PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

News

[CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

2018-01-29 掲載

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部

五感を研ぎ澄ませば見えてくること

GoogleがCES2018特設テントやGoogle Assist採用プロダクトブースへのスタッフ派遣、ラスベガスの街中を「Hey Google」ジャックしていた件はすでにレポートしたが、Googleが巨額予算を投下してCES2018に音声認識分野に臨むほどに音声認識が家電、車、様々なプロダクトの中心に位置する印象を受けるCES2018だった。トイレからコーヒーボトルまであらゆるプロダクトが声でコントロールできるのだ。その状況を見たある方が「日本人は人前で声を出すのが苦手だから音声認識プロダクトが普及するの難しいよね」と言っていたが、そのように逃げていたら音声認識が世界のデファクトの時代に乗り遅れてしまうのでは無いか?という危惧も同時に芽生える。日本人の美徳も大事だが、ことテクノロジー領域では世界の潮流に乗っていく必要があるだろう。

さて、音声認識コントロールが当たり前の世界を想像すると、その世界では視覚情報の優位性が私の中で薄れていく。20世紀後半の我々は目から訴えられる情報が主流だったが、これからは声でコントロールし、耳で聴き、鼻で嗅ぎ、皮膚で感じることが視覚情報と共にデファクトになって行くのでは無いか?と考える。すでに私が論じるまでもなく、ハプティクステクノロジーは注目されており、嗅覚に訴えるプロダクトも市場に出ているが、音声認識の普及により消費者サイドも「視覚以外の情報入手、コントロール」に慣れて、五感を活かすプロダクトが市民権を得る速度が加速するのでは無いか?

今年のCESではハプティクスや嗅覚に訴えるプロダクトが展示されていた。フランスのスタートアップhap2Uは2年連続のCES登場だが、スクリーン上に様々な触感をデザインすることができる。デモとして触感で楽しむゲームを紹介していたが、生活に役立つ活用方法としては、車のハンドルに適用すると触感を通じて行き先を教えてくれるそうだ。ドライバーの視覚を奪うことなく行き先を示せるようになる。

フランスのSNIFFY MARKETが展示していたプロダクトに注目した理由は、視覚情報に合わせて嗅覚情報も付加している点だ。例えばお肉を焼く映像が流れると同時に肉の香りが流れる。ワインの映像が流れる際にはほのかなぶどうの香りが流れる。視覚情報だけではなく、においも同時に訴えるとより訴求したいプロダクトの認知が高まる。視覚よりも嗅覚に訴える広告も増えるかもしれない。スーパーマーケットでは特売製品をにおい・香りで宣伝するようになる未来も想像できるだろう。チョコレートの香りが漂う日はチョコレートやお菓子の特売日で、バナナの完熟した香りが漂う日はフルーツ特売日、など。

CESイノベーションアワードを受賞したシアトルに拠点を置くテクノロジー企業AltopaのOblendは、アロマオイルをブレンドすることができるメディカルデバイスで、注目が高まる自然療法を家庭内で行える。西洋医学の薬を飲むのではなく、香りで治療することを目的にしている。外部情報だけではなく、体内情報に対しても香りで対処するケースも増えて行くのだろう。

フランスのスタートアップAurasenseが展示したプロダクトはソファー全体がスピーカーになっていた。曲に合わせた振動をシミュレートするvibro-haptic composition(VHC)を導入し、楽譜と触感のシームレスな融合が体験できるものだ。私はクラシックを視聴したのだが、楽器に合わせて振動箇所が変わり今までに無い音楽体験、リラックス体験を得ることができた。彼らの言葉で言うと「視覚を使わず体全体を使うバーチャルリアリティ体験」を味わえた。

今年はARグラスも複数出ていたのだが、その中でもCESイノベーションアワードを受賞したVuzix Bladeが注目を浴びていた。理由はAmazon Alexaが搭載されたているので、メガネをかけながら必要な情報を音声コントロールで呼び出せるからである。少し皮肉かもしれないが、ARグラスをAlexaコントロールできるのであれば視覚情報は不要で、 声でコントロールし、耳で情報を得るだけでも良くなるかもしれない。

韓国のInnomdle研究所が紹介していたSgnlは指先を耳に当てるだけで通話ができるスマートウォッチバンドで、Body Conduction Unitが音声信号を振動に変換し、指先を通じて耳の中の密閉された空間を鳴らすことによって音を鳴らすそうだ。

我々は声で家電から車までをコントロールし、体全体の振動で音楽を聴き、嗅覚によって消費心を喚起され、指経由で情報を得る快感を得つつある。今までは一部の企業や研究所で起きていたものがスタートアップもプロダクトとして世の中に出しつつある。どのような五感活用プロダクトが覇者となるのか?文字通り体全体で検証して行きたい。

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部
Extra.01 [CES2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