PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2016]Vol.05 多種多様に広がるCGの世界
News

[SIGGRAPH2016]Vol.05 多種多様に広がるCGの世界

#SIGGRAPH #SIGGRAPH2016

2016-08-09 掲載

セッション会場に展示された、映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で使われた実物大スーツ
txt:安藤幸央 構成:編集部

SIGGRAPH 2016を振り返る

日々進化を遂げるCG/VFXの世界の情報が集まるSIGGRAPH。今年は下記のような傾向であった。

  • デジタルダブルと呼ばれる俳優の顔や動きをすべてキャプチャして再現する映像に違和感がなくなってきた
  • CG技術が進化すればするほど、実際に世の中にある自然物を観察し、演出可能なCGとして正確に再現しようとする
  • VRの流れが、技術、ソフトウェア、映像コンテンツ、資金とすべての面で大きく動き始めている。優秀な人材は常に不足
  • 映像としてのVRに加えて、触覚、震動、音など付随する体験が不可欠になってきた
  • 3Dプリンターの世界は、高価で高品質な段階から、安価でも高品質、多種多様な色や素材を扱うになってきた
  • 大量のデータを学習させ、結果を導き出す機械学習によって、様々なCG研究の実用展開が期待される
  • Adobe、Intel、Disney Research、Googleを中心とした大学と企業との協同研究の勢いが強く、製品化への期待も強い
  • CG/VFX制作の主力は、アメリカ西海岸以外にも、カナダ、シンガポール、ニュージーランド、イギリスへ

アートギャラリー展示

SIGGRAPHでの人気コーナーの一つにアートギャラリーがある。通常のアート作品とは異なり、CG技術やデジタルテクノロジーを駆使したアート表現が評価される。今年のアートギャラリーのテーマは「Data Materialities」というもので、データを物質化したもの、データやデジタルの要素を現実の世界で具現化した作品が集まっていた。

■Grafikdemo(Niklas Roy氏の作品)
siggraph2016_05_cbm 1977年に発売されたパーソナルコンピュータ「CBM」を改造した作品

Grafikdemoは1977年に発売されたCBM(Commodore Business Machines)を改造した立体表示装置で、現代であればマウスやジェスチャーで操作するであろうところを、あえてキーボード操作にして皮肉ったもの。ディスプレイ部分が丸ごと改造されて物理的な立体表示装置に入れ替わっているが、キーボードのテンキーで回転操作ができるようになっているため、CBMで立体表示できているような感覚に騙される。

※欧州ではCBMという名称だが、米国や日本ではPET(Personal Electronic Transactor)という名称で販売されていたマシン
■Doors(THÉORIZ Studioの作品)
siggraph2016_05_door ドアの前に立って、映像に没入する様子の、SIGGRAPHボランティア学生

Doorsは、ドアの向こうに表示される仮想的な風景映像を楽しむ作品で、視聴者の立ち位置に応じて映し出される映像の位置や方向も連動して変化するため、あたかもドアから向こうの世界を覗き込んでいる気持ちになる作品。


■Facebook Demetricator(Benjamin Grosser氏の作品)
siggraph2016_05_fb 当作品の展示と解説

なかなか作品の意図を理解するのが難しいがFacebook Demetricatorは、Facebookでの「いいね!」の数や投稿への反応の数などの数値を、強制的に非表示にするブラウザ拡張(プラグイン)で、このブラウザ拡張をインストールすると、Facebookから数字的なものが排除され、自己顕示欲や、承認欲求とは無縁の世界でFacebookを使えるようになるという社会的問題提起の作品。


■Submergence(Squidsoupの作品)
siggraph2016_05_led アートギャラリー会場入ってすぐのところに大々的に展示されたSubmergence

Submergenceはアートギャラリー会場入ってすぐのところに大々的に展示された8,064個のLEDを使用した立体的LED表示装置で、会場の良い場所に設置されていたこともあり入場者のほぼすべてが楽しんだとも言える作品だ。同様のLEDで光り輝く作品は数多くあり、これよりも大規模なものもいくつかあるが、本作品のポイントは、LEDの点灯部分それぞれがセンサーにもなっており、人が触れたことにより、光が広がっていく様子がみてとれる。また、VRヘッドセット無しでデータが表示される空間に身をゆだね、そのデータの動きを体感するといった意図がある。


■Plinko Poetry(Deqing Sun氏、Peiqi Su氏の作品)
siggraph2016_05_word ある参加者がチョイスした、偶然の言葉の組み合わせ

Plinko PoetryはTwitterのフィードから、リアルタイムにランダムに言葉をピックアップし詩を作成するもの。アメリカのクイズ番組「Plinko」で登場する抽選の仕組みに真似ている。ボールを落とすと、言葉をひとつひとつピックアップしていく。この写真の例では「プライバシー探究知覚に基づいて、動的高速触発ルマクラウドベースのVR」という訳の分からない詩になっている。

ディズニー・アニメーションが解説する、就職用デモリールの作り方

siggraph2016_05_IMG_1861 質疑応答を交えたカジュアルな雰囲気のセッションの様子

会場の片隅、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが主に求職向けのデモリールの作り方講座を実施していた。そこでの内容を簡単に紹介する。

