PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

News

[SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

2018-03-20 掲載

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部

未来学者たちの「ポスト・テクノロジー化」を象徴するSXSW2018

「シンギュラリティ(人工知能が人間を越える技術的特異点)」の提唱者で有名なレイ・カーツワイルが今年のSXSWで制作を発表したのは、なんと未来の「小説」だった。このことが象徴する通り、今までテクノロジーを語ってきた人々の注目は今コンテンツやストーリーテリングにある。

一握りの人にしか広がりを見せないハイテクノロジーのサービスが日々沢山輩出されていったり、テクノロジーへの過度な期待がビジネスメディアによって増殖していく一方で、そのような事に興味が無い多くの人々の生活や、意識の変化が実感できていないのが理由だろう。

カーツワイル氏自身も、自分自身が世界に投げかけたシンギュラリティへの過度な期待と恐怖が一人歩きしているのを悔やんでいるのではないかとも思える発表だった

一方で、映画や音楽は世界や言葉・国・人種・所得・性差など様々な壁を取りはらう可能性がある事は誰もが理解してくれるはずだ。このせめぎあいこそ、今一番ホットな面白さが詰まっていると私は感じ、今年のSXSWは私にとって今までで一番エキサイティングだったかもしれない。

SXSWがコンバージェンス(ミュージック・フィルム・インタラクティブの融合領域)を推す理由

SXSWのミュージックフェスティバルは今年で32周年。フィルムは、25周年。インタラクティブ(元々はマルチメディア)は20周年を超えている。この20年以上、これらが交差する領域をつなげていく動きが見られたが、昨年より異なるカテゴリのバッジ(入場パス)でもカンファレンスなどに入場できるシステムになり、その融合は一気に加速した。また、24個あるカンファレンストラック(ジャンル)のうち10個がコンバージェンスのトラックとなっており、全体で行われているセッションの半分くらいはコンバージェンスのトラックになっている。

コンバージェンスプログラムとは、具体的には食・ファッション・社会課題・VR/AR・スポーツ・ゲーム・スタートアップ(!)、そしてストーリーテリングなどだ。SXSW=インタラクティブというイメージは、ここ数年でアメリカ人の中では払拭されてきたようで、コンバージェンスのトラックに多くの人が熱い期待を寄せているのを去年以上に肌で感じた。

今回はそのコンバージェンストラックの中でも、特に注目が集まるExperimental Storytelling(実験的なストーリーテリング)のトラックに当たるセッションや作品から、未来のイメージを広げていきたい。

フィクションをデザインする建築家が映像で訴えかける都市の未来

オーストラリアの建築家、リアム・ヤング氏は少し変わった建築家だ。国立競技場の建設で日本でも話題になったザハ・ハディドをはじめ、有名事務所とプロジェクトを共にしてきたヤング氏。建築以外のテクノロジーや科学者・エンジニアが描く未来の構想に触れるたびに、自分自身が生業としている建築家の仕事が違う仕事に置き換わってしまうのではないかと感じ、リサーチ機関を設立。科学者やデザイナー、映画業界や企業などとコラボレーションをしながら、未来の都市のフィクションストーリーを映像やインスタレーションで発表するようになった。

SXSW Cities Summitというトラック(都市計画やサスティナビリティ、エコについて専門的に話すカテゴリ)のクロージングパフォーマンスとして行われたのが、彼の作品「CIty Everywhere」だ。先進国から新興国まで自由自在に動き回る都市の主観映像にCGが組み合わさり、少し暗い雰囲気でストーリーが展開する。映像の中には特に解説は入っておらず、ヤング氏自らが映像に合わせてリアルタイムでナレーションをするというスタイルだ。

例えばIoT(Internet of Things)により人の動きがセンシング可能になったり、ドライバーレスの車が行き交う「未来のスマートシティ」において、どのような問題や事件が起きるのかというディストピアストーリーが話されたり、ロボットによって効率化した未来の産業の可能性などが語られ、未来の各都市を旅しているかのように体験することができる、まさに実験的な体験ができるストーリーテリングだ

彼は自分自身のコンテンツを「ドキュメンタリーとフィクションの中間にある」と語ったが、まさに私たち未来予報が掲げているコンセプトと同じで嬉しかった。ヤング氏のように未来の議論を少しでも多く誘発できる魅力的なコンテンツを私たちはもっと作らねばならないし、もっとこのような事を目指すクリエイターの仲間が日本にも増えればいいなと感じた。

世界をつなぐインタラクティブドキュメンタリーで多様な世界を見渡す

昨年より始まったSXSWアートプログラム。審査を通過したアーティスト数組がSXSWに招待され、期間中に展示を行うSXSWの中でも新しい試みのひとつだ。今年受賞した「Life Underground」は、世界中の地下鉄に乗車している人々のライフストーリーをつなげる試みだ。世界14都市以上の映像が公開され、今もまだそれは広がり続けている。

各地の地下鉄車内の音をバックに、世界中の多様な人々の話に耳を傾けると、一人一人がユニークなストーリーや様々な異なる価値観を持っている一方で、国を超えて同じような考え方や興味関心ごともあり、それらが際立って聞こえてくる。

ライフストーリーのジャンルで各地の話をつなぐこともできる。連続して見ていると気候や服装や電車の中の行動の違いにも気づき、自分にとっての日常と非日常が入れ混じる不思議な感覚を味わえた

展示だけでなく、コーヘン氏は同時にセッションも行った。これだけの規模の世界を越えるストーリーを作るためには資金調達や現地のアシスタント・コーディネーターの採用も大変だが、撮影のプランニングや各地の許可取りはクリエイターにとって一苦労だろう。そんな中、コーヘン氏はITP(国際公共交通連動)と協力関係を築いて撮影を進め、ロサンゼルスやニューヨークといった大都市の地下鉄の駅構内でイベント的に上映を開始して賛同者を集めるなど、パートナーシップをうまく組んで作品を作る、プロデューサー的な側面も持つクリエイターだと感じた。

コーヘン氏は20年以上ドキュメンタリーを撮り続けているプロフェッショナル。地下鉄でスマートフォンを見るのではなく、顔を上げて他人のストーリーに想いを寄せてみることが多様性を見つめ直す一つのきっかけになるだろうとセッションの中で語った

SXSW2018のブレイクアウトトレンドは「グローバルコネクション」。もっと国を超えて世界をつなげるストーリーを!

毎年SXSWインタラクティブアワードのセレモニーで発表される、その年のブレイクアウト・トレンド(一番話題になったこと)は“Globally Connected:世界的なつながり”だった。北米だけでなく、日本を始めとするアジアやヨーロッパ、そして南米やアフリカからの参加者も増える中で、各地の人々が交わりながら未来を議論する様子は、今まで以上にSXSWの可能性を感じることができた。

今、リアム氏やコーヘン氏がSXSWに招待されるのも、世界中を巻き込んだ対話を生むきっかけになるストーリーを巧みに生み出しているからだろう。このようなクリエイターを前にしてみると、果たして私はどれくらい世界をつなげるストーリーを今年のSXSWで国を超えてアピールができたのだろうか?自分の心に手を当てて考えてみると多くの課題や悔しさが残るのが事実だ。

「終わる頃にはすでに来年のことを考えざるを得られないのがSXSW」と毎年言っている気もするが、何年来ようが、こうした“未来の自分との対話”ができることが、なによりもSXSWからの贈り物なのだと再確認して、来年にのぞみたいと考えている。

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部
Vol.03 [SXSW2018] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]Vol.02 ミラーレスカメラの時代到来にともなうレンズの行方とは

txt:稲田出 構成:編集部 レンズの新製品一斉に登場 昨日ほどではないものの朝から小雨が降るあいにくの天候となってしまったが、会場には昨日にも増して多くの来場者で... 続きを読む

[CP+2019]Vol.01 カメラと写真の祭典「CP+2019」開催~カメラの新製品で注目すべき製品たち

txt:稲田出 構成:編集部 あいにくの雨模様でも会場は熱い! 2月28日から3月3日の4日間、パシフィコ横浜にて「CP+2019」が開催されている。カメラショ... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.03 アジア発交換レンズ&ジンバルメーカーをチェック!

写真はCP+2018の会場の模様 txt:編集部 構成:編集部 今、カメラ業界を熱く盛り上げているのが、短期間で新製品を次々とリリースする中国発のメーカーだ。そこで... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.02 注目メーカーの展示内容を事前にチェック!

txt:編集部 構成:編集部 今年も開催が間近に迫ったCP+2019。各メーカーブースの見どころを一挙に紹介しよう。 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ/ソ... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.01 プロ向け動画エリアの注目はこれだ!

txt:編集部 構成:編集部 2月28日~3月3日に開催されるCP+2019。プロニュースでは、メディアパートナーとして今年もCP+2019の見どころを紹介する事前特集を... 続きを読む

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

txt:江口靖二 構成:編集部 筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、... 続きを読む

[CES2019]Vol.11 「ラストワンマイル」市場を取れ!モビリティCES最前線

txt:西村真里子 構成:編集部 CES2019の特徴の一つとして、昨年までのビジョンを語るフェーズから実行フェーズに移ったことがあげられるだろう。ポジティブに言うと... 続きを読む

[CES2019]Vol.10 なくならないでほしいCESの多様性を象徴した「牧歌的」プロダクトたち

txt:清水幹太 構成:編集部 CESでは多くの体験型デモンストレーションがある。VR体験や、シミュレータ、車に乗ってみたりなど、多くの参加者が新しい製品の新しい体験のた... 続きを読む

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

txt:江口靖二 構成:編集部 Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存... 続きを読む

特集記事

CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域