PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を…

News

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を展示

2019-12-05 掲載

QTAKEを活用したハードウェアを開発するOVIDE社

今年のナックイメージテクノロジーは、3つのブースに分かれて出展。そのうちの一つ(ブース番号7410)では、VR・AR・MRソリューションを紹介しており、株式会社アスクと協力してZeroDensity社とStype社のVR/ARソリューションや、映画やドラマ、CMの撮影現場で効果を発揮するOVIDE社のビデオアシスト製品の展示が行われていた。

OVIDE社はIN2CORE社のビデオアシストソフトウェア「QTAKE」を内部に組み込んだハードウェア製品を開発しているメーカーで、いくつかの新製品を紹介していたので、こちらに焦点を当てて紹介しよう。

例えば、F1マシンはエンジンとボディは別メーカーが手掛けているのが一般的だが、QTAKEとOVIDEの関係はこれに近い。中で動いているエンジンはQTAKE、ハードウェアはOVIDEが手掛けていて、1つのソリューションを実現しているイメージだ。

そのエンジン部分であるQTAKEを紹介をすると、一般的に撮影では、撮影現場でプレイバックをして、撮影された素材をチェックする「ビデオアシスト」と呼ばれるポジションのスタッフがいる。

日本はDITとビデオアシストを同じスタッフが担当することが多いが、海外ではビデオアシストはDITとは別のポジションとして存在している。ビデオアシストは、現場でのモニターアウト、撮影時の記録やメタデータの管理を担当するスタッフで、QTAKEは、それらの作業に特化した専用ツールになる。

in2core社のデジタルビデオアシストソフトウェア「QTAKE」

QTAKEを使えば、OKカットのみをプレイバックしてクライアントに確認したり、カメラマンが見たり、ディレクターのチェックも簡単にできるようになる。また、QTAKEで収録される撮影データには、ビデオ以外にもSDI信号やLAN経由で取り込んだメタデータを付加することが可能だ。

使用したレンズデータやショット/アングルチェックのデータ、カットナンバーなど、あらゆる情報がQTAKEで管理できる。最終的には、メタデータも含めたカット表を生成し、PDFによるレポートが書き出しできるため、撮影後にすぐに編集、ポスプロ作業に移るための最適なデータを作成できる。

OVIDE社のフラッピー氏

QTAKEを搭載したビデオアシストセットを実現する「OVIDE SMART DOCK」

現行のOVIDE製品・ソリューションから紹介しよう。通常、QTAKEでビデオアシストシステムを構築するためには、Macとビデオキャプチャボード、オーディオインターフェイスやSDIルーティングハブなど、複数のハードウェアを必要とするが、QTAKEをインストールしたMacBook ProとUSB-Cケーブル1本繋ぐだけで、ビデオアシストセットを構築できるQTAKE専用のハードウェアがOVIDE SMART DOCKだ。電源供給からビデオIO、保存用のメディアまでもが、ケーブル一本繋ぐだけで完結されているのが特徴だ。

OVIDE SMART DOCKは2つのビデオ入力と、6つのビデオ出力に対応し、あらゆるカメラメタデータも記録可能。入力映像はそのままライブ出力したり、メタ情報を画面にオーバーレイしてモニタリング、カラコレや簡単なキー合成もリアルタイムで行うことが可能だ。

2つの入力と6つのビデオ出力を備えたOvide Smart Dock

オールインワン・ビデオアシストシステム「Ovide Smart EVO+」

一見よく見る外部SDIモニターに見えるが、これはQTAKEビデオアシストシステムの一体型ハードウェア「Ovide Smart EVO+」だ。SMART DOCKは、本体とは別にMacを用意しなければいけなかったが、EVO+は、これ一台ですべて完結されている。モニターはタッチパネルを採用し、QTAKEの全機能をタッチで制御可能。SMART DOCKは、2つのビデオ入力と6つのビデオ出力だったが、EVO+は4つのビデオ入力、12つのビデオ出力対応のシステムとなっている。

UPS搭載で電源が外れた状態でも2分間は動作可能。Teradek BOLTのような映像伝送システムの電源供給などに使用できる外部電源出力も用意されている。また強力なファンを搭載しており、真夏の現場にも対応できるよう熱対策にも対応している。

