PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Movie Maker's GIG in Europe]Vol.07 エピローグ:二極化が急進する映像制作環境と次代のプロとは?

News

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.07 エピローグ:二極化が急進する映像制作環境と次代のプロとは?

2011-09-24 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

変わりゆく映像世界

ibc2011Bigtools.jpg

小型化し高性能化するカメラ機材、汎用化し市場拡大する周辺機材、ガジェット、ツールなど、映像制作の多様化とその市場の広がりなど、これからの映像制作環境が垣間見えたIBC2011。4K、3Dなどの放送規格以上の映像技術への更なる進展なども多いに魅せられた。

だがしかし現実は、歴史的ユーロ安、ドル安で逼迫する経済の背景からも、映像制作の現場が厳しい局面を迎えているのは全世界的な傾向でもあった。さらに安い機材の普及によって制作費自体が減額になり、制作スケールが縮小することで、制作規模の縮小、人員削減など、市場的にみると、特に日本ではどうしてもネガティブな方向ばかりに目が行ってしまう。気軽に高画質、高品位が手に入ることと引き換えに、プロ市場の更なる狭小という条件が引き換えとなっているのは事実だ。こうした背景からも映像制作業界全体には、厳しい二極化へのロードマップが見えてくる。

劇場映画、TVドラマ、イベント映像など4K、高画質、ハイエンドクリエイティブといった分野では、さらにそのクオリティ追求という面が進んで行くことは確かだ。その分野を突き詰める層はハイエンドプロとしてこれからも進化していくだろう。しかし、これまでミドルレンジ以下で映像制作のプロとして生きてきた人たちは、今後はただ専門映像機器のオペレーションが出来る、というだけでは、プロとして生きて行くことは難しい世界もすでにそこまで来ていると思われる。

それがまさに、Apple Final Cut Pro Xの登場に象徴されていると考える。厳しい話だがもしかすると「あれはプロが使うツールではない!」と豪語する人たちは、2年後にはこの世界にはおそらくいないかもしれない。

それはなぜか?今回のIBCでもそれは読み取れる。これまでの映像のプロと言われて来た、映画、放送、業務などのプロ映像業界とは、無縁の人も多く来場していたように思う。一般企業の広報宣伝部などの人。彼らはパワーポイントでプレゼン資料を作るように、すでに会社紹介のプレゼンビデオや、会議記録の映像記録、そしてWebによる商品プロモーションビデオくらいは自力で制作する時代はすぐそこまで来てしまっているのだ。

また個人放送局、個人ニュースプロバイダーなど、USTREAMはまだ欧州では盛んではないが、IPTV用のモバイルブロードキャストツールメーカーなどが大きくブースサイズを拡げていたことも注目したい。要するに様々な分野の人たちが映像制作のリテラシーを身につけ始め、同時に全く別の世界から映像制作のプロとして参入しつつあるのも、世界的な傾向になってきている。

inside knowledge.jpg

例えば、Microsoft WordやExcelを初めて覚えたときのことを思い出して欲しい。最初は何をどうして良いかも判らず右往左往して、操作ガイド本を片手に勉強した人も多いと思う。しかしデジタルにおけるITリテラシーとは、自身のDNAレベルでしみ込んでいくようなカルチャーであり、習得した後は過去のガイド本に手を出した人は少ないだろう。車の運転と同じく、一度カラダにしみ込んでしまえば日常的に使いこなせるようになるのがITリテラシーの最大の利点だ。

プロ映像制作の意義を再定義

ibc2011canon_user.jpg

デジタル技術を受け入れたことで、今まさにこうしたことが映像制作のリテラシーのなかに起こっている。またこの法則はこれまで紙の世界ではDTPで、音の世界ではDTMですでに実証されて来たこと。映像編集ソフトなどの操作が一般化し、一般人でもフツーに使いこなせる時代になってきた中で、当然映像の世界でもこのようなパラダイムシフトは起こってくる事は間違いないのだ。

それではこれからの映像のプロは一体何を根拠にプロを名乗って行くのか? それはおそらく有能なディレクション=演出勝負の世界、つまり本当のクリエイティビティを発揮できるか、もしくは何か専門性を持って映像制作ができるか?ということだろう。事実、ドキュメンタリー分野、化学分野、リサーチ分野、物販分野などで専門的にPV制作を行っている小規模プロダクションでは、むしろ需要が増しているといった傾向もある。しかもEOS MOVIEなどによるシネマライクな映像制作も取り入れてだ。

ここで改めてプロ映像制作の意義を再定義する時期にさしかかっているのではないだろうか。そしてクリエティブと技術は、以前にも増してより密接な関係になってきた。全ての映像制作ツールが二極化してく中で、これからのムービー制作、映像制作を考える時、何が”プロ”なのか?自身のどこの”プロ”の部分で食って行けるのか?を、もう一度再考する必然があることを改めて痛感した。


Vol.06 [IBC2011] Vol.00

[ Category : ]
[ DATE : 2011-09-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.06 Next Stage トランスコード&動解像度の重要性

次代のテクノロジー進化の方向性 HD化が一通りの納まりを見せ、2K/4Kという高解像度化への拡大と、ステレオスコピック3Dなどの新展開もその方向性を見いだそうとしている現在、今後の... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.05 Connection from IBC2011 小型・廉価化が進むコネクションツール

コンバート百花撩乱 一昔前は、信号コンバート/分岐などのコネクションツールも放送用品質を保持するためには、かなりの高額機器でないと品質保証という面では認知されなかった時代があったが... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.04 Gadgets from IBC2011 トライポッドも軽量・安価な製品が席巻

txt:石川幸宏 構成:編集部 神は細部に宿る。見逃せない周辺機器たち ここまで2年以上のDSLRムービーブームを起点に、従来からの既存メーカーから、スチル系製品メーカー/販売店も... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.03 Lens from IBC2011 プライムレンズ需要

txt:石川幸宏 構成:編集部 増大するプライムレンズ需要 スーパー35mmサイズのカメラ市場が拡大したことで、大きく需要を伸ばしたのはPLマウントに対応する高級プライムレンズを... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.02 Shooting from IBC2011 大判センサーカメラの台頭と次の潮流

txt:石川幸宏 構成:編集部 4K/2Kカメラの台頭を再確認 撮影機材に関しては、4K/2Kカメラの台頭が華々しい。また今年初頭のPMW-F3、AG-AF105などの大判センサ... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.01 Topics From IBC2011 会場で話題 AVC ULTRAの全貌が明らかに

txt:石川幸宏 構成:編集部 AVC ULTRAの全貌が明らかに 4K、ステレオ3Dといったハイエンド・テクノロジーが、一通りの方向性を見いだし、確定されてきた現状において、今後... 続きを読む

[Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.00 IBC2011 シフトチェンジで変革するデジタルシネマ市場

IBC2011とデジタルシネマ デジタル・テクノロジーと映画、この今や切っても切り離せない両者の関係は一体いつから始まったのか?思わず回想に浸ってしまうほど、デジタルと映画の関係は... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [Movie Maker’s GIG in Europe]Vol.07 エピローグ:二極化が急進する映像制作環境と次代のプロとは?