PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

News

[CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

2017-03-01 掲載

コシナは、同社が扱うCarl ZeissおよびVoigtländerブランドをブース左右対称にしたコーナーに分け、各種レンズの新製品を出展した。Voigtländerブランドでは参考出品として、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 AsphericalおよびNOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズを披露していた。いずれのレンズもクラシカルなデザインでマニュアルフォーカスだが、手ぶれ補正に対応となっている。

Carl Zeissブランドのレンズは、曲線を生かした新しいレンズのラインナップであるMilvusシリーズと最高品質を目指したOtusシリーズのほか、デジタルシネマカメラ用のレンズなども出展されていた。Milvusシリーズはすでに21mm/F2.8、35mm/F2、50mm/F1.4、85mm/F1.4、50mm/F2マクロ、100mm/F2マクロが発売されているが、今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった。用意されているレンズマウントはキヤノンEFとニコンAi-Sマウントの2種類がある。

アクリルケースに収められていたVoigtländerブランドのMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical、NOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズ MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、最大撮影倍率1:2、最短撮影距離31cmのマクロレンズで、F2という明るさを活かしポートレート撮影にも適している NOKTON 40mm F1.2 Aspherical。Eマウントに最適化された光学設計を採用しており、中心から周辺まで安定した画質を実現。絞りクリックの有無が選択可能 Carl ZeissブランドのレンズはMilvusシリーズのレンズとして今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった Milvusシリーズ15mm/F2.8。ディスタゴンタイプのレンズ設計による超広角レンズで周辺部まで優れた画質を達成している。マウントはキヤノンEFおよびニコンAi-S Milvusシリーズ135mm/F2。ゾナータイプのレンズ設計を採用した中望遠レンズで、美しいボケ味と0.8mの最短撮影距離を生かしたポートレイト撮影に適している 今年発売となったCarl Zeissブランドのデジタルシネマカメラ用レンズZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 T ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 Tは交換式レンズマウントを採用しており、PL、EF、E、MFTマウントに交換可能

コシナ/カールツァイスブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.03 カールツァイス小倉氏にラージフォーマット対応Supreme Primeについて聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeのルック、小型化、軽量を実現できた理由を明かす! カールツァイスは5月24日、新しいハイエンドシネレンズシリーズ「Sup... 続きを読む

[NAB2018:カールツァイス]CP.3 XDのレンズ補正のデモやCinema Zoom/Lightweight Zoomを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.04 滑らかなフォーカシングや優秀な光学性能を実現するコシナの交換レンズの秘密に迫る

txt・構成:編集部 名門メーカーブランドの交換レンズを製造、販売する光学総合メーカーへ 長野県中野市に本社を持つコシナは、「フォクトレンダー」ブランドの交換レンズやプ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]カールツァイスブース:25mmの単焦点交換レンズ「Loxia 2.4/25」と「Milvus1.4/25」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器

天候に恵まれた今年のCP+。春の陽気に誘われて… 2018年3月1から4日までの4日間パシフィコ横浜および大さん橋ホールにおいてCP+2018が開催された。今年は横浜に開... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.02 シネプライムレンズの「CP.3」とスチルカメラ用レンズ「Otus」「Milvus」の違いを解説

txt:田中誠士 構成:編集部 CP.3とMilvus、Otusを検証する 「ツァイスレンズのCP.3、Milvus、Otusの違いについて解説する記事を執筆して頂けま... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.01 カールツァイスにCP.3シリーズとOtus/Milvusの特長を聞く

txt・構成:編集部 人気のシネマプライムがリニューアルして発売開始 カールツァイスは、2017年にミドルレンジのシネマプライムであるCP.2シリーズの後継にあ... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展