PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

News

[SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

2018-03-27 掲載

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部

SXSWへ7回目の参加となった今年、常にその変化を感じながらも、今年は自分にとってより大きな転換を感じた年だった。イベントは水物であるので、社会状況や特に参加者のマジョリティの変化に左右されやすい。それは当然の事だし、SXSWは“民主的”を掲げるイベントなので、毎年の色が違う、それが面白いという一面もある。

SXSWはどう変化していくか。感じた兆し。

コンバージェンスプログラムであるVRの一画には、ヴァーチャルシネマの部屋が設けられ実際に見ることができる。Filmで上映されたウェス・アンダーソン監督「犬ヶ島」の360°メイキングムービー。ストップモーションのセットの中に入ってキャストの犬たちに話しかけられる映像体験だった。セットを組む様子などが360°で楽しめる。いかにも各カテゴリの融合領域という感じがした

近年、運営側はコンバージェンスというコンセプトを掲げ、Interactive偏重だったSXSWのプログラムや参加者を“均す”動きを見せた。各カテゴリの垣根なくすため、どのバッヂを持っていても優先順位付きでセッションや映画やライブに入れる制度に去年から変わった。また、コンバージェンストラックが設けられ、実験的ストーリーテリング、食、ジャーナリズム、社会的インパクト、スポーツ、スタートアップビレッジ、VR/ARがそれにあたる。トラック名を見ていただくとわかるが、テクノロジー関連、またスタートアップ関連は主役というより、one of themである。振り返れば、SXSWに行ってみたいと憧れの目で見ていた2006、2007年あたりは、SXSWといえば音楽とWebのイベントのイメージだった。そう考えると、だいぶごちゃ混ぜの、何でもありのイベントだという事がわかる。

一方、(32年間のうちたった7年間の話でしかないが…)スポンサーがド派手に存在感を示すというよりは、細かく会場や賞、EXPOごとに付くことに重きを置くよう変わったようだ。今年から車のスポンサー枠がマツダからベンツに変わった。マツダの前はシボレーだったが、どちらも会場間の移動用に循環車両を提供していた。SXSW仕様に装飾された車が循環するので、会場のあちこちでスポンサー車を見かけていた。しかし、ベンツは車は走らせず、コンベンションセンターから少し離れた屋外スペースにEXPOを作った。

昨年、ベンツとSXSWがフランクフルトで開催したカンファレンス「me Convention」のミニ版だ。ベンツそのものよりも、新しいカンファレンスのプロモーションという感じだった。講演会場だけでなく、座ったり寝転がったりするスペースや、ワークショップスペースがあり、しかもセッションの中身はヨガが体や心にどう影響を及ぼすかというプログラムがあったり、ゆっくりと考え、自分や課題に向き合う環境があった。

他にも、各賞について、前からスポンサーベースだったが、しっかり「〜awards by ●●」と明記し司会者がきちんと説明している印象だった。それぞれのカラーにあったものに特化して、企業の考えやコンセプトを見せていくように変わったのかもしれない。

Musicはより地元のオーディエンスを大切にしている?

期間中は教会もライブ会場になる。いつも満員だった。この時ばかりにと、アーティストも演奏しながらビールを飲む

さらに、Musicの変化が顕著だった。ここ数年はヘッドライナー的に現役の有名アーティストが直前に発表されライブを行っていた。Lady gaga、Eminem、Justin Timberlake、Coldplayなど。そしてモンスターエナジー、ドリトス、アップル、MTV、非公式にRedbullなどが大きな野外ステージを作ったり、コンサート会場で大きなライブを開催していた。ほかにも、小・中規模会場では、音楽マガジンやpandoraなどの音楽サービス主催でパーティーライブを行っている。

今年は大きなステージほぼはなくなり、小・中規模が増え、盛り上がっていた。しかも、アンオフィシャルのパーティーが増えていた印象だ。そうするとどういう事が起きるかというと、バッヂや1日限りのリストバンドを買わなくても入れる無料パーティーだらけになる。公式パーティーであればバッヂが当然必要で、むしろ持っていないと入れない会場もある。公式だか公式じゃないかよくわからないところは、一応バッヂ所有者用のラインはあって優先されるが、何も持ってなくても待っていれば入れる。全く関係ないところもあった。これまではバッヂを買っているかいないかでくっきり線が分かれていたが、より、地元の人たちと混ざるというか開かれるように変わった。

世界的に有名になったイベントだからこそ、揺り戻し的にLocalを大事にする動きになっているのかもしれない。Interactiveも著名人を招いたり、大企業によるセッションがある一方で、非常に細かくテーマが細分化され、新しすぎる価値観を提示するセッションが多数ある。人数的に人気/不人気の差が激しいので、参加者側がまだまだ追いついていってない感はあるが、色んな価値観や考え方・文化に触れられる最高のチャンスだと、私は思った。そしてまた来年オースティンの街を訪ねることになるだろう。

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部
Vol.07 [SXSW2018] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること