PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.04 総括:変わりゆくカメラの世界に
News

[CP+2015]Vol.04 総括:変わりゆくカメラの世界に

#CP+2015

2015-02-16 掲載

新技術が変えるカメラの付き合い方

全体的に見てカメラの売上は落ちているそうで、特にコンパクトデジカメはスマホにその市場を食われて低迷しているそうである。日常的に携帯するスマホとは異なり、撮影するという目的がなければ普通カメラを携帯することはないだろう。その点でカメラは分が悪いのは確かである。ならば、日常的に携帯していても苦にならにように小型軽量化したり薄型にしようということで、そうした製品が以前より各社から出ている。最近ではスマホでは撮れない綺麗な写真であったり、望遠や広角といった画角、更には決定的瞬間を逃さないようにとその仕組みは進化している。

CP2015_04_0307 全天球カメラRICOH THETA。カメラの前後に装備されたフィッシュアイカメラで周囲をすべて撮影することができる。アプリを使うことで撮影した任意のところや部分的に拡大などが行うことができる。撮影者の周囲すべてを撮影して後から好きなところを再生できる

綺麗な写真ということで逆光や夜間モードなどの様々なシーンを想定した露出制御や、実際より見た目の良さを追求し、空の青さを強調したり、人の顔を綺麗に見せる美肌モードなどの画像処理を駆使したものを考えつく限りのシーンを想定した対策が練られているといえよう。

オートフォーカスの精度やスピードは年々進化し、一眼レフカメラでもオートフォーカスによる撮影がマストになっている。フレーム上のどこにピントを合わせるかは撮影者の作画に関わる問題でカメラまかせにできないということはオートフォーカスのカメラが出始めた頃にあったものである。これはオートフォーカスロックや多点オートフォーカスなどが解決してきた。

コンパクトデジカメでは、パンフォーカスで解決していた時代もあったが、一般的な撮影では人物を撮影することが多く、人の顔を認識してそこにピントを合わせる機構が組み込まれたり、遠景撮影などシーンを解析して最適な位置にピントを合わせる方法も一般的な機能となっているといえよう。そうした中で大判センサーによるボケを生かした写真に注目が集まるようになり、ピントに関しての捉え方が変化してきているものの、撮影後にピント調節が行えるカメラの登場でこれも解決しそうである。

CP2015_04_0712 フォーカスを撮影した後で調節できるLYTRO。撮影した後でLYTRO DESKTOPという専用ソフトで、画像の任意の位置のフォーカスを調節できる。撮影した後からピント合わせを行うという今までになかった発想のカメラ

写真はシャッターを押してその瞬間を捉えることで成立している部分があるが、これも笑顔を検出してシャッターを切る技術やシャッターを切る前後を連続して撮影しておき、そこから決定的瞬間を抜き出すという手法を搭載したカメラが出ている。

ただスマホが普及することでアプリが出回るようになり、そうした処理は優位性が薄れてくるのかも知れない。スマホは常に携帯するガジェットであることから大きさ(薄さ)という物理的な制約が必然的につきまとう。大判センサーや光学ズームレンズを搭載することは難しい。ならば、カメラを合体させてスマホとカメラを持つより携帯性に優れたものを、ということでスマホとカメラの合体製品やレンズとセンサーのみで操作やファインダーとしてスマホを利用するというコンセプトのカメラも出現している。

CP2015_04_0820 オリンパスAIR A01。携帯電話とカメラの合体としてはCyber-shotケータイがあったが、このカメラはスマホをファインダーやシャッターなどのコントロールに利用できる。さらに、ソフト開発のためのSDKやアクセサリー製作のために外形寸法CADデータも公開されている。ユーザーの交流の場もネットで用意されており、ユーザーが自由な発想でカメラを作れるが特徴

誰もが一定以上の綺麗な写真を撮れる時代だからこそ

画質や機能の追求はもはや留まるとこを知らず、誰がどのような状況で撮影しても綺麗な写真をとれるのが当然となり、写真を趣味とする様々なジャンルの要求に応じたカメラも出揃っている。

そうした中で気づいたことは、レンズの性格を活かした作画ができるシンプルなカメラが殆ど無く、レンズも表面的な性能(周辺部も含めた解像度やコントラスト、周辺光量、色収差といった数値化しやすい部分)や携帯性・利便性を追求した製品ばかりが新製品として出されているということである。とはいえ、今年辺りからミラーレス一眼やコンパクトデジカメにも大判センサーが搭載されボケやピントの合う範囲などにも関心が高まってきたことからカメラやレンズに対する要求も変わってきたようである。

