PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

News

[CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

2017-03-01 掲載

コシナは、同社が扱うCarl ZeissおよびVoigtländerブランドをブース左右対称にしたコーナーに分け、各種レンズの新製品を出展した。Voigtländerブランドでは参考出品として、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 AsphericalおよびNOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズを披露していた。いずれのレンズもクラシカルなデザインでマニュアルフォーカスだが、手ぶれ補正に対応となっている。

Carl Zeissブランドのレンズは、曲線を生かした新しいレンズのラインナップであるMilvusシリーズと最高品質を目指したOtusシリーズのほか、デジタルシネマカメラ用のレンズなども出展されていた。Milvusシリーズはすでに21mm/F2.8、35mm/F2、50mm/F1.4、85mm/F1.4、50mm/F2マクロ、100mm/F2マクロが発売されているが、今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった。用意されているレンズマウントはキヤノンEFとニコンAi-Sマウントの2種類がある。

アクリルケースに収められていたVoigtländerブランドのMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical、NOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4の3本のソニーEマウントレンズ MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、最大撮影倍率1:2、最短撮影距離31cmのマクロレンズで、F2という明るさを活かしポートレート撮影にも適している NOKTON 40mm F1.2 Aspherical。Eマウントに最適化された光学設計を採用しており、中心から周辺まで安定した画質を実現。絞りクリックの有無が選択可能 Carl ZeissブランドのレンズはMilvusシリーズのレンズとして今回15mm/F2.8、18mm/F2.8、135mm/F2の3本がラインナップに新たに加わった Milvusシリーズ15mm/F2.8。ディスタゴンタイプのレンズ設計による超広角レンズで周辺部まで優れた画質を達成している。マウントはキヤノンEFおよびニコンAi-S Milvusシリーズ135mm/F2。ゾナータイプのレンズ設計を採用した中望遠レンズで、美しいボケ味と0.8mの最短撮影距離を生かしたポートレイト撮影に適している 今年発売となったCarl Zeissブランドのデジタルシネマカメラ用レンズZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 T ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 Tは交換式レンズマウントを採用しており、PL、EF、E、MFTマウントに交換可能

コシナ/カールツァイスブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:Carl Zeiss編

60seconds Shot! ■ZEISS CP.3 XD ■ZEISS Supreme Prime Radiance 製品レポート... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]「ZEISS CZ.2シネズームレンズシリーズ」

ラージフォーマットカメラに取り付けたCZ.2 15-30mm T2,9の画角は、スーパー35mm判の10-20mmに相当し、超広角ズームとなる。写真で装着されているカメラはRED ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS Supreme Prime Radiance」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS Supreme Prime Radiance」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS CP.3 XD」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS CP.3 XD」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme Prime Radiance」

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場より。Radianceはレンズ鏡筒上部の刻印と、マウント近くの金色のラインが目印(写真:Kozo Takahashi) 6... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]レンズデータ技術のZEISS eXtended Dataを搭載したシネプライムレンズシリーズ「ZEISS CP.3 XD」

ショーリール「Morpho」の撮影現場で、RED MONSTRO 8K VVに取り付けられたCP.3 XD 35mmレンズ。近年シネマカメラが小型化していることに対応し、レンズも軽... 続きを読む

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展