで被写界深度効果の可変が可能。ハンドユニットを介してリモート制御が可能

ALEXA LFのラージフォーマットセンサーを搭載したALEXA Mini LFを展示

ALEXA Mini LFは、小型軽量ボディーにALEXA LFのラージフォーマットセンサーを搭載したカメラ。ARRIの総合画質を手軽に得られるほか、3種類の電動NDフィルターの内蔵、12V電源駆動への対応、アクセサリー用電源出力の増設、ユーザーボタンの増設、新開発の収録メディアCodex Compact Driveの採用、新型ハイコントラストHDビューファインダー「MVF-2」の採用など、さまざまな新機能や新開発デバイスが追加されている。

小型ボディにLPLレンズマウントや大判ARRI ALEV IIIを搭載したALEXA Mini LF

ポストプロダクション時のマッチブーム作業の負担を軽減するeXtended Data

eXtended Dataのコーナーでは、Supreme PrimeとVENICEを組み合わせてeXtended Dataの良さや使いやすさを紹介していた。これまでeXtended Dataを収録するには、TransvideoのオンボードモニターやAmbient Recordingのレコーダーをカメラの上につけなければいけなかった。しかし、VENICEやREDはファームウェアのアップデートでレンズマウントを介してZEISS eXtended Dataを読み取り、記録に対応。外部レコーダーを必要としなくなった点をアピールしていた。

Supreme PrimeはVFXプロダクションに便利なeXtended Dataにも対応している

ZEISS eXtended Dataのデモリールも紹介されていた。これまでのVFX合成は、ワイドレンズだと合成が困難になるなど、いろいろな制約があったが、ZEISS eXtended Dataを使用することでポストプロダクション時のマッチブーム作業時に、収録素材をポストのVFXに渡すだけで、時間のかかっていた作業を軽減できるとしている。

eXtended Dataを使ったメイキングを公開。PRONEWSでもコラム「Exploring ZEISS eXtended Data」で紹介しているのでこちらも参考にしてほしい

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を展示

QTAKEを活用したハードウェアを開発するOVIDE社 今年のナックイメージテクノロジーは、3つのブースに分かれて出展。そのうちの一つ(ブース番号7410)では、VR・AR・... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示