CP2015_04_0553 ZEISS Distagon T*1.4/35 ZM

ZEISS Distagon T*1.4/35 ZMは、完全なマニュアルレンズで、ピント指標のところにF値が刻まれており、指標の前後のピント範囲がわかるようになっている。一眼レフでもオートフォーカスが当たり前となり、こうした表示のあるレンズはほとんどなくなってしまったが、作画を行う上ではピントの範囲やどこからをどのくらいアウトフォーカスにするかは重要なこと。そういえばフィルムカメラには初心者向けのエントリー一眼でも絞り込みのボタンが使いやすい位置に装備されていたが、オートフォーカスになってからほとんど見かけなくなってしまった。

CP2015_04_0930 中判のデジタルカメラは機種も少なくなってしまった。Phase Oneはそうした貴重なカメラの1つで、フィルムバックの代わりにセンサーがビルトインされているといったイメージだ。昔ながらの作画を行おうとするとこうしたカメラを利用するしかないのだろうか

これからは、作画的な観点から絞りは明るさを調節するためでなくピントの合う範囲やボケ量による省略を調節するもので、焦点距離も遠いから望遠でとか、近いから広角というのではなく、パースペクティブ、遠近感を決めるものとして利用し、その上でレンズの性格を生かした作画をする方向へ向かってほしいものである。

さて、前年の大雪から一転して天候に恵まれたCP+2015の参加者数は、過去最高の67,617人となった。CP+2016は、2016年2月25日(木)~2月28日(日)に開催される。


Vol.03 [CP+2015] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-02-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2015]KPIブース:edelkroneポケットシリーズを中心に展開。リグやシネマレンズの展示も

ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は総合ゾーンとプロ動画エリアの2箇所にブースを出展しており、ここプロ向け動画エリアでは各種リグをメインに動画関係の機材を出展。主な新製... 続きを読む

[CP+2015]AJAブース:CIONやKi Pro Quad、ミニコンバーターなどを展示

AJAは同社初のカメラ「CION」や、業界でいち早く4Kに対応したデジタルビデオレコーダーKi Pro Quad、業界定番ともいえる各種ミニコンバーターシリーズを展示。 CI... 続きを読む

[CP+2015]エーディテクノブース:フィールドモニターやマルチコンバーターなどの周辺機器を展示

エーディテクノは、同社製品のHDMI/SDI/コンポジット/コンポーネント対応の5型/7型撮影用小型フィールドモニターのほか、Digital Forecast社のBridgeシリー... 続きを読む

[CP+2015]西華デジタルイメージブース:REDだけじゃない!ビューファインダーやLED照明機器を紹介

REDはすでにNABなどでも静止画撮影のカメラとして雑誌の表紙やポスターなどに活用した事例を紹介しているが、デジタル一眼から動画という流れに対して、デジタルムービーカメラから写真と... 続きを読む

[CP+2015]グラスバレーブース:EDIUSによる編集ワークフローを展示。他社ソフトとの連携も紹介

DSLR動画フォーマットやAVCHDのネイティブ編集、4K対応など映像業界のトレンドにいち早く対応しているビデオ編集ソフトウェアEDIUS Pro。今回もVer.7.4になり、ソニ... 続きを読む

[CP+2015]NEPブース:新製品の機材ケースや電源供給可能なコンバートプレートなどの周辺機器を展示

エヌ・イー・ピー(NEP)は、放送用のバッテリーや充電器を中心に様々な関連製品を扱っており、小型照明やバッグ、レインカバーなどを出展した。 今回、従来プラ製の段ボールより軽量... 続きを読む

[CP+2015]ランサーリンクブース:HDMI 4入力1出力のマルチ4画面出力が可能なスイッチャーが登場

放送機器や各種AV機器、映像装置、HDMI関連のソリューションを扱うランサーリンクは、新製品としてHDMI 4入力1出力のマルチ4画面出力が可能なスイッチャーHD-41SMLのほか... 続きを読む

[CP+2015]平和精機工業ブース:ALLEX S KITのショートタイプとロングタイプが登場!

平和精機工業はALLEX S KITのほか、プロ用ビデオ三脚のRSシリーズおよびRS PLUSシリーズ、ポータブルクレーンSWIFT JIB50KIT、リモートヘッドREMO30な... 続きを読む

[CP+2015]テクニカルファームブース:変換アダプターや自在アームシステムなどを展示

各種撮影関連製品や撮影に必要なオリジナル製品を手がけるテクニカルファームは、放送用のB4マウントレンズをデジタル一眼で利用できる変換アダプターや、三脚ヘッド用ロングプレートなど様々... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]Vol.04 総括:変わりゆくカメラの世界に