PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

News

[NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

2017-05-15 掲載

Adobeブース360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Adobeブースレポート

Adobeは、Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表した。Premiere ProやAfter Effectsに新しく搭載した機能としては、After Effectsで提供されていたモーショングラフィックステンプレートをPremiere Proでも搭載したほか、エッセンシャルサウンドパネルの搭載やXAVCの再生パフォーマンスの改善とXAVC HLGの読み込みと出力を実現。また、Premiere ProとAdobe Stockの連携が強化されている。

新機能や機能強化についてのデモがブース内で行われていた。ブース裏手に個別のコーナーが設けられ、そこではさらに詳細な説明が行われていた 新しいタイトルツールが搭載されたPremiere Pro。これまでのタイトラーは廃止され、PhotoshopやIllustratorと同じテキストエンジンに基づく新しいタイトル作成機能を使用して、ビデオ上に直接グラフィックオブジェクトやタイトルを簡単に作成できる機能も加わった

VRビデオは通常、正面をいったんきめてしまうと方向の変更は難しかったが、Premiere Proに「VR投影法」と呼ばれるエフェクトが追加され、正面の位置をパン、チルト、ロールといった形で指定することができるようになった。

このほかにも、歩行の足のアニメーションを作れる「キャラクターアニメーター」機能の搭載や、NewTekのIPプロダクション向けのオープンプロトコルネットワークデバイスインターフェイス「NDI」にも対応。Adobe Photoshop CCやAdobe Illustrator CCで作成された複数のパペットをアニメーション化可能なCharacter Animatorのほか、Creative Cloudグループ版とエンタープライズ版で提供されるクラウドファーストの共同作業ワークフローが新たにDynamic LinkとAdobe Media Encoderに対応し、さらに効率化された連携作業環境を構築することができる仕様になった。

After Effectsにはフレームの中の手振れを自動的に補正する新プラグイン「カメラシェイクデブラー」を搭載。カメラの揺れにより生じるモーションブラーを軽減することで、これまで使えないとされていたような映像素材を使用可能にする チームプロジェクト(ベータ版)。Dynamic LinkとAdobe Media Encoderに対応することで、さらに効率化された連携作業環境を構築することができるようになった Adobe Stockの動画素材をPremiere Proのパネルの中のサムネールから内容を確認することができるようになった Character Animator(ベータ版)。Adobe Photoshop CCやAdobe Illustrator CCで作成された複数のパペットをアニメーション化できるようになった

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-05-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019]Adobeブース(動画)

NAB2019のAdobeブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[NAB2018:Adobe]Premiere ProやAfter Effectsの最新バージョンを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:江口靖二 構成:編集部 隆盛誇るVR。その課題はなんだろう? 今年はノースホールの一角に、Virtual and Augmented Reality Pavil... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.03 地味に重要なHDRとSDRが混在する時代のワークフロー

txt:江口靖二 構成:編集部 HDRについて考える CESなどでは、HDRに関する展示や提案が非常に多くなっている。それらは再生側、ディスプレイに関する技術の... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2017レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 前回に続いて会場の各社ブースを紹介して行こう。 パナソニック パナソニックはブース名もPOVCAMとし、POVCAMを中... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2017]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2017レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年のNABの総括をAfterNABshowで考える 2017年5月30日の大阪グランドフロント大阪に続き東京秋葉原のUD... 続きを読む

特集記事

IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表