PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気"のこと

News

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

2018-01-23 掲載

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部

印象的だった今年のCES2018

1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ潮目だった会だったと言える。PRONEWSでも1月特集では収まりきらなく積み残した情報がいくつかある。これから数回はCES2018のエクストラ版としてお送りする。

CES2018のトピックスとしてはスマートフォン、IoT、AIから自動運転技術、ヘルスケア、教育とまさに多岐に渡る印象であったことはすでにお伝え済だ。一方でそれらの入り口とも言えるスマートフォンや、ケース、ヘッドホンその周辺機器のボリュームも大きかったが中でも多数ブースを構えていたのがバッテリー関連製品。奇しくもCES開催期間中、メイン会場のLVCC(LasVegas Convention centor)のセントラルホールが停電になるというアクシデントが発生。

一時ホールを閉鎖する事態となり、運営側は他会場へ参加者を誘導したが、LVCC以外の別会場へ移動する人たちで交通網も大渋滞、別会場のホテルの会議場も人、人、人で溢れた。まさに電気製品や通信機器を扱う展示会において電気は生命線、電気がなくては何もできない皮肉な状況を浮き彫りにした。そう、どんな映像撮影も、配信も、クラウドサービスも、電気がないと機器は動作せず、通信網にも接続できない…。

停電…困った時のバッテリー頼み

MIDLAND(米国・カンザスシティの無線通信機、アウトドアギアのブランド。1月発売予定の最大950Whのポータブル電源)

そんなCESの停電トラブルを予見していたわけではないだろうが、会場内では大小様々なブースで屋外用の大容量リチウムバッテリー内蔵充電器、またそれを給電するためのソーラーパネルのセットにしたソリューション展示を多く見かけた。大きなブースではアメリカらしいピックアップトラックや大型バン、テントにピクニックチェアなどを設置したり、中にはキャンプファイヤーをディスプレイに炎の映像を出して演出するなど、「電源をいつでも、どこでも」をキーワードにアウトドア利用をイメージさせる展示がほとんど。

Jackery(米国・2011年創業。創設者は元Apple社で品質管理のマネージャー。iPhone用のバッテリーケースからスタートしたブランドからは防まつ対応のポータブル電源)

映像機器の小型化により、USB給電対応のものも増え、モバイルバッテリーを複数持つ読者も多いだろう。屋外での撮影に機材専用のバッテリーを複数持ち込むのか、それともUSB給電できるものは外部から大型のリチウムバッテリーから電源を取るのか。屋外での撮影に選択肢が増えそうだ。

ACOPOWER(米国・カリフォルニア。アウトドア用のUPSを展開するブランド。今回のCESでは大型バッテリーだけでなくバッテリー内蔵冷蔵庫も展示)

また会場では「スマートバッグ」と呼ばれるリチウムバッテリー内臓のスーツケースなどのかばん類やバッテリー内蔵ベルトなども見かけ、まさに「いつでもどこでも」電源を得るツールを多く見かけた。

機材を運ぶかばんと共に、また身につけながら充電とまさに「いつでも、どこでも」電源を確保できる。急速に拡大するモバイル機器とバッテリー関連製品。バッテリーの需要もより大容量が求められる一方でトラブルも少なくない。

GoWearTech(ベルトタイプとかばんに取り付けるショルダーベルトの2タイプを展示していたBatteryBelt)

この急速に拡大するバッテリー関連製品に合わせ、運搬する航空レギュレーションも各社対応に追われているのだろう。2018年1月初め、香港のキャセイパシフィック航空はこのスマートバッグについての対応方針を発表した。

要約するとリチウムイオンバッテリーが取り外せないスマートバッグは受託(預け入れ)、持ち込み共に受け付けない、というものだ。バッテリーに限った話ではないが、進化する技術と安全性に対しての法整備は後追いになり、都度ルールは変わるのが常だ。撮影時の機材運搬に大きく関わることなので今後もリチウムイオンの技術進化と輸送対応の輸送企業各社の対応には今後も注視したい。

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部
Vol.07 [CES2018] Extra.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2018]Vol.09 ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」で大団円〜Film部門成功の理由

txt:宮川麻衣子(未来予報)with Tom INOKAWAa.k.a.猪蔵 / 構成:編集部 Filmは大作とローカル作品をバランス良く共存させることに成功している ... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 SXSWへ7回目の参加となった今年、常にその変化を感じながらも、今年は自分にとってより大きな転換を感じた年だった。イベントは水物... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.07 成熟しはじめたVR市場から見る、これから必要となる新しい視点と倫理

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 気になるVRについても考えてみよう SXSWが開催前に発表した2018年のトレンドの一つとして「THE VR MARKET... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.06 SXSW発バリー・ジェンキンス監督が語るアカデミー作品賞「Moonlight」までの軌跡

txt:Kana YAMAMOTO 構成:編集部 やはり豊作だった25周年を迎えるFilm部門 フィルム、インタラクティブ、ミュージックの祭典SXSW。今年25周年を迎えた... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.05 人気ドラマ「ウエストワールド」セッションにイーロン・マスク飛び入り参加。ただ上映するだけではないSXSWが仕掛けの巧妙さ

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 映画もドラマもプレミア上映。インフルエンサーを取り込む仕掛けがそこに! Westworldのクリエイティブチームと... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 未来学者たちの「ポスト・テクノロジー化」を象徴するSXSW2018 「シンギュラリティ(人工知能が人間を越える技術的特異点... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]Vol.02 プロ向け動画エリアで各社映像機材を堪能する

別会場だからこそ堪能できる機材の世界 昨日の朝は暴風雨の影響で交通機関の乱れがあり、会場まで来るのが大変だったが今日は朝から快晴で気温もそれほど低くなく非常に気持ちの... 続きを読む

[CP+2018]シグマブース:14-24mm F2.8 DG HSM | Artなど9本の新製品レンズラインナップを発表展示

シグマブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

特集記事

NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと