PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

News

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

2018-01-16 掲載

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部

米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製品の競演の場という印象だったが、近年では「モノ」より「コト」へソリューション提案がメインとなっているようだ。筆者はCESへの参加は今回が初めてだったが、出展社数は4,000社を超え、大手メーカーからベンチャー、産官学共同など大小入り混じった熱気を感じる。

中でも注目度の高いSonyのプレスカンファレンスでは有機ELのBRAVIAや、ヘッドホンを始めとしたコンシューマー製品が多数発表された中で、今回はデジタルスチルカメラ「DSC-RX0」用のカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を取り上げたいと思う。

カメラコントロールボックス CCB-WD1で広がる映像の可能性

CES2018のソニーブースの中でもカメラ展示コーナーで目を引くのがデモンストレーションステージだ。

ダンサーによるステージはダンサーの動きをα9の高速連射で捉えるためのステージだと思ったが、ステージをよく見ると昨年10月末に発売されたコンパクトカメラDSC-RX0がずらりと弧を描くように並べられている。これも全てRX0かと思いきや、2台一組のうち1台はよく見ると背面の仕様がRX0と異なる。

システムの構成はカメラDSC-RX0と新しく発表されたカメラコントロールボックス「CCB-WD1」のセットが16セット並べられていた。DSC-RX0がリリースされた時に「より安定した有線接続のためのカメラ操作と高精度な同期を可能にするカメラコントロールボックスを開発中」としていたが、それが今回のCESで初お目見えとなった。

元々RX0は専用アプリケーションを使った場合は5台まで、別売の専用コマンダーとレシーバーを使えば15台までの複数台による撮影が可能だったが、今回発表されたCCB-WD1を使うことで、イーサネット経由で最大100台まで可能となる(※近日公開予定のRX0のFWアップデートが必要)。

実際にCESのデモステージでも周囲のWi-Fi対応機器のデモンストレーションも多く回線が不安定でせっかくのデモが成立せず、「ちょっと会場の回線が不安定で…でも実際の環境ではスムーズに作動します」という営業トークはCESに限らず、日本の展示会でもよく聞く言葉だろう。実際の撮影においても必ず周囲の電波状況に左右されない環境とは限らない。そうした場面で確実に動作が見込める有線接続のためのアクセサリーは心強いものとなるだろう。

またこのコントロールボックスはカメラRX0と全く同じサイズになっている。RX0のデザインも光軸を合わせやすいようにカメラのレンズ位置をカメラ中央、上下/左右対称に設計されている。写真のとおり、RX0の別売カメラケージを装着することができるので、デモンストレーションのステージのような横一列のセッティングやカメラとコントロールボックスを上下に組んだ場合にもカメラとのセッティングもケージ同士のマウントにより容易にできる。

コンパクトながらも最高約16コマの高速連写、最大960fpsのスーパースローモーション、外部レコーダーとの組み合わせで4K30p出力可能、S-Log2対応と多機能なRX0だったが、このコントロールボックスとの組み合わせで更に多視点撮影の可能性が拡がる。実際の撮影現場ではどのようなセッティングにアレンジされ、どのような映像ができるのか。現場の皆さんの創意工夫(DIY)も期待し、日本での正式な発表を待ちたい。

Sony | Cyber-shot | RX0 – Fly into Ørbit


txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部
Vol.02 [CES2018] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

txt:江口靖二 構成:編集部 Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存... 続きを読む

[CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」

txt:小寺信良 構成:編集部 会場の一つであるSands Expoの1階は、Vol.02でもお伝えしたが、スタートアップやベンンチャーが沢山集まった「Eureka Park... 続きを読む

[CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界

txt:小寺信良  構成:編集部 気になるBOSMAの8Kカメラとは PRONEWS的には大注目のシャープ8Kビデオカメラだが、ここCESで発表されたのはそれだけではな... 続きを読む

[CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する

txt:清水幹太  構成:編集部 VR/ARへの半信半疑な思いが解消されてきた VR/ARという言葉が市民権を得て久しい。しかし、筆者はここまで常に、狭い意味でのVR/... 続きを読む

[CES2019]Vol.04 シャープ、カメラ事業再参戦?8Kビデオカメラを鋭意開発中

txt:小寺信良  構成:編集部 CES2019にシャープが久々に出展した。今回は8K Ecosystemの一部として参考出展した8Kビデオカメラのお話しを伺ってきた... 続きを読む

[CES2019]Vol.03 自動運転から環境問題、「これから」のテクノロジースタートアップ6選〜Eureka Parkの台頭

「Eureka Park」もいよいよ商標登録されている! txt:西村真里子・編集部 | 構成:編集部 「これから」の時代に必要なプロダクトを展示した「Eureka Par... 続きを読む

[CES2019]Vol.02 ついにベールを脱いだストリーミングミキサーを直撃!~Roland「VR-1HD」

txt:小寺信良  構成:編集部 噂の新製品「VR-1HD」をじっくり見てきた 現地時間の1月8日、米国ラスベガスにてCES2019が幕を開けた。すでにその3日前からプ... 続きを読む

[CES2019]Vol.01 CES2019開催〜「コネクテッド時代」から「データ時代へ」今年も立ち上がる多様な新技術と新製品

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部 2019年のテックトレンドを追うCES2019開催前に CES2019がいよいよ始まる。今年は2019年1月8日から1月11日... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.10 SXSWワールドプレミアから全国上映へ「旅するダンボール」ができるまで

txt:猪蔵 編集部/ 構成:編集部 現地での反響を受け広がる上映の道 アカデミー賞とカンヌ映画祭をつなぐのはSXSW Film部門ではないのか?と言われるほど... 続きを読む

特集記事

CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性