PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:TVU Networks]マルチカメラプロダクションソリューション「TVU Producer Pro」や、ルータを搭載した小型軽量の「TVU …

News

[NAB2018:TVU Networks]マルチカメラプロダクションソリューション「TVU Producer Pro」や、ルータを搭載した小型軽量の「TVU Nano」を展示

2018-04-24 掲載

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

外部アンテナを取り付け可能な「TVU One」の派生機種を発表

今回のNABでは、TVU Oneをベースにした外付けの外部アンテナを取り付け可能な機種を展示。名称はなく、TVU Oneの派生機種のような機種といっていだろう。ユーザーによってはいろんなネットワークの条件が悪いところでも安定して信号を送りたい場合があり、特にTVU Oneを車の中に搭載して移動しながら中継というパターンが最近特に多いという。このような場合には、今回発表された防滴型の外部アンテナを車の天井につけて送信することで、より安定したビットレートの高い送信ができるようになる。

強力なクラウドベースのライブ、マルチカメラプロダクションソリューション「TVU Producer Pro」

TVUは、クラウドベースのマルチカメラプロダクションソリューションの「TVU Producer Pro」を発表し、ブースにも早速展示されていた。TVUPackやTVU Anywhereのようなライブ素材を最大4つまでクラウドベース上でスイッチングしたり、グラフィックスをスーパーインポーズして番組の制作をするソリューションとなっている。

TVU Producer Proは、すべてクラウドのため、特にライブビデオ制作のハードウェアは必要ない。SDI出力などではなく、あくまでもインターネット上に直接ストリーミングをすることを基本的なコンセプトとしている。

また、グラフィックスをサポートしており、例えばどのようなゲームが行われているかや、今の得点の状況などの簡単なグラフィックをスーパーインポーズできる。

近年、インターネットに直接配信する機会が増えており、Facebook LiveやYouTube Liveのようなライブ配信の需要が高まっている。それらのアプリケーションにできるだけ簡易的にライブの素材を効率よく番組制作を実現するという思想で設計が行われている。

ルータを備えた小型・軽量の「TVU Nano」を発表

TVUルーターを搭載した「TVU Nano」もNABで発表された新製品だ。TVU OneにSIMを複数搭載した際のボンディング機能だけを取り出して製品化したのがTVU Nanoになる。

ルーターを搭載したTVU Nano

特長は、最大3つまでのSIMの搭載や、それに加えて2つの外付けのUSBポートを搭載し、最大5つまでのLTEや4Gネットワークに対応しているところだ。応用としては、ネットワークカメラのLANをTVU Nanoに繋ぐことで、より安定した高ビットレートのネットワークカメラのストリーミングができたり、プロダクション系の人がワイヤーキャストを使って現場で安定したストリーミングを行いたい場合に使用されるとのこと。

また、放送局ではSTORMやSkeedといったファイル転送のソフトとTVU Nanoと合わせて使うことによって、巨大なファイルをより高速に転送ができるようになるとしていた。

3つ内蔵のモデムを搭載し、3枚のSIMを搭載できるようになっている

可変ビットレートやチャンネル優先順位の設定機能を新たにサポートしたTVU RPSのv4.0

TVUリモートプロダクションシステム(RPS)のv4.0も初展示された。最大6チャンネルまでのフレーム精度が高く、ゲンロックされて同期化されたマルチカメラリモートプロダクションが実現可能。従来のIPを使ったエンコーダー、デコーダーではどうしてもカメラのゲンロック信号が外れてしまい、受信側でスイッチングするとどうしてもずれが発生し、スポーツ中継の場合は玉の位置が急にずれる問題が起きることがあったが、RPSを使うことによって、きちんとシンクを保ったままIP伝送ができるというのが一番大きな特長だとしている。

最大6チャンネルまでの信号をシンクをかけたままIP伝送できる「TVU RPS」 16チャンネルのAES/EBU内蔵SDIオーディオ、可変ビットレート(VBR)、チャンネル優先順位の設定機能を新たにサポート

新しく6チャンネルにそれぞれのビットレートの設定ができるようになり、そのときのネットワーク状況に応じて最適なビットレート値を設定できる。また、チャンネル優先順位の設定機能が搭載され、カメラ1、カメラ2、カメラ3という形でプライオリティ付けが可能で、ネットワークが不安定な際は主要なソースのカメラ1とカメラ2はなるべく高画質な画像を送れるようになった。

AIベースの音声からテキストを自動で起こせる「TVU Transcriber」をデモ

TVU Oneの最新バージョン6.5の説明コーナーも設けられていた。