PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

News

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

2018-01-17 掲載

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部

CES2018で気になったディスプレイ製品色々

サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」

CES2018のディスプレイ関連ではサムスンから今後が注目される新しいディスプレイ、マイクロLEDディスプレイ「The Wall」が発表された。

サムスンブースでの展示の模様

マイクロLEDディスプレイは、RGBそれぞれの極めて小さいLEDを画面に並べた方式だ。LED自体が発光するのでカラーフィルターが不要であり、発光しなければ完全なる黒が実現できる。こうしたLEDディスプレイは、屋外ビジョンではすでにおなじみであるが、LEDのサイズがせいぜい1ミリピッチ程度なので、家庭のテレビのような視聴距離やサイズには向いていない。

CES2012で発表されたCrystal LED Display

また類似の技術としては、2012年のCESでソニーが発表した「クリスタルLED」がある。これは55インチの2Kディスプレイを600万個のLEDを駆動させるものであったがコスト面などから製品化されることはなかった。その後発展型として、「CLEDIS」が2015年に発表されているが、これはステージやデジタルサイネージなどの利用を前提としたものであり、ソニーブースには従来最大級のCLEDISが設置されプレゼンテーションに利用されていた。

ソニーブースに設置された過去最大級サイズのCLEDIS

今回展示されたサムスンのマイクロLEDシスプレイ「The Wall」は146インチで解像度は4K。輝度は2,000nitsとのことである。ユニットを組み合わせてディスプレイ化するようだが、ユニットのサイズや解像度は現時点で公表されていない。画質は若干白トビがあるもののかなり良好だ。4Kということは2500万個ものLEDを実装していることになるので、製造面、制御面の両方から極めて高い技術が必要で、家庭のテレビとして成立させられる価格になるかどうかは未知数である。

中央上部の平行線はブース照明の映り込み

なおこれまでよく言われる「LEDテレビ」というのはバックライトにCCFL(冷陰極管)に代わってLEDを使用しているものであって、単なる液晶テレビにすぎない。

もう一つ、LGからは「ナノセルディスプレイ」が発表された。LGのプレスカンファレンスではその詳細についての言及はなく、ナノセルというのはナノLEDのことで、サムスンと同様の技術で一騎打ちかと想像してブースに足を運んでみたところ、実はそうではないことがわかった。

LGのメディアカンファレンスで発表されたナノセルディスプレイ 60度の視野角でも色の再現性を維持するという LGブースの展示 ナノセルディスプレイのポジショニング(LG Webページより) ナノセル粒子による表現波長の違い(LG Webページより)

LGのWebページでは、

「Nano Cell Technologyは、不要な光の波長を吸収し、画面に表示される赤と緑の色の純度を高めるナノ粒子を使用します。その結果、劇的で画質が向上し、映画のような経験が得られます。さらに、もう一つのメリットがあります。LGのIPSパネルにナノセルテクノロジーを使用することで、幅広い視野角(60度まで)で幅広い色を見ることができるため、家の中で最高の座席のために競争する必要がありません。 Nano Cell Technologyを搭載したLG Super UHDテレビでは、映画館を持ち帰り、皆さんに素晴らしい席を与えてくれます」Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

と記載されていた。つまり、ナノ粒子が不要な光をフィルタリングしているようなイメージだろうか。実際の映像は確かに視野角による色の変化は従来よりも少ない。

またソニーは「X1 Ultimate(プロトタイプ)」という、8Kまでの映像処理能力を持つ新プロセッサを発表した。ソニーブースでは85インチ8K、10,000nitsという超高輝度の液晶パネルと組み合わせて展示を行っていた。この新プロセッサX1 Ultimateは、従来のX1 Xtreamに対してリアルタイム処理能力が2倍になっているという。

メディアカンファレンスで発表するソニー平井CEO X1 Ultimate + 8K HDRのデモのスペック 85インチ8K HDR 10,000nits

10,000nits 8K HDRから得られる映像は従来の映像づくりでは意識しなくても良かったような領域までも再現されている感じがする。これは、撮影時はもちろんだが、グレーディングの重要性がますます増してくることを予感させるものだ。

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部
Vol.04 [CES2018] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 五感を研ぎ澄ませば見えてくること GoogleがCES2018特設テントやGoogle Assist採用プロダクトブースへのス... 続きを読む

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント