PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

News

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

2018-03-05 掲載

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最終出力するペーパーの特性も考慮する必要がある。

EIZOではキヤノンやエプソンのプリンターと組み合わせた場合のカラーマネジメントや、設定テクニックなどをこうした展示会でセミナーやデモンストレーションなどを通して紹介しているが、今回はイルフォードとピクトリコの用紙に対応したQuick Color Matchの新バージョンが公開されたことから、より幅広く各種用紙に対応できるようになった。これによりプリンターとプリントする用紙を選択するだけのシンプルな操作でプロファイルの設定ができるようになり、様々な種類の用紙を簡単に使い分けることが可能だ。

今回ブースで使用していたモニターは、ColorEdge CG318-4K、CG248-4K、CG2420のほか、CS2730、CS2420、CS230で、プリントだけでなく動画編集に対応したコーナーもあり、カメラで撮影した映像を静止画プリントや動画編集のデモも行われていた。

エプソンのプリンターによる色合わせ体験コーナー。用紙はイルフォードとピクトリコを使用していた キヤノンのプリンターによる色合わせ体験コーナー。モニターはColorEdge CS2420やより広い作業スペースが取れる27.0型2560×1440のCS2730を使用 動画編集のコーナーではColorEdge CG318-4K、CG248-4Kを中心にCS2730やCS2420を使用 カラーグレーディングを行うには周囲の環境も重要。EIZOではLEDタイプの照明スタンドZ-80PRO2-EIZOを用意している Z-80PRO2-EIZOはテーブルにクランプする作業を机の上から行えるようになっている Quick Color Matcに対応したイルフォードの用紙。光沢やマットなどを選択可能。Quick Color Matcで用紙を選択するだけで簡単にセットできる イルフォードの用紙はSMOOTH GLOSS(スムースグロス)、SMOOTH PEARL(スムースパール)、TEXTURED COTTON RAG(テクスチャードコットンラグ)、SMOOTH COTTON RAG(スムースコットンラグ)、GOLD FIBRE GLOSS(ゴールドファイバーグロス)、GOLD FIBRE SILK(ゴールドファイバーシルク)の6種類 ピクトリコ製の用紙の種類はGEKKOブルーラベル、ピクトリコプロセミグロスペーパー、ピクトリコプロホワイトフィルム、ピクトリコプロフォトペーパー、ピクトリコプロコットングロスペーパー、ピクトリコプロデザインペーパープラス、ピクトリコプロソフトグロスペーパーの7種類 一般のPCとの画面比較。ノートPCやタブレット端末などではかなり色味が異なっているのがわかる

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

[NAB2018]EIZOブース(動画)

NAB2018のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]平和精機工業ブース:ハンズフリーモノポッド「HFMP」とクイックリリースアダプター「AP-X」を組み合わせた「HFMP AP KIT」を展示

平和精機工業は一眼レフカメラにも最適な一脚ハンズフリーモノポッドHFMPや、三脚システムRSシリーズのほか、スライダーシステムLIBEC ALLEXなどを出展した。 今回の新... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[CP+2018]リコーブース:THETAを活用した新しい映像&音声コミュニケーションサービスを提案。参考出品の新開発スターレンズも展示

リコーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

プロフォトブースの一押しは、昨年9月に発表した小型のストロボ「A1」だ。プロフォトというと世界トップクラスのストロボメーカーであり、特にバッテリー式でコードレスのオフカメラフラッシ... 続きを読む

[CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示

太陽光にも負けない日中シンクロでも使える大光量ストロボを実現 一押しの展示は、CP+の会期に合わせて発表したグリップ型スピードライト「MG10」だ。ブースのスタッフに「MG1... 続きを読む

特集記事

QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。

トップ > 特集 > [CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