現在、業界内の職種は細分化されており自分がどの職種を希望として、どの技能をアピールしたいのかを明確にしたデモリールを用意することが重要。ポイントは、下記の7点。

  • 紹介する作品数は厳選して少なく。自慢の1-2作品で充分
  • そのデモリールのどの部分を観て欲しいのか、どの部分を担当したのかを明記。噓はすぐバレます
  • 一人で作ったもので無い場合は、ちゃんと制作クレジットを明記
  • 映像をアピールするのであれば音はいらない。変な音楽を付けると逆効果
  • 昔はビデオテープだったが、今はQuicktimeとPDF:.movファイル、.pdfファイルでWebに置いておいておく
  • 強調したいところは、アンダーラインを書いて目立つ資料にしておく
  • 友達に観てもらったりInstagramに投稿するなど、たくさんの人に観てもらうといい

特に求める職種別にアピールするべき事柄が異なり、照明担当であれば、ブレイクダウンと呼ばれる完成映像に至るまでの解説映像や、エフェクト担当であれば、制作プロセスの解説や手順にどれぐらいの時間をかけたのかもデモリールの中で紹介して欲しいそうだ。

SIGGRAPHを通しての雑感

siggraph2016_05_vr VRを活用して工事用の重機の操作を体験している様子 siggraph2016_05_vr2 VRを活用してレーシングゲームを体験している様子

何度目かのブームと呼ばれているVR。確かに20年くらい前、また10年くらい前、SIGGRAPHの中でもVRがおおいに盛り上がった時期がある。その頃の機材は大変高価で、手軽に何かできるものではなかった。現在では、スマートフォンを活用して安価に体験できるVR機材も多く、一般でも手軽に入手できるようになってきた。またハイエンドのパソコン程度の費用で、超高精細なVR視聴環境が誰でも手に入るようになった。

今回のVRブームの一番の違いは、研究者だけでなく従来の映像コンテンツの担い手が、映像制作の一つの手段としてVRを試し始めていることだ。今までは研究だけ、ハードウェアだけ、もしくはソフトウェアだけといった環境から資金を出す人もいれば、コンテンツの流通を担当する人、報道やニュースの分野などVRをエンターテインメントだけでなく、本来の意味での「リアリティ」を活用する業種での活用例も増えてきている。VR関係者の間で持ちつ持たれつ、相互補完しあう巨大なエコシステムが構築されつつある機運が高まっていることだ。また、新しいメディアが登場した当初にありがちな、従来のコンテンツの単なる焼き直しばかりといったこともなく、VRならではの楽しみ方ができるものも急速に広がっている。

一つ残念なのは、VR視聴デバイスが多種多少で、規格に統一感は無く、混沌としている状況、同じ業界で競争しあっていることと、VRコンテンツ視聴者から確実に収益を得る方法がまだ確立していないことだ。また、現状長時間利用し続けるものでも無いため、従来型コンテンツとの連携も課題となっている。今回の盛り上がりがまたもや単なるVRブームと思われないためにも、従来型の映像コンテンツと同等のクオリティ、裾野の広がり、配給の仕組み、ビジネスモデルの確立、視聴環境の充実を期待したい。

今年2016年の冬12月5日から8日の4日間、カジノの街マカオにて「SIGGRAPH ASIA 2016」が開催される。SIGGRAPH ASIA 2016は、全体的なセッション数、参加者数などを米国SIGGRAPHと比べると規模こそ半分ほどだが、内容は大変充実しており、日本に居るだけではなかなか知り得ない最新情報と、アジアから参加される各国の作品を楽しむことができる(ただしほとんどのセッションは英語でおこなわれる)。

来年2017年のSIGGRAPHは7月30日から8月3日の5日間、SIGGRAPHでは定番の米国ロサンゼルスでの開催が予定されている。映像作りには欠かせないCG/VFX技術の最先端と、業界事情が行き交う次回SIGGRAPHにも期待したい。

txt:安藤幸央 構成:編集部
Vol.04 [SIGGRAPH 2016] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-08-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2020]Vol.02 映像業界のリモートとバーチャルを考える

SIGGRAPH定番の歩くティーポットのお土産、今年はARで楽しむことに txt:安藤幸央 構成:編集部 オンラインならではの楽しみ。定番グッズもARで! SIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2020開催!今年のテーマは「THINK BEYOND」

全てオンラインで開催された異例のSIGGRAPH 2020 txt:安藤幸央 構成:編集部 全てオンラインで開催、異例の大規模カンファレンスSIGGRAPH 2020 ... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.05 技術進歩で制作そのものが変化する。CG技術で進化する映像制作のワークフロー

txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルな撮影、バーチャルな撮影 バーチャルスタジオでの撮影の様子。床面のみ実物で、砂や石ころが敷き詰められている 今年のSIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.04 未来の表示装置と、リアルタイムCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 先端技術展示。未来的のディスプレイデバイスの紹介 最新技術の展示体験コーナー、レーザー描画の絵柄でお出迎え SIGGRAPHの... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.03 最新鋭の映像機器、VR応用の最先端

txt:安藤幸央 構成:編集部 新しい映像配給チャネル、Netflixが考えるCG/VFXと、ストリーミングの勘所 SIGGRAPHのプロダクションセッションと言えば、... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.02 生々しい制作の現場。プロダクションギャラリーで制作の現場に出会う

txt:安藤幸央 構成:編集部 CG/VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは2017年から企画が... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2019開催!今年のテーマは「THRIVE」

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルタイムCGが映像制作の現場に。VR技術で映像制作の可能性が広がる現場 SIGG... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.05 応用例が広がるCG/VFXの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2018全体を振り返る 展示会会場で大人気だったNVIDIAのレイトレーシングブース リーマンショッ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.04 業界における最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 担当者が制作過程を惜しげもなく公開。現場の苦労が聞けるプロダクションセッション プロダクションセッションは、Computer Anima... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2016]Vol.05 多種多様に広がるCGの世界