PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介

News

[NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介

2018-04-23 掲載

Grass Valleyプレスカンファレンス動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

これまでのEDIUSのレスポンスと変わらないクラウド対応のEDIUSを展示

一番目を引いたのは、アマゾンウェブサービス(AWS)で動作するEDIUSのクラウドバージョンだ。ブースに展示されていたクライアントはMacBook Proの2015年版で、一見macOSでEDIUSが動作しているように見えるが、実際にはリモートデスクトップで動作している。実際に触ってみると、クラウドにもかかわらずディレイがなく、手元のPCにEDIUSをインストールした状態で使っているのと変わらないといった感じだ。リモートデスクトップで動作をするので、Androidでも操作は可能。しかも、ネットの帯域は、1Mもあれば動かすことができるという。

Mac版がリリースされていないEDIUSのMacBook Proでの動作を実現 MacBook ProのOSはもちろんmacOSだ

従来のクラウドのEDIUSは「やっぱりちょっと遅いね」とか「サクサクうごかないね」と評価されることがあったが、それから丸一年半かけてチューニングを続けて、ようやくベーターサイトのユーザーからも「これなら使える」と言われるものが完成したという。

また、これまでのバージョンはアマゾンのストレージゲートウェイというクラウドのストレージとEDIUSの間で中間の受け渡しをするためのサーバーを置いていたが、NABで展示をしたEDIUS9.2からS3を直接見るためのブラウザをサポート。大きなファイルでも入れることができて、即編集を実現するように改善されている。

実際に、その場でiPhoneのカメラでその場の様子を撮影した映像をアップロードして、クラウド版のEDIUSで編集できるまでのレスポンスを実演していただいた。

iPhoneのカメラで5秒ぐらいのカットを撮影。iPhoneでS3サーバにアップロード。昼間の時間帯は通話している人が多いのでアップロードに時間がかかるが、取材時は夕方だったために順調なスピードでアップロードができた アップロードが完了したら、クラウドのEDIUSで開く。ソースブラウザを開くとS3サーバの中身を確認することができる。iPhoneの映像をクラウドのEDIUSで開くことができた

このデモで感じたことは、何か起きたときにすぐに撮ってアップロードをすれば瞬時に開けて編集ができる形になるということだ。例えば、事故現場で撮ってすぐにアップロードをすれば、これまで以上に短時間で編集から放送までを実現できそうだ。

クラウド版の料金は、EDIUSのクライアントのライセンス料金とクラウド上に置くためのライセンス料が一端末で月額20万円程度で、それ以外にS3サーバの容量が必要になる。

例えば、地方局の高校野球の収録業務は大量の機材を持ち込んで関西で行われてるが、今後は撮影した素材をクラウドに上げることにより、地方局の地元で編集をしてそのまま放送できるようになる。このようになれば、機材費だけではなくて人件費や交通費を考えてもトータルの費用は抑えられる。また、オリンピックなどでも一ヶ月間限定でEDIUSを借りたいといった使い方も考えられるとのことだ。

EDIUSとRioが義兄弟へ

今年2月にBeldenがSAMを買収してGrass Valleyと統合することになったが、NABの会場でその続報を聞くことができた。価格は3,000万円から、8K120p対応で1億6,000万円までの放送・映像制作向け|4K/8Kハイエンド編集システム「Rio」がグラスバレーに統合されてどのようになるのかが注目となっていた。

ブースでは、EDIUSとRioが並べて展示されていた

まず、Rioの開発はやめることはないとのことだ。RioはEDIUSと義兄弟になるという。プロジェクトファイルを完全に共通化し、EDIUSで編集をしたものは即Rioでフィニッシングできるようになる。例えば、EDIUSはオフラインで使って、最後のフィニッシングや最後のひと味をRioで付けて完パケというワークフローが今後増えていくかもしれない。

Rioの開発は引き続き継続し、次期バージョンの4.5を5月に出荷予定。SAMにはGo!と呼ばれるブラウザベースの編集機もあり、これからはGo!、EDIUS、Rioと3つのラインナンプが揃う。松、竹、梅のような関係で、すべて上位互換性を実現するファミリーが年内に完成する。

フルIP接続の「GV K-Frame X」を展示

フルIPのスイッチャーのエンジン「GV K-Frame X」も注目を集めていた。世界初のフルIPで4Kのプロセッシングができるビデオ制作エンジンで、4Kで192インプット、96アウトのプロダクションスイッチャーを実現できる。カメラからスイッチャー含めてすべてIPのプロセッサーでシステムが組めるようになる。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]グラスバレーブース:ライブプロダクションやニュース編集ネットワークなど、実際の業務に合わせたシステムを展示

グラスバレーブースレポート グラスバレーは11月に公開されたDolby Vision対応や、業界最高クラスのデータ圧縮機能などの新機能を多数搭載したカラーグレーディン... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介