PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

News

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

2018-01-17 掲載

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部

CES2018で気になったディスプレイ製品色々

サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」

CES2018のディスプレイ関連ではサムスンから今後が注目される新しいディスプレイ、マイクロLEDディスプレイ「The Wall」が発表された。

サムスンブースでの展示の模様

マイクロLEDディスプレイは、RGBそれぞれの極めて小さいLEDを画面に並べた方式だ。LED自体が発光するのでカラーフィルターが不要であり、発光しなければ完全なる黒が実現できる。こうしたLEDディスプレイは、屋外ビジョンではすでにおなじみであるが、LEDのサイズがせいぜい1ミリピッチ程度なので、家庭のテレビのような視聴距離やサイズには向いていない。

CES2012で発表されたCrystal LED Display

また類似の技術としては、2012年のCESでソニーが発表した「クリスタルLED」がある。これは55インチの2Kディスプレイを600万個のLEDを駆動させるものであったがコスト面などから製品化されることはなかった。その後発展型として、「CLEDIS」が2015年に発表されているが、これはステージやデジタルサイネージなどの利用を前提としたものであり、ソニーブースには従来最大級のCLEDISが設置されプレゼンテーションに利用されていた。

ソニーブースに設置された過去最大級サイズのCLEDIS

今回展示されたサムスンのマイクロLEDシスプレイ「The Wall」は146インチで解像度は4K。輝度は2,000nitsとのことである。ユニットを組み合わせてディスプレイ化するようだが、ユニットのサイズや解像度は現時点で公表されていない。画質は若干白トビがあるもののかなり良好だ。4Kということは2500万個ものLEDを実装していることになるので、製造面、制御面の両方から極めて高い技術が必要で、家庭のテレビとして成立させられる価格になるかどうかは未知数である。

中央上部の平行線はブース照明の映り込み

なおこれまでよく言われる「LEDテレビ」というのはバックライトにCCFL(冷陰極管)に代わってLEDを使用しているものであって、単なる液晶テレビにすぎない。

もう一つ、LGからは「ナノセルディスプレイ」が発表された。LGのプレスカンファレンスではその詳細についての言及はなく、ナノセルというのはナノLEDのことで、サムスンと同様の技術で一騎打ちかと想像してブースに足を運んでみたところ、実はそうではないことがわかった。

LGのメディアカンファレンスで発表されたナノセルディスプレイ 60度の視野角でも色の再現性を維持するという LGブースの展示 ナノセルディスプレイのポジショニング(LG Webページより) ナノセル粒子による表現波長の違い(LG Webページより)

LGのWebページでは、

「Nano Cell Technologyは、不要な光の波長を吸収し、画面に表示される赤と緑の色の純度を高めるナノ粒子を使用します。その結果、劇的で画質が向上し、映画のような経験が得られます。さらに、もう一つのメリットがあります。LGのIPSパネルにナノセルテクノロジーを使用することで、幅広い視野角(60度まで)で幅広い色を見ることができるため、家の中で最高の座席のために競争する必要がありません。 Nano Cell Technologyを搭載したLG Super UHDテレビでは、映画館を持ち帰り、皆さんに素晴らしい席を与えてくれます」Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

と記載されていた。つまり、ナノ粒子が不要な光をフィルタリングしているようなイメージだろうか。実際の映像は確かに視野角による色の変化は従来よりも少ない。

またソニーは「X1 Ultimate(プロトタイプ)」という、8Kまでの映像処理能力を持つ新プロセッサを発表した。ソニーブースでは85インチ8K、10,000nitsという超高輝度の液晶パネルと組み合わせて展示を行っていた。この新プロセッサX1 Ultimateは、従来のX1 Xtreamに対してリアルタイム処理能力が2倍になっているという。

メディアカンファレンスで発表するソニー平井CEO X1 Ultimate + 8K HDRのデモのスペック 85インチ8K HDR 10,000nits

10,000nits 8K HDRから得られる映像は従来の映像づくりでは意識しなくても良かったような領域までも再現されている感じがする。これは、撮影時はもちろんだが、グレーディングの重要性がますます増してくることを予感させるものだ。

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部
Vol.04 [CES2018] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2018]Vol.09 ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」で大団円〜Film部門成功の理由

txt:宮川麻衣子(未来予報)with Tom INOKAWAa.k.a.猪蔵 / 構成:編集部 Filmは大作とローカル作品をバランス良く共存させることに成功している ... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 SXSWへ7回目の参加となった今年、常にその変化を感じながらも、今年は自分にとってより大きな転換を感じた年だった。イベントは水物... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.07 成熟しはじめたVR市場から見る、これから必要となる新しい視点と倫理

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 気になるVRについても考えてみよう SXSWが開催前に発表した2018年のトレンドの一つとして「THE VR MARKET... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.06 SXSW発バリー・ジェンキンス監督が語るアカデミー作品賞「Moonlight」までの軌跡

txt:Kana YAMAMOTO 構成:編集部 やはり豊作だった25周年を迎えるFilm部門 フィルム、インタラクティブ、ミュージックの祭典SXSW。今年25周年を迎えた... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.05 人気ドラマ「ウエストワールド」セッションにイーロン・マスク飛び入り参加。ただ上映するだけではないSXSWが仕掛けの巧妙さ

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 映画もドラマもプレミア上映。インフルエンサーを取り込む仕掛けがそこに! Westworldのクリエイティブチームと... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 未来学者たちの「ポスト・テクノロジー化」を象徴するSXSW2018 「シンギュラリティ(人工知能が人間を越える技術的特異点... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]シグマブース:14-24mm F2.8 DG HSM | Artなど9本の新製品レンズラインナップを発表展示

シグマブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

特集記事

NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント