PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

News

[BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

2017-09-06 掲載

機会があれば訪問するべし!近くて遠い中国

ダイナミックに躍進を続けるお隣中国。すでに頭打ちであると言われているが、破竹の勢いで経済成長を遂げ、今や世界第2位のGDPを誇る中国。10年前の中国製品のイメージというと安かろう悪かろうというイメージが大きかった。その勢いは止まらない。数年前から中国の映像業界はすごい。と多くの声が聞かれた。

今回は、その中国で開催されるBIRTVに参加する機会を得たので取り上げてみたいと思う。混沌としているがそれは成長過の証で、展示の方法を見ているとその隆盛ぶりがうかがえる。ただ分母の数が多いと言うわけではなく、映画、テレビ、CATV、OTT、Webそれぞれの映像分野の共存していることも繁栄のひとつと思われる。それではダイナミズムを感じずには入れれない中国の放送機器展BIRTVを紹介して行こう。

メーカーとユーザーの距離が近く感じる展示会

txt:岡英史/編集部 構成:編集部

BIRTVは中国・北京で開かれている放送機器展。アジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模なもので、その存在は随分前から知っていた。中国語が全くわからない状況の中、今回は久しぶりに、スイッチャー侍こと小寺信良氏と中国入りをすることになった。筆者的には中国は初めての海外取材場所でもあり、久しぶりに戻ってきたという感覚だ。

この放送機器展に頻繁に参加している方々の評判は、マンネリ化した臭いがする、またはIBC前の予行演習と口悪い方が言うのを聞いてたので、正直そんなに期待していなかったが、いざ現場に行ってみると、独特ではあるがその賑わいには少々ビックリした。

大手メーカーは当然のように出展している

展示内容に関しては、昼に北京入りし、初めての展示会なので勝手がわからず、とりあえず定番と思われるブースから挨拶回り。さすがに大手メーカーには日本からのスタッフがいないが、お客の入りは思っていた以上に多く、この展示会の注目度がよく分かる。

何やら何処かで見たものとそっくりの物が…。REDよりも先に6Kカメラを世に送り出した北京の企業KINEFINITY

中国製品の印象としてコピー物や品質の低さを感じていた。確かにその手のものも多いが、一部のコピー品は外見だけをなんとなく真似てみたというより、完全にオリジナルと同レベルのコピー製品も数多く展示させている。

これらのコピー品、良い悪いは別にして、筐体の質感やパーツの組み合い方を見ると意外と手作業でしっかり作っているのかもしれない。

国内某バッテリーメーカーが何やら怪しいものを手に…

初日は自由に見回れる時間がなかなか取ることができなかったが、ザッと見た感じでは、初物はやはり楽しい。NABやInterBEEのように綺麗に作られているものと違い、BIRTVはユーザーとの距離も近く、これはこれでアリの展示会だろう。

特に長屋系ブースは、何だこれ?というものからカラーリングや中身まで完全にコピーされたものなど、非常に多種多様でおもしろい。今回は2泊3日と言う短い期間だが次回からは大いに楽しみたいと思っている。


[BIRTV 2017] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 五感を研ぎ澄ませば見えてくること GoogleがCES2018特設テントやGoogle Assist採用プロダクトブースへのス... 続きを読む

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!