PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2017]Day01:映像表現の多様化からみえる今年2017年の動向とは

News

[InterBEE2017]Day01:映像表現の多様化からみえる今年2017年の動向とは

2017-11-16 掲載

[InterBEE 2017]会場出口インタビュー

今年は11月15日より開催中の Inter BEE 2017

昨夜からの雨も快晴となり、本日15日からInterBEE2017が開催された。今年は幕張メッセ国際展示場1ホールから8ホールまでを使用し、「プロオーディオ部門」「映像表現/プロライティング部門」「映像制作/放送関連機材部門」「ICT/クロスメディア部門」の4部門と、過去最大規模の開催となっている。4K/8KやIP伝送、クラウド、ネット配信のほか、昨年から登場した360°映像、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)による新たなコンテンツ体験の提案のほか、今年はAIの活用やVR・ARなどを利用した新しいコンテンツ体験も加わっている。

4K/8KやHDRなどは従来からの映像制作の延長線上にあるものだが、IP伝送やクラウド、ネット配信がシステムの中に組み込まれる方向が示され、従来の放送という概念から新たな放送への飛躍が感じられる。IPに関してはソニーが中心となっているIPライブ伝送システムと、グラスバレーなどが中心のAIMSの2つが有力視されているが、将来的には1本化されていくと考えられる。

VR IR AIなどの新領域、そしてIPへの移行は?

一方VRやARは新たな視覚効果として4K/8Kの先を行く映像世界を占う上で興味深い部分である。従来型のディスプレイを使って自由な視点で映像を視聴したり、半球ドームやHMDにより人間の視野いっぱいに映像を展開し、更にアクチュエータと組み合わせた椅子や送風機などを加えることでアミューズメント施設や各種イベントなどへの応用が進んでいるようだ。なかにはすでにフィルムの時代で実現されたものもあるが、4K/8Kが実用になることで、フィルム時代にはなかったシステムとして発展していくようだ。

AIはすでに映像業界以外でも盛んに使われているトレンドキーワードといえるだろう。放送業界ではすでにあるアーカイブ映像から特定のキーワードで検索したり、長尺の素材から必要な編集点を特定したり、今まで人力で画像にインデックスを付けたり、1つ1つ映像を確認しながら必要な部分を見つけたりする作業の自動化などが考えられる。ある程度決まったフローのあるものなら自動編集や撮影時のカメラ操作などもAIの対象になるだろう。AIは夢の世界を語っているようなところもあり、現実にどう落とし込んでいくのかが課題となりそうだ。

名称が「国際放送機器展」から「InterBEE」になってからすでに10年以上になると記憶しているが、その間には放送と通信の融合、4K/8Kやデジタルシネマ、3Dなど様々な流れがあった。その中で最も大きな流れはネットやカメラなどのビデオ機器の発展により、個人レベルでも多くの視聴者をワールドワイドでつかむことができるようになったことだと思う。既存の放送から新たなメディアの登場により、送り手と受け手の区別がなくなり、放送機器の定義も大きく変わってきており、今年はそういう意味で節目の年といえそうだ。

IPライブ伝送システムはIIJに置かれたリモートスタジオやNEXIONの回線を使いアライアンス加盟各社のブースにある機器とIP接続し、映像や音声などを相互に利用できるようにしていた。実証実験ともいえ、年々規模が大ききなってきている(ソニーブース) 朋栄ではIPライブ伝送システムによりIIJ飯田橋の映像のほか、ソニーブースの映像なども相互利用できるようになっていた IP伝送ではネット関連のIT機器が欠かせない存在となるが、シスコシステムズは老舗のITメーカーとして映像業界にも積極的だ クロマキー用のグリーンやブルーのバックを使わずにキーイングが可能なZレンズ社のZキー3Dキーイングシステム。特殊な撮影装置を使用することで、人物などの背景にCG合成をすることが可能。ナックブース JVCのVR制作ソリューション。同社のカメラユニットを採用したRTi社の360°カメラHAWK2およびヘッドマウントディスプレイIDEALENS K2+による4K60p対応のシステムで、特殊なミラーを組み合わせた光学系により360°シームレスな映像を撮影可能。参考出品 ソニーデジタルスチルカメラCyber-shot DSC-RX0による全天周撮影システム。コンセプト展示 6つのレンズを搭載し360°撮影可能な8K対応VRカメラInsta360Pro。小型タイプのInsta360 ONEとともにワークフローも含めたデモを行っていた。アスク

IBM Cloudライトカウント。WatsonAPIを使用することができるクラウドサービス。サブスクリプションやPsy As You Goなどいくつかのプランが用意されているが、ライトアカウントという無料プランもある

INTER BEE IGNITION「アンドロイドERICAの部屋」では、日本テレビが開発した自律型アンドロイド「ERICA」が来場者とのかけあいをしたり、Inter BEEの1日のできごとをニューススタイルで紹介する「デイリーレポート」を開催
[Inter BEE 2017デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ブラックマジックデザイン:グラントCEOはかく語りき〜Creative Firstの思い

InterBEE2017、今年も過去最大コマ数を誇り、絶好調なBlackmagic Design社グラント・ペティCEOが来日しているということで、夏のインタビューに続いて再度イン... 続きを読む

[InterBEE2017 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2017の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2017に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2017]ATENジャパンブース:4K対応のIP KVMエクステンダーやタブレットで簡単に制御できるマトリックススイッチャーを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2017]Avidブース、「DNxIQ」「DNxIV」の展示や「Media Composer | Cloud VM」を参考出展

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]シュア・ジャパンブース:AXT DigitalワイヤレスシステムやADシリーズなど、一新されたワイヤレスマイク製品を展示

Shureは6月に発売になったAXT Digitalワイヤレスシステムのほか、10月発売のADシリーズ送信機や、2018年中旬発売予定のADXシリーズ送信機など、一新されたワイヤレ... 続きを読む

特集記事

QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2017]Day01:映像表現の多様化からみえる今年2017年の動向とは