PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

News

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

2017-07-06 掲載

txt岡英史 構成:編集部

今年は暑いか?熱いか?

7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは何と言ってもNABなどで出品されていたモックや参考出品物が、実機あるいはβ機種として展示されていることが非常に多いからだ。今回は前週に関西放送機器展(KBEE)が開催された直後なのでどの位新規のガジェットが飛び出してくるかはわからないが、KBEEとは違いQBEE独特の雰囲気の中今年もいろいろ期待したい。

そういった意味もありQBEEに関してはいつも前日の仕込み日から会場入りし、情報収集と言うよりも各メーカーさんに挨拶回りと雑談と言うのがQBEEの習わしとなっている(もちろん我々だけだろうが…)。詳しい内容は本日からの本編(動画付き)を見ていただくとして、開催当日のイントロDAY00と言うことでいろんな想像をして見てほしい。

銀一

ステディカム関連では新しいアナウンスは特に控える感じで、同社の扱っているRODEの新製品を数種類出展している。このマイクもどこかで見たような感じだが、ポイントは受信機の据え置きタイプの発表だ。外部アンテナ対応なのでWi-Fi帯域とは言え、しっかりと受信可能となる。

ATOMOS

※写真は会期前日の様子

すでに関西放送機器展でも展示していたSUMOを中心に展示。MEDIAEDGEと共同ブースなのが目新しい。

D-STORM

※写真は会期前日の様子

4K対応のTriCasterを中心に、IPソリューションの技術展示。Panasonicブースの旋回カメラをコントロールしているのは毎度お馴染みのパフォーマンス。

KPI

グライドカム製の新型3軸ジンバルの展示と、スタビライザー用の1軸ロール制御システムが面白い。約2kgまでのカメラに対応。

その他

前日にサラッと見た感じでは、以上のブースがセッティング中で話をお聞きすることができた。もちろん大御所のSony・Panasonic・CanonブースもQBEEにしっかりと出展している。Sonyは先日大阪でもセミナーをさせてもらったMCX-500が次期ファームを載せての展示。

PanasonicはCineGearで発表されたAU-EVA1がケースの中に鎮座している。CanonはもちろんC200とC200Bの展示を中心に固めていた。朋栄はNABでの技術発表された機材の実物がサンプル稼働し、さらに新型のENG伝送装置などこちらも見応えがあるだろう。

さて、何が出て来るのか?乞うご期待

前週に関西放送機器展が開催されたといえ、やはり九州放送機器展は独特の雰囲気がある。土地柄も含めてなのか、InterBEEに比べると場内全体が非常に緩い?空気になっている感じがする。それはメーカー担当者も同じなのか通常の展示会よりは気軽に質問をし易い感じを受ける。

毎度お馴染みQBEEならではの初出展物も数多くあるので、今年は天候がやや心配だが、九州地区の特にミドルレンジは是非来て触って頂きたいと思う。それでは会場に足を運ぶとする。レポートを待たれよ!

txt岡英史 構成:編集部
[QBEE2017] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-07-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Photokina2018]Vol.04 スチルカメラの祭典から動画系の情報をお届け

txt:手塚一佳 構成:編集部 Photokina2018は単にスチルカメラの祭典というだけではない。そもそも今や動画の一定番となった一眼動画はこのPhotokinaから始ま... 続きを読む

[IBC2018]Vol.06 会場から気になるブースをピックアップPart3

txt:猿田守一・編集部 構成:編集部 AJA、IBC2018で8つの新製品と現行製品のアップデートを発表 AJAは、IBC2018にて8つの新製品と現行製品の... 続きを読む

[IBC2018]Vol.05 会場から気になるブースをピックアップPart2

txt:猿田守一 構成:編集部 Blackmagic Design Blackmagic Designは、昨年と変わらず大きなブースを構えソリューションを展示。中で... 続きを読む

[IBC2018]Vol.04 ブロックチェーンで映像ビジネスはこう変わる

txt:江口靖二 構成:編集部 AI関連のセッションが18本もあったIBC2018では、もう一つ、日本ではほとんど扱われていないブロックチェーン関連のセッションが少なくと... 続きを読む

[Photokina2018]Vol.02 プレスカンファレンスからみる今年の動向02

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部 富士フイルムプレスカンファレンス 富士フイルムのプレスカンファレンスでは、和製ジョブズとの名も高い飯田年久事業部長の演出に... 続きを読む

[IBC2018]Vol.03 IBCではAIによる放送・映像ビジネスの変革が大きなテーマ

txt:江口靖二 構成:編集部 AI技術を放送業務で実装すること。何のためにAIを利用するのか? 2つのデータソース間の変換を学習するcycleGAN(HEXAGLOB... 続きを読む

[IBC2018]Vol.02 会場から気になるブースをピックアップPart1

txt:猿田守一 構成:編集部 引き続き、IBC2018の会場から気になったブースから取り上げていきたい。 ARRI ARRIブースではALEXA LF 3.... 続きを読む

[Photokina2018]Vol.01 会期前に大きな発表が行われたプレスカンファレンスから01

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部 会期前に流れる大きな話題はプレスカンファレンスから Photokinaはドイツ、ケルンメッセで行われるスチルカメラの祭典だ。今年は... 続きを読む

[IBC2018]Vol.01 一歩先の未来を見るならIBCへ行こう!

txt:猪蔵・猿田守一 構成:編集部 新しい技術をすぐさま取り入れる欧州展示会の姿 今年も欧州最大の映像・放送の展示会「IBC(International Broadcas... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編