PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

News

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

2018-01-16 掲載

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部

米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製品の競演の場という印象だったが、近年では「モノ」より「コト」へソリューション提案がメインとなっているようだ。筆者はCESへの参加は今回が初めてだったが、出展社数は4,000社を超え、大手メーカーからベンチャー、産官学共同など大小入り混じった熱気を感じる。

中でも注目度の高いSonyのプレスカンファレンスでは有機ELのBRAVIAや、ヘッドホンを始めとしたコンシューマー製品が多数発表された中で、今回はデジタルスチルカメラ「DSC-RX0」用のカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を取り上げたいと思う。

カメラコントロールボックス CCB-WD1で広がる映像の可能性

CES2018のソニーブースの中でもカメラ展示コーナーで目を引くのがデモンストレーションステージだ。

ダンサーによるステージはダンサーの動きをα9の高速連射で捉えるためのステージだと思ったが、ステージをよく見ると昨年10月末に発売されたコンパクトカメラDSC-RX0がずらりと弧を描くように並べられている。これも全てRX0かと思いきや、2台一組のうち1台はよく見ると背面の仕様がRX0と異なる。

システムの構成はカメラDSC-RX0と新しく発表されたカメラコントロールボックス「CCB-WD1」のセットが16セット並べられていた。DSC-RX0がリリースされた時に「より安定した有線接続のためのカメラ操作と高精度な同期を可能にするカメラコントロールボックスを開発中」としていたが、それが今回のCESで初お目見えとなった。

元々RX0は専用アプリケーションを使った場合は5台まで、別売の専用コマンダーとレシーバーを使えば15台までの複数台による撮影が可能だったが、今回発表されたCCB-WD1を使うことで、イーサネット経由で最大100台まで可能となる(※近日公開予定のRX0のFWアップデートが必要)。

実際にCESのデモステージでも周囲のWi-Fi対応機器のデモンストレーションも多く回線が不安定でせっかくのデモが成立せず、「ちょっと会場の回線が不安定で…でも実際の環境ではスムーズに作動します」という営業トークはCESに限らず、日本の展示会でもよく聞く言葉だろう。実際の撮影においても必ず周囲の電波状況に左右されない環境とは限らない。そうした場面で確実に動作が見込める有線接続のためのアクセサリーは心強いものとなるだろう。

またこのコントロールボックスはカメラRX0と全く同じサイズになっている。RX0のデザインも光軸を合わせやすいようにカメラのレンズ位置をカメラ中央、上下/左右対称に設計されている。写真のとおり、RX0の別売カメラケージを装着することができるので、デモンストレーションのステージのような横一列のセッティングやカメラとコントロールボックスを上下に組んだ場合にもカメラとのセッティングもケージ同士のマウントにより容易にできる。

コンパクトながらも最高約16コマの高速連写、最大960fpsのスーパースローモーション、外部レコーダーとの組み合わせで4K30p出力可能、S-Log2対応と多機能なRX0だったが、このコントロールボックスとの組み合わせで更に多視点撮影の可能性が拡がる。実際の撮影現場ではどのようなセッティングにアレンジされ、どのような映像ができるのか。現場の皆さんの創意工夫(DIY)も期待し、日本での正式な発表を待ちたい。

Sony | Cyber-shot | RX0 – Fly into Ørbit


txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部
Vol.02 [CES2018] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2018]Vol.09 ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」で大団円〜Film部門成功の理由

txt:宮川麻衣子(未来予報)with Tom INOKAWAa.k.a.猪蔵 / 構成:編集部 Filmは大作とローカル作品をバランス良く共存させることに成功している ... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 SXSWへ7回目の参加となった今年、常にその変化を感じながらも、今年は自分にとってより大きな転換を感じた年だった。イベントは水物... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.07 成熟しはじめたVR市場から見る、これから必要となる新しい視点と倫理

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 気になるVRについても考えてみよう SXSWが開催前に発表した2018年のトレンドの一つとして「THE VR MARKET... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.06 SXSW発バリー・ジェンキンス監督が語るアカデミー作品賞「Moonlight」までの軌跡

txt:Kana YAMAMOTO 構成:編集部 やはり豊作だった25周年を迎えるFilm部門 フィルム、インタラクティブ、ミュージックの祭典SXSW。今年25周年を迎えた... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.05 人気ドラマ「ウエストワールド」セッションにイーロン・マスク飛び入り参加。ただ上映するだけではないSXSWが仕掛けの巧妙さ

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 映画もドラマもプレミア上映。インフルエンサーを取り込む仕掛けがそこに! Westworldのクリエイティブチームと... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 未来学者たちの「ポスト・テクノロジー化」を象徴するSXSW2018 「シンギュラリティ(人工知能が人間を越える技術的特異点... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]シグマブース:14-24mm F2.8 DG HSM | Artなど9本の新製品レンズラインナップを発表展示

シグマブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

特集記事

NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性