PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]パナソニックブース:話題の「GH5S」やカメラを支えるテクノロジーを紹介
News

[CP+2018]パナソニックブース:話題の「GH5S」やカメラを支えるテクノロジーを紹介

#Panasonic #CP+2018

2018-03-02 掲載

パナソニックブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

高感度画質を実現したデジタル一眼カメラ「GH5S」

ライブパフォーマンスの撮影で「空間認識AF」や「人体認識機能」の効果を体験

パナソニックのハイエンド一眼機には、徹底的瞬間を逃さないで撮影をするために「空間認識AF」や、「人体認識機能」、「Dual I.S.2」を搭載している。「LUMIXタッチ&トライコーナー」では、動く被写体の撮影を通じてそれらの機能を体感できるようになっていた。

パナソニックブースの注目は発売を開始したばかりの「GH5S」だ

パナソニックブースの注目機種は、今年のCES 2018で発表された「GH5S」だ。GH5Sの特長は10.2M Live MOSセンサーの搭載で、有効画素数をGH5の20.3Mから減少させている。画素数が増えていく時代にあえてあえて10Mというセンサーを採用することにより、受光部の高感度性能を高めることを実現しているという。

GH5Sは、新開発の10.2M Live MOSセンサーを搭載

GH5SはGH5の兄弟機種であり、GH5も引き続き併売される。GH5は手ぶれ補正や20Mのセンサーを搭載した高解像を重視したモデルで、GH5Sはより高感度を重視した三脚やジンバルを用いた本格的な映像制作に向いたモデルとして使い分けられるだろうとのことだ。

感度の設定画面を表示したところ。最大ISO51200まで設定が可能。拡張ISO感度にすれば最高204800まで設定できる 高感度撮影の技術解説コーナー。真っ暗に近い空間を「GH5S」で撮影し、その様子をモニタに映し出していた LUMIXの系譜の紹介。スチルは「G9 PRO」、動画は「GH5」と「GH5S」と分けられている

決定的瞬間を逃さないための独自技術を解説した「LUMIX技術コーナー」

空間認識技術による高速測距のデモ。高速移動する被写体にも高精度にピントを合わせ続けられるという技術で、前後に動くおもちゃにピントを合わせ続けていた。

LUMIXには、高速・高精度AFを実現する「空間認識技術(DFD)」、従来の顔・瞳認識AFに加え、被写体の顔が正面を向いていない場合でもピントを合わせる「人体認識機能」、強力に手ブレを補正する「Dual I.S.2」などが搭載されている。これらの技術を解説するコーナーが設けられていた。

「人体認識機能」のデモ。動く人形を認識して、AFを合わせ続けていた

映像制作のワークフローを紹介した「4K動画活用コーナー」

「4K動画活用コーナー」ではEIZOのHDRリファレンスモニター「CG3145」とEDIUSのソリューションのデモが行われていた

GH5は、4Kの撮影ができてHDRに対応している。「4K動画活用コーナー」では、EIZOのHDRリファレンスモニター「CG3145」とグラスバレーがリリースしているEDIUSを組み合わせたHDRワークフローの紹介が行われていた。特にEDIUSの「モニターコントロール」と呼ばれる機能のデモが興味深かった。

「モニターコントロール」を搭載されることにより、EDIUSの編集をHLGからPQに変えるとCG3145側も自動的にPQへ切り替へができるようになる。グラスバレーとEIZOの協業により実現している機能で、USBでパソコンと「CG3145」を接続することで連動をしている。この機能はEDIUSの「Workgroup」に将来導入される現在開発中の機能とのことだ。

なおAU-EVA1は、プロ動画コーナーエリアの方に展示されていた。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

製品レポート AW-UE100 AK-HC3900GJ/AK-HC3900GSJ KAI... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム

ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現したIT/IPプラットフォーム パナソニックは、NAB2020で展示予... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]High Bandwidth NDIやSRTなどのIP規格に対応した4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」

ネットワークを活用した映像配信が可能な4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」 パナソニックは、NAB2020で展示予定だった新製品として4Kインテグレーテッドカメラ... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]1080p HDR対応の新HDスタジオカメラ「AK-HC3900GJ」「AK-HC3900GSJ」(海外向けモデル)

トータルシステムとしての運用性を追求したHDスタジオカメラ(海外向けモデル)2モデルが登場 パナソニックNAB2020で展示予定だったHD Studio Camera(海外向... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

4K60p 10bit撮影対応のデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」 パナソニックが今年の2月に発表したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」は、4K60p 1... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]「 DC-S1H」ファームウェアVer2.0でRAW動画出力、動画記録中のHDMIダウンコンバート出力に対応

幅広い映像制作現場に対応するS1HのファームウェアVer2.0を発表 パナソニックのLUMIX S1Hは、“シネマミラーレス”などと呼ばれることも多く、その名の通り幅広い映像... 続きを読む

[InterBEE2019]パナソニック/パナソニック システムソリューションズ ジャパンブース:新製品LUMIX S1HやAJ-CX4000GJを展示。S1Hは外部レコーダーによるProRes RAW記録の稼働デモ公開

S1HからNINJA Vへ5.9k30PのProRes RAW記録を稼働デモ公開 メインの展示はIT/IPプラットフォームを使ったスポーツ中継ソリューションだったが、カメラ関... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]パナソニックブース:話題の「GH5S」やカメラを支えるテクノロジーを紹介