PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [4shooters NAB2018]Day03 発見、驚き、刺激を受けた怒涛の3日間。4shootersこれにて完結!

News

[4shooters NAB2018]Day03 発見、驚き、刺激を受けた怒涛の3日間。4shootersこれにて完結!

2018-04-12 掲載

いよいよNABも閉幕へ

猿田守一

NABもあっという間に終盤に差し掛かった。会場の雰囲気も初日と比べるとだいぶ落ち着いた感じになってきたような気がする。1日目には大混雑だったブースも今日は空いた感じに思える。広大な会場をセントラルホールからサウスホールまで数分歩くのだが、途中の通路でふと壁がNABのデザインのフィルムが張られている事に気が付いた。こう言う所がアメリカなんだなと変に納得してしまった。

また面白いものを発見した。サウス下のインテルのVRのデモである。こちらのデモも、見ている周りからするとシュールなのである。

本日は宏哉氏のNABブラリの撮影を担当させていただいたのだが、宏哉氏のレポートはNikonブースでの収録となった。NikonのNABへの出展は数年ぶりとなるそうだ。

今年のNABデイリーレポート0日目にMRMCとNikonのコラボでの産業用ロボットを使用したモーションコントロールロボットという説明をさせていただいたが、MRMC社はNikonが100%出資したイギリスの子会社であるということが今回の取材で判明した。一部訂正させていただきたい。ある意味100%日本が係わったモーションコントロールカメラと言うことになる。今回はD850の動画機能を前面におしだしてきたNikonであるが今後の展開を楽しみにしたい。

3日目は気の赴くまま

宏哉

ようやく3日目にして、取材にも余裕が出てきて、色々なブースを回り始めている。とはいえ、今年はあまり冒険はしていない感じで、「あー知ってるメーカー。これか〜」という具合にブースを見つけて、実機を触っている。

 

今日は、Panasonic DC-GH5を乗せるジンバルを探してみた。プレスルームから一番近いブースの1つであるDJIでは、RONIN-Sの展示があった。発表当時から気になっていたジンバルで、実機を触れるのを楽しみにしていたのだ。実際に触ってみるとその重量級なボディーにちょっと尻込み…。しかし、製品の質感やジンバルの動き、拡張性はバツグンで、RONINシリーズの滑らかな動きをこのRONIN-Sにも期待できそうだ。

Zhiyun CRANE Plus

DJIを離れて更に歩みを進めると、ジンバルメーカーのZhiyunを発見。展示スペースは小さなコマだが終始人が集まり賑やかな雰囲気だ。Zhiyunで気になったジンバルは、CRANE 2とCRANE Plus。CRANE 2はフルサイズの一眼レフカメラサイズに対応し、カメラレンズのフォーカスを外部デバイス無しで制御できる(対応機種のみ)。CRANE Plusはミラーレス一眼クラスのカメラに対応で、全体的に細身で軽量。手元でジンバルの角度を調整したりフォローモードを変更したり、またズーム操作ができるなど基本はしっかりと押さえている。どちらの機種も最大18時間の運用が可能なのも魅力的だ。

そのままセントラルホールを歩いていると、今度は大きなブースを構えるTiltaに辿り着いた。フルサイズの一眼レフカメラに対応するGravity G2 は、標準的なジンバル機能は一通り搭載しているのが、これは使い易いと感じたのはARRIローゼットを採用している点。ハンドル部分に形成されているARRI ローゼットを利用することでハンドルグリップを追加したりモニタを取り付けられたりと、拡張性が高い。Tiltaはリグメーカーと言うことだけはあって、ジンバル運用に於いてもユーザー好みにカスタマイズできる仕様を組み込んでいるのが好印象だった。

他にも大小様々なジンバルメーカーが出展しており、ジンバルだけを求めて会場をぶらりと歩くのも楽しい。明日は時間の許す限り、更に細かなブースを見て回りたい☆

岡的NABトピック5選

岡英史

NABもPRONEWS公式取材としては今日が最終日。ということで本日というより3日間のトピック的に。

■Panasonic
EVA1もProRes RAWを採用・Panasonic

DVX200・GH5・EVA1と立て続けに元気になったパナソニック。今回は新規でのハードウェアはバリカム用途のVFや8Kソリューション等のどちらかと言えばITよりな発表。

