PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

News

[CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜

2018-01-29 掲載

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部

五感を研ぎ澄ませば見えてくること

GoogleがCES2018特設テントやGoogle Assist採用プロダクトブースへのスタッフ派遣、ラスベガスの街中を「Hey Google」ジャックしていた件はすでにレポートしたが、Googleが巨額予算を投下してCES2018に音声認識分野に臨むほどに音声認識が家電、車、様々なプロダクトの中心に位置する印象を受けるCES2018だった。トイレからコーヒーボトルまであらゆるプロダクトが声でコントロールできるのだ。その状況を見たある方が「日本人は人前で声を出すのが苦手だから音声認識プロダクトが普及するの難しいよね」と言っていたが、そのように逃げていたら音声認識が世界のデファクトの時代に乗り遅れてしまうのでは無いか?という危惧も同時に芽生える。日本人の美徳も大事だが、ことテクノロジー領域では世界の潮流に乗っていく必要があるだろう。

さて、音声認識コントロールが当たり前の世界を想像すると、その世界では視覚情報の優位性が私の中で薄れていく。20世紀後半の我々は目から訴えられる情報が主流だったが、これからは声でコントロールし、耳で聴き、鼻で嗅ぎ、皮膚で感じることが視覚情報と共にデファクトになって行くのでは無いか?と考える。すでに私が論じるまでもなく、ハプティクステクノロジーは注目されており、嗅覚に訴えるプロダクトも市場に出ているが、音声認識の普及により消費者サイドも「視覚以外の情報入手、コントロール」に慣れて、五感を活かすプロダクトが市民権を得る速度が加速するのでは無いか?

今年のCESではハプティクスや嗅覚に訴えるプロダクトが展示されていた。フランスのスタートアップhap2Uは2年連続のCES登場だが、スクリーン上に様々な触感をデザインすることができる。デモとして触感で楽しむゲームを紹介していたが、生活に役立つ活用方法としては、車のハンドルに適用すると触感を通じて行き先を教えてくれるそうだ。ドライバーの視覚を奪うことなく行き先を示せるようになる。

フランスのSNIFFY MARKETが展示していたプロダクトに注目した理由は、視覚情報に合わせて嗅覚情報も付加している点だ。例えばお肉を焼く映像が流れると同時に肉の香りが流れる。ワインの映像が流れる際にはほのかなぶどうの香りが流れる。視覚情報だけではなく、においも同時に訴えるとより訴求したいプロダクトの認知が高まる。視覚よりも嗅覚に訴える広告も増えるかもしれない。スーパーマーケットでは特売製品をにおい・香りで宣伝するようになる未来も想像できるだろう。チョコレートの香りが漂う日はチョコレートやお菓子の特売日で、バナナの完熟した香りが漂う日はフルーツ特売日、など。

CESイノベーションアワードを受賞したシアトルに拠点を置くテクノロジー企業AltopaのOblendは、アロマオイルをブレンドすることができるメディカルデバイスで、注目が高まる自然療法を家庭内で行える。西洋医学の薬を飲むのではなく、香りで治療することを目的にしている。外部情報だけではなく、体内情報に対しても香りで対処するケースも増えて行くのだろう。

フランスのスタートアップAurasenseが展示したプロダクトはソファー全体がスピーカーになっていた。曲に合わせた振動をシミュレートするvibro-haptic composition(VHC)を導入し、楽譜と触感のシームレスな融合が体験できるものだ。私はクラシックを視聴したのだが、楽器に合わせて振動箇所が変わり今までに無い音楽体験、リラックス体験を得ることができた。彼らの言葉で言うと「視覚を使わず体全体を使うバーチャルリアリティ体験」を味わえた。

今年はARグラスも複数出ていたのだが、その中でもCESイノベーションアワードを受賞したVuzix Bladeが注目を浴びていた。理由はAmazon Alexaが搭載されたているので、メガネをかけながら必要な情報を音声コントロールで呼び出せるからである。少し皮肉かもしれないが、ARグラスをAlexaコントロールできるのであれば視覚情報は不要で、 声でコントロールし、耳で情報を得るだけでも良くなるかもしれない。

韓国のInnomdle研究所が紹介していたSgnlは指先を耳に当てるだけで通話ができるスマートウォッチバンドで、Body Conduction Unitが音声信号を振動に変換し、指先を通じて耳の中の密閉された空間を鳴らすことによって音を鳴らすそうだ。

我々は声で家電から車までをコントロールし、体全体の振動で音楽を聴き、嗅覚によって消費心を喚起され、指経由で情報を得る快感を得つつある。今までは一部の企業や研究所で起きていたものがスタートアップもプロダクトとして世の中に出しつつある。どのような五感活用プロダクトが覇者となるのか?文字通り体全体で検証して行きたい。

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部
Extra.01 [CES2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-01-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネチャープライムレンズの12mmと280mmを初展示

txt・構成:編集部 パンバータイプで操作できる「DEH-1」をCine Gearで初展示 ARRIブースでもっとも話題の展示はデジタルエンコーダーヘッドの「DEH... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.02 オンラインとオフラインをCX(カスタマーエクスペリエンス)で溶かす

txt:江口靖二 構成:編集部 オンラインとオフラインが連携した未来 DSJ2019では、新たにリテール領域に特化したデジタルサイネージ周辺のテクノロジーや事例を集める... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.01 基調講演~5G時代に向けたOOHメディアのデジタルトランスフォーメーション

txt:江口靖二 構成:編集部 国内最大となるデジタルサイネージの祭典開催 今年で12回目の開催となる、国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019(デジタルサ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.06 山木社長に聞く~シグマ、シネマレンズ次の一手と「シグマ・バーバンク・ショールーム」

txt・構成:編集部 Cine Gearのシグマブースで、シグマの代表取締役社長、山木和人氏と商品企画部の若松大久真氏にインタビューする機会を得られた。バーバンクオフィス開設... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Production Center)オープニングイベントレポート

新しいDMPCは、LA東北部の山中のMedia Center Driveにある txt:手塚一佳 構成:編集部 Sony DMPCがオープニングイベントを開催! 5月30... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.02 アンジェニュー、好みの描画に合わせて鏡胴内のレンズや絞り羽根を交換できるプライムレンズ「Optimo Prime」を開発発表

txt・構成:編集部 「なぜプライムを発売しないのか?」お客様の要望から発売へ 業界標準のズームレンズとして親しまれているAngénieuxは、Cine Gear Ex... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CES2018]Extra.02 テクノロジーが我々の五感を研ぎ澄ます〜音、匂い、触覚〜