PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. SIGGRAPH2008 現地レポート
News

SIGGRAPH2008 現地レポート

#SIGGRAPH

2008-08-15 掲載

コンピューターグラフィックの最新技術が結集する、「SIGGRAPH(シーグラフ)」の第35回目が8月11日から15日の6日間、米カリフォルニア州のロスアンジェルスで開催された。SIGGRAPHは1947年に創立された全米コンピュータ機器協会(ACM)の分科組織(Special Interest Group)の一つで、コンピューターグラフィックス処理についての”SIG”、 つまり、”SIG?GRAPH”であるため、この名前が付けられた。

本来、学会論文発表の場であるが、基調講演、終日フルコースのセッションのほか展示会場が設けられ、映像編集やアニメーション作成に関わるソフトウェアから、画像処理や映像編集機器といった専門的・技術的なハードウェア展示も行なわれる、世界最大級の催しとなっている。しかしここ数年、出展者数、参加者数ともに好景気の時の半減まで陥っている。そのことを懸念してか、昨年には3年計画を立ち上げて、多様な新しい試みを進めている。今年の大会は、特に最新CG映像のメイキング解説やスクリーングといった表向きのエンターテインメントが濃く、やはり集客において意識していることが感じられた。

最高ピークからは半減

毎年夏に開催されるSIGGRAPH。隔年毎に場所を東と西に移して開催しており、西では大抵このロスアンジェルス会場で行われる。西海岸だと、入場者数も東よりはいつも多い数字の結果となる傾向だが、今年はロス会場としては史上最も少ない87カ国28,432人という結果になってしまった。ロスアンジェルスで開催された最高ピークは、42,690人(1999年)。今年の会場規模(展示ブースの総計サイズ)は、約80,000スクエアフィート(過去最大規模では、160,000スクエアフィート)、 出展社数は330社(ピーク時は337社)。以前のように大規模なブースを出す企業が少なくなったことが理由だろう。

“変革期”?エレクトリック・シアター

今年大きく変わったこととして、エレクトリック・シアターがなくなったことがあげられる。エレクトリック・シアターは、世界中から応募された映像作品から審査で選ばれたものを上映する人気のイヴェントだった。今年は「コンピューター・アニメーション・フェスティバル」という、独立した形がとられ、ノミネートの80作品がコンベンションセンター隣に昨年秋にオープンした、ノキアシアターで催事中上映された。優秀作品については、参加者の投票によって選考される形式で、14日には授賞式が開催された。今年の最優秀作品には、フランスの専門学校Gobelinsからのストーリー豊かな作品「Oktapodi」が選ばれた。ちなみにノキアシアターは、約2万平方メートルというロスアンジェルス最大級の劇場で、7000人ほど収容できる。また4日間通して、フェスティバル・トークという題名で、作品の制作者から技術を駆使した作品について説明するセッションが設けられた。

最優秀賞として選ばれた作品「Okatopodi」 日本からは6作品がコンペティションに残った。これはOLMデジタルからの「One Pair」 立体映画としても製作されているBjorkのプロモーションビデオ。テクニカル・トークセッションの論文でも、このWanderlustが紹介された。

また、毎晩夜8時から11時まで、エレクトリック・シアターを実施していた時間帯に「プロダクションスタジオ・ナイト」という、ハリウッドのCGプロダクションから特別なトピックが用意されたスペシャルイベントも催された。今回は、ピクサー・アニメーションスタジオから、”木を植える男”の上映と、主帝のジョン・ラセター氏と制作者Frederic Back氏との対談や、ソニーピクチャーズから、先日他界したビジュアル・エフェクトの巨匠、スタン・ウィンストン氏を偲んだ上映会、そしてルーカス・フィルムからは、フォトショップの生み親でもある、ビジュアルエフェクト・スーパーバイザーのジョン・ノール氏をプレゼンターに、スターウォーズ最新作「Star Wars: The Clone Wars」の監督Dave Filoni氏との対談に加え、一般公開前に映画作品が上映された(実は、翌日が一般劇場での公開日)。

コンベンションセンターから1ブロックほど先にあるノキアシアター。中ではセキュリティチェックを受けなければ入れない。 映画公開の前に、Knoll氏からFiloni氏へインタビュー。作品では仕事仲間という間柄。Knoll氏が質問のスクリプトを読み間違えたとき、「おい、その質問はお前が作ったんじゃないだろう?」と指摘される場面も。
プロダクション・ナイト。ルーカスフィルムから「Star Wars:The Clone Wars」が一般公開前に披露された。ステージに大勢の白い鎧のコスチュームを纏ったスタッフ達が、ホストのJohn Knoll氏と映画監督のDavid Filoni氏と一緒に登場。 Sony HDカムで会場の収録。上映された作品は以前と同じく2Kにアップコンされたフルデジタル。

このアニメーション・フェスティバル枠に、今年は立体(Stereoscopic 3D)映像に特化したセクションも設けられた。立体映画は米国で専門的設備を整えているプロダクションも増えていることもあり、3D作品のスクリーニングや技術関連のカンファレンスには大勢の人で賑わいを見せていた。スクリーニング会場には立ち見となるほど。配布された円偏光メガネは普通のサングラスのような形で掛けても違和感が全くないものだった。スクリーニングに選ばれた作品は今までIMAXシアターで公開された、「チキン・リトル」(ソニーピクチャーズ)、「Knick Knack」(Pixar)といったフルCGアニメーションのものから、NLFやサーフィンコンテストのような競技の実写、そして米国では先月公開された実写映画としては初の「Journey to the Center of the Earth」 (日本10月公開)や11月公開予定の「Bolt」 (Disney/Pixar)、来春公開予定の「Monsters vs. Aliens,RealD」(Dreamworks)といったものが取り上げられた。

Walt Disney、ソニーピクチャーズ、Rhythm and Hues Studiosといったプロダクションも恒例出展。プロダクションは作品を並べて次のプロジェクトのためのスタッフを募集する。 Pixar Animation – ピクサーのインハウスだったRender Manはいつも天井にアピール。
Digital Domain 香港を拠点とするアニメ―ションスタジオImagi Animation Studiosでは、来年10月公開予定のAstroBoyをプロモーション。ブースには大きなフィギュアが。フルCGアニメーションで、俳優ニコラス・ケイジがキャストメンバーになっている。

そして一番の目玉はU2の3Dコンサート・フィルムのフルプレゼンテーションの上映だ。2006年の”Vertigo”ワールド・ツアーの南米公演の模様を収めたもので、9台の3Dカメラで同時収録をして製作された初のライヴ・ドキュメンタリー映画だ。編集はナショナル・ジオグラフィック。今回公開された作品は2台のプロジェクターを必要としないRealD-3Dフォーマットのもので、会場ではクリスティ製の2K DLPシネマプロジェクター「CP2000-XB」にRealD-3Dの「Zスクリーン」(液晶偏光フィルター)が取り付けられたシステムを使って上映された。このRealD-3Dシステムも含め3D劇場数は、2009年度までに5000スクリーン(米国内)までに拡がると予測されている。

CG鉄人コンテストは定番に?

今年もFJORG!という、先行で選ばれた16チームが32時間という不眠不休の中、同じテーマの映像を創作するコンテストも開催された。テーマは「いままでもっとも悲しかった出来事」。今年の勝利チームは、「Grojf」の作品「The Red Truck」に決定した。このショート作品(15秒)は、SIGGRAPH公式サイトからダウンロードできる。また先端技術を集結した対話的な技術のデモ展示である「エマージング・テクノロジー」。年々日本からの出展数が増えているイヴェントだが、今年は「ニューテック・デモ」と改称され、今年も例年どおり画像認識技術の展示が多かった。


[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2020]Vol.04 SIGGRAPHに見る映像制作技術の最先端

Googleが推し進めるライトフィールドビデオの撮影装置 txt:安藤幸央 構成:編集部 4K、8Kその先の映像技術 最新のライトフィールドビデオに至るま... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.03 リモートワーク時代の映像制作スタイル

MPCが手がけた、ARゲーム「マインクラフトアース」のCMより txt:安藤幸央 構成:編集部 広告系の映像制作もロケが困難。CG/VFX効果が重要に。リモートワークで... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.02 映像業界のリモートとバーチャルを考える

SIGGRAPH定番の歩くティーポットのお土産、今年はARで楽しむことに txt:安藤幸央 構成:編集部 オンラインならではの楽しみ。定番グッズもARで! SIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2020開催!今年のテーマは「THINK BEYOND」

全てオンラインで開催された異例のSIGGRAPH 2020 txt:安藤幸央 構成:編集部 全てオンラインで開催、異例の大規模カンファレンスSIGGRAPH 2020 ... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.05 技術進歩で制作そのものが変化する。CG技術で進化する映像制作のワークフロー

txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルな撮影、バーチャルな撮影 バーチャルスタジオでの撮影の様子。床面のみ実物で、砂や石ころが敷き詰められている 今年のSIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.04 未来の表示装置と、リアルタイムCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 先端技術展示。未来的のディスプレイデバイスの紹介 最新技術の展示体験コーナー、レーザー描画の絵柄でお出迎え SIGGRAPHの... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.03 最新鋭の映像機器、VR応用の最先端

txt:安藤幸央 構成:編集部 新しい映像配給チャネル、Netflixが考えるCG/VFXと、ストリーミングの勘所 SIGGRAPHのプロダクションセッションと言えば、... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.02 生々しい制作の現場。プロダクションギャラリーで制作の現場に出会う

txt:安藤幸央 構成:編集部 CG/VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは2017年から企画が... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2019開催!今年のテーマは「THRIVE」

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルタイムCGが映像制作の現場に。VR技術で映像制作の可能性が広がる現場 SIGG... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. SIGGRAPH2008 現地レポート