中でもEVA1の新ファームからのProRes RAW採用は誰もが納得できるところ。既に詳しい説明は動画が上がっているのでそちらでじっくりと確認して貰えば幸いだ。先ずは小休止と言う感じだろうか、この後のQ3・Q4での巻き返しに期待したい。

■TILTA

安価ながらも堅実な精度で作るRIGが個人的に好きなメーカーだが、一昔前は「安い」が前面に出ていてプロフェッショナルと言うよりハイアマチュア向けのイメージがあったが、今回のNABでのブースを見てるともはやその恩影は無い。隣のATOMOSとほぼ同じ大きさのブースを持ち、単なるRIG屋から総合的な撮影サポート機材メーカーに変わっている。

写真は3軸ジンバルだがジョイスティックによるコントロールは勿論ウッドハンドルの装備などRIGメーカーとしての作り込みは非常に面白い。

■Magliner(マグライナー)

中々日本ではその価格から専用ビデオカートと言うのは個人で使っている方は少ない。荷物の量と言うのと手軽さから言えば普通の台車の方が運びやすいが、やはり専用ビデオカートだとその積載量・剛性も含めて安心して運び込めることが出来る。マグライナーは一番その中ではポピュラーかもしれない。ベース部分に色々なOPパーツを組み込んでカスタムできる。写真は砂地/積雪での低圧バルーンタイヤを装備した物。良い感じだ。

■Tiffen

一時期は3軸ジンバルに押された感があるSteadicamだが、やはりスタビライザーとしては不動の頂点の座からは離れていない。昨年のNABで参考出品されていたM1-VOLTシステムが実用品として登場。従来のステディカムシステムに2軸の電動バランスシステムを組み込んだもので、強風にはやや弱いステディカムもこの追加バランスシステムのより余計な事は考えずにワークに集中が出来る。また今年は日本初のゴールドワークショップが開催される。価格は高めだが1週間の練習プログラムは非常に魅力的。何とか予算をひねり出したいところ。

■Grass Valley

NAB期間中にファームアップを発表したEDIUも、今はAmzonDriveの協力の元にクラウド経由で編集が可能になった。クラウドに関する予算等は直接メーカーHPを見て貰うとして、その実用性は高い。

写真はMacBook ProでEDIUSがサクサク動いてる状態。流石に4Kだと葉っぱの問題もあるかもしれないが本日のデモ機を触ったところ、遅延と言うほどの遅延は全くなく、ほぼリアルタイムでの編集が可能だった。更にRIOの吸収合併など今年は地味目なサウスホールの中で唯一収支が関係ないと思われても良いのでは??

■総評

今年は池永氏の初NAB参戦も含めて中々刺激的な4日間だったかもしれない。やはり大手メーカーが実走したビデオカメラの発表が一番上がる事が出来る。しかもそのカメラは4Kで簡単に取り扱えるイージー差を持ちつつも、プロの現場でも十分に耐えられる画質を持っていると言うのが今回の一番の収穫だった。

3日目にしてようやくVR撮影開始

池永玲

初めてのNABも3日目に突入。初日・2日目と来場者が想像以上に多すぎたこともあり全くVR撮影ができなかったのですが、3日目は来場者数も少し落ち着くということで朝からInsta360 Proを抱えて会場へ。

撮影できそうなポイントを探すため最初に訪れたのはLibec。8Kで撮影を行ったため後日アップする予定です。

他にもNABのスケール間を感じられる場所で撮影しています。

最終日出来るだけ多くの場所で撮影を続けたいと思います。一部ポイントで撮影した映像は後程アップします。


◀︎Day02 [4shooters NAB2018] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [4shooters NAB2018]Day03 発見、驚き、刺激を受けた怒涛の3日間。4shootersこれにて完結!