PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!
News

[BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

#Report NOW! #BIRTV

2017-09-06 掲載

機会があれば訪問するべし!近くて遠い中国

ダイナミックに躍進を続けるお隣中国。すでに頭打ちであると言われているが、破竹の勢いで経済成長を遂げ、今や世界第2位のGDPを誇る中国。10年前の中国製品のイメージというと安かろう悪かろうというイメージが大きかった。その勢いは止まらない。数年前から中国の映像業界はすごい。と多くの声が聞かれた。

今回は、その中国で開催されるBIRTVに参加する機会を得たので取り上げてみたいと思う。混沌としているがそれは成長過の証で、展示の方法を見ているとその隆盛ぶりがうかがえる。ただ分母の数が多いと言うわけではなく、映画、テレビ、CATV、OTT、Webそれぞれの映像分野の共存していることも繁栄のひとつと思われる。それではダイナミズムを感じずには入れれない中国の放送機器展BIRTVを紹介して行こう。

メーカーとユーザーの距離が近く感じる展示会

txt:岡英史/編集部 構成:編集部

BIRTVは中国・北京で開かれている放送機器展。アジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模なもので、その存在は随分前から知っていた。中国語が全くわからない状況の中、今回は久しぶりに、スイッチャー侍こと小寺信良氏と中国入りをすることになった。筆者的には中国は初めての海外取材場所でもあり、久しぶりに戻ってきたという感覚だ。

この放送機器展に頻繁に参加している方々の評判は、マンネリ化した臭いがする、またはIBC前の予行演習と口悪い方が言うのを聞いてたので、正直そんなに期待していなかったが、いざ現場に行ってみると、独特ではあるがその賑わいには少々ビックリした。

大手メーカーは当然のように出展している

展示内容に関しては、昼に北京入りし、初めての展示会なので勝手がわからず、とりあえず定番と思われるブースから挨拶回り。さすがに大手メーカーには日本からのスタッフがいないが、お客の入りは思っていた以上に多く、この展示会の注目度がよく分かる。

何やら何処かで見たものとそっくりの物が…。REDよりも先に6Kカメラを世に送り出した北京の企業KINEFINITY

中国製品の印象としてコピー物や品質の低さを感じていた。確かにその手のものも多いが、一部のコピー品は外見だけをなんとなく真似てみたというより、完全にオリジナルと同レベルのコピー製品も数多く展示させている。

これらのコピー品、良い悪いは別にして、筐体の質感やパーツの組み合い方を見ると意外と手作業でしっかり作っているのかもしれない。

国内某バッテリーメーカーが何やら怪しいものを手に…

初日は自由に見回れる時間がなかなか取ることができなかったが、ザッと見た感じでは、初物はやはり楽しい。NABやInterBEEのように綺麗に作られているものと違い、BIRTVはユーザーとの距離も近く、これはこれでアリの展示会だろう。

特に長屋系ブースは、何だこれ?というものからカラーリングや中身まで完全にコピーされたものなど、非常に多種多様でおもしろい。今回は2泊3日と言う短い期間だが次回からは大いに楽しみたいと思っている。


[BIRTV 2017] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!