PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [特集:次世代収録環境へのアプローチ]~パナソニック編~ AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準に
News

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~パナソニック編~ AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準に

#Panasonic #P2HD #AG-HMC155 #AVCCAM #次世代収録環境へのアプローチ #AG-HVX205A

2008-12-10 掲載

AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準に

パナソニックの2008年は、フラッシュメディア記録カメラレコーダーの年だったと言っても過言ではない。4月のNAB Showで新製品発表したP2HDのほか、業務用では初めてAVCHDフォーマットを採用したAVCCAMなど、振り返ってみればテープ収録が出来る機種はほとんど無かったに等しい。

200812_HPX3000G.JPG

P2HDやAVCHDのカメラレコーダーに対して、性能に疑問を持つ人もいるかもしれない。しかし、最近の機種はさすがパナソニックと言えるもので、性能は着実に向上している。P2HDカメラレコーダーAJ-HPX3000Gを使用して、実際に映画の撮影も行ったが、暗部(夜中の照明がほとんど使えないような場所)でもノイズは極めて少なく、暗部・明部ともに凄い描画力を見せてくれた。このAJ-HPX3000Gをベースに、VARICAMの機能を上乗せして今秋発売となったのが、AJ-HPX3700G/AJ-HPX2700Gだ。この2機種は、間違いなく性能を発揮してくれるだろう。AJ-HPX3700Gで残念なことは、バリアブルフレームレートが1〜30fpsまでであること。「VARICAM」を謳うなら、AJ-HPX2700Gと同様に、60fpsまでバリアブルフレームレート撮影を可能にして欲しかった。

200812_HVX205A.JPG

パナソニックのカメラレコーダーで今年1年、最も売れたと思われるのはP2HDカメラレコーダーAG-HVX205A。P2カードではSDからHDまで収録でき、さらにminiDVによるテープ収録も可能なマルチパーパスな1台だ。筆者も頻繁にPVの撮影や番組の収録でAG-HVX205Aを使っているが、PVの時はP2HDで、番組の時はテープ収録でと使い勝手の良い1台となっている。

200812_HMC155.JPG

今年登場したカメラレコーダーで、テープレスによって軽量化も出来て、手軽にHD撮影を可能にした機種と言えば、AVCCAMカメラレコーダーAG-HMC155だ。テープを使用しないぶんノイズの心配も少なくなっている。大容量メディアを何枚も使用することは高価なP2カードでは難しかったが、記録メディアにSDHCカードという汎用フラッシュメディアを採用したことで、購入しやすく、何枚も使用できるようになった。

カメラをサポートする新製品としては、AVC-Intra対応小型レコーダーAG-HPG20(2009年2月発売予定)は使うのを楽しみにしている機材の1つ。現在、現場でP2HDを多用しているので、小型レコーダーがあるかないかで効率は大きく変わってしまう。小型レコーダーがあれば、バックアップにカメラを使用することから解放されるし、P2コーデックであればリアルタイムに再生して確認することもできる。バッテリー駆動が可能なので、電源を取れないロケ先でも安心してプレビュー出来てしまうのだ! 200812_HPG20.JPGAG-HPG20で、リアルタイムではないけれども外部HDDにある素材をUSB経由で確認できるようになったことは、現場においてものすごく重要なこと。HDDにバックアップしたデータを現場で確認出来るので、フラッシュメディアの取り扱いにおける心配が軽減できるのではないか。AG-HPG20の現場利用だけでなく、編集段階でのスタジオ使用にも期待大。コンバーターとしての機能もあり、例えばIEEE 1394入力からP2カードへの記録をしたり、HD-SDIへのスルーOUTも可能だ。さらに、P2から出力する場合は、ダウン/アップ/クロスのコンバートが可能ということで、P2HDデッキとしての新しい使い方の1つになるかもしれない。

半導体メディアのバックアップワークフローを増やせ!

仕事の性質上、半導体メディアはテープに残らないことがネックになっている人も多数いると思う。現在、デジタルシネマカメラに求められているモノとしては、やはり低価格。そしてレンズ交換式、メディアは基本はテープ、イメージセンサーは2/3型CCDとった感じだ。こう並べてみると、なかなか該当するカメラが無い。上位機種のAJ-HPX3700Gなどでは、半導体メディアとテープの両方を採用するのは難しいかもしれないが、AG-HPX555クラスであれば可能なのではないだうか? もしこれが発売されれば、相当人気のある機種に変貌すると思うのは、おそらく筆者だけでは無いはずだ。

映画や番組などの撮影が長時間になる現場で、半導体メディアだけで収録というのは不便だし、不安になる。現場で半導体メディアがすぐ足りなくなる。コピーに意外と時間がかかり、待ち時間が発生する。コピーしたHDDのデータが消えてしまわないか? 編集に入ってからの素材の管理はどうすればもっとも効率的なのか? とにかく心配や不安がつきまとっている。テープ収録でノンリニア編集をしているならば、何らかの事情でコンピュータのデータが飛んでも、テープのキャプチャーからやり直せばいい。しかし、半導体メディア収録の場合は、データをコピーした後に消去して使い回すので、コンピュータのデータと一緒に消えてしまう可能性もゼロではない。こう考え始めると本当に怖く、テープ収録の安心感を半導体メディアはまだまだ超えられない。現場でHDDへコピーする以外の方法で、何らかのバックアップ方法を考案して欲しいと切に思う。

半導体メディアとテープの両方が使えるカメラを増やして欲しいというパナソニックへの要望に限らず、次世代のカメラに求める機能という意味では、ソニーはCMOSではなくCCDでカメラを作って欲しいし、レンズ交換式の機種では1/3型センサーではなく、せめて1/2型センサーにして欲しい(特にHDV)。最近はレンズ交換式ミニボディーのHDカメラも登場してきているが、IRISをフォーカスやズームと同じくリング式にして、限りなく業務用ENGに近い操作性のカメラが増えてくれるといいなぁ。

あと、ちょっとマニアックかもしれないが、2/3型CCDとPLマウントを採用したフルHDのカメラも欲しい。ビデオカメラに、PV・映画でよく使用されているPLマウントの35mmフィルムカメラのレンズを装着して撮影することは結構ある。しかし、コンバーターも意外と高価だし、コンバーターのセッティングに意外と時間を使ってしまったり、さらには重量が重くなってしまう難点もある。それならカメラがPLマウントなら問題は解決済みで、あの描写力がすぐに手に入る。ソニーのF35はPLマウントを採用しているが、これの低価格版があったらなと…。発売されればPV業界、デジタルシネマ業界で爆発的に使われるのではと思うのだが。

メーカー問わず、本気で1度は使ってみたい機種としてはRED Digital CinemaのRED ONE。放送機器レンタル会社でもレンタルが開始となり、実際に使えるようになってきた。しかし、日本のインディーズ映画では予算オーバーになってしまうシロモノなので、日本での商業映画での事例報告を待って検討したい。もっとも2K・4Kで撮影をするのは、本当に予算を使える現場だけになりそう。REDでもフルHDくらいで撮影が出来る低価格帯のシネカメラが登場してほしい。

船迫 誠(ファンタビット)


[ソニー編2]へ戻る [キヤノン編]へ進む


[ Category : ]
[ DATE : 2008-12-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.10 小型軽量ボディに高い基本性能を搭載したLUMIX S5登場

txt・構成:編集部 高感度画質と高い品質の動画性能を搭載したハイブリッドミラーレス 2020年9月3日、パナソニックは小型軽量ボディに高い基本性能を持ち、静止画と動画... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.08 パナソニックS1HがアップデートでRAW出力対応。RAWワークフローの敷居は高くない

txt:田中誠士 構成:編集部 パナソニックS1HのRAW出力を検証する コロナ禍な昨今、小規模体制な撮影ニーズが急増していると感じる。 筆者はこれまで多数のカメ... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

製品レポート AW-UE100 AK-HC3900GJ/AK-HC3900GSJ KAI... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム

ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現したIT/IPプラットフォーム パナソニックは、NAB2020で展示予... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]High Bandwidth NDIやSRTなどのIP規格に対応した4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」

ネットワークを活用した映像配信が可能な4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」 パナソニックは、NAB2020で展示予定だった新製品として4Kインテグレーテッドカメラ... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]1080p HDR対応の新HDスタジオカメラ「AK-HC3900GJ」「AK-HC3900GSJ」(海外向けモデル)

トータルシステムとしての運用性を追求したHDスタジオカメラ(海外向けモデル)2モデルが登場 パナソニックNAB2020で展示予定だったHD Studio Camera(海外向... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

4K60p 10bit撮影対応のデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」 パナソニックが今年の2月に発表したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」は、4K60p 1... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [特集:次世代収録環境へのアプローチ]~パナソニック編~ AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準に