EVOとEVO+の違いは、CPU、GPU、メモリのアップデートのみになる。

Ovide Smart Assist EVO タッチパネルでQTAKEの操作が可能 各SDI出力にはQTAKE上での設定が表示されるので、どこに何が繋がっているのかひと目で分かるようになっている

新製品の「Ovide Smart Stream」と「Ovide Smart DMT One」

OVIDEが独自で開発した新製品も展示されていた。「Ovide Smart Stream」はオートREC(自動収録)に特化した製品で、4本のSDIからカメラがREC開始した瞬間に自動的に映像信号をH.264でキャプチャする。記録された映像は本体に表示されるQRコードをスキャンして、iPhoneやiPadですぐに確認可能。

QTAKEを撮影現場で活用するためには、メタデータの扱いや収録された素材をどのように管理をするか、現場での知識やオペレーターとしての経験も必要になる。そういった専任者がいない場合は、Ovide Smart Streamを使用して収録を自動化し、撮影現場にいる関係者が必要に応じて、好きなタイミングで好きなテイクを見ることができる。電源オンにするだけで準備完了となるのも大きな特徴だ。

「Ovide Smart DMT One」は、DIT向けの製品となっている。本体には、RED Mini Mag、Codex、CFast用のモジュール式メディアリーダーが組み込まれており、トランスコード用のGPUも搭載されている。これまで、DITはメディアリーダーや、メディアフォーマットの変換・コピー作業の時間短縮のためにトランスコード用に別途GPUを用意しなければならなかったが、DMT Oneはそれらを一体化しており、USBケーブル一本繋ぐだけでコピーとトランスコードを可能にした製品だ。

上が「Ovide Smart DMT One」で下が「Ovide Smart Stream」

iPadやiPhoneをSDIモニターとして使える「ScreenPort SDI」

ScreenPort SDIは、iPadやiPhoneでSDI経由のビデオ入力をモニタリングするためのハードウェアだ。iPhoneやiPadのスクリーンは、広色域や高い処理能力などの仕様を備えているが、ビデオ入力がないために外部モニターとして使用することはできない。このハードウェアはiPadやiPhone、MacでSDI信号のモニタリングやキャプチャを可能にするデバイスだ。

ScreenPort SDIは、3G-SDI入力と3G-SDIループスルー出力を搭載。モニタリング用途で設計されているため、AppleデバイスからのSDI出力は搭載されていない。車中のシーンなど、狭いスペースでモニタリングをしたいという場合には、最適なシステムと言えるだろう。

iPhoneやiPadをモニターやレコーダーに変身させるScreenPort SDI

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]DVCブース:5m先に15kgの先端荷重対応、かつ短時間のセッティングが可能なジンバル専用クレーンの新製品「QKC705」を展示

高い荷重に対応したクレーンの新製品「QKC703」や「QKC705」を展示 クレーンや三脚を取り扱う01TECHは、代理店のDVCと共同ブースで出展。目玉は、Ronin-s、... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]シグマブース:クラシカルな映像表現を可能にした「Classic Prime Line」や、小型シネマカメラ「SIGMA fp」を展示

解像感とクラシカルな映像表現を両立したClassic Prime Line登場 ガラスケースの手前側がClassic Prime Lineの展示。High Speed... 続きを読む

[InterBEE2019]バイオスブース:大容量化する制作物を手軽に持ち運び可能な可搬型ストレージ「Eclair PRO Mobile EM352B31シリーズ」を展示

バイオスは「バイオスを持ち出そう!!」をテーマに、大容量化する制作物を手軽に持ち運びたいという現場の声を反映した新製品の可搬型ストレージ「Eclair PRO Mobile EM3... 続きを読む

[NAB2019]ARRIブース(動画)

NAB2019のARRIブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]アスク/ディストームブース:TriCaster TC1/IP Series VMC1用新ソフトウェアTriCasterバージョン7ソフトウェアを展示

アスク/ディストームブース動画 アスク/ディストームブースレポート アスク/ディストームブースでは、AJA製品とNewTekのTriCasterを中心とした... 続きを読む

[NAB2018:ARRI]ラージフォーマットの4Kセンサーを搭載した「ALEXA LF」やSkyPanelのファームウェア4を展示

ARRIブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chr... 続きを読む

[NAB2018]ARRIブース(動画)

NAB2018のARRIブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を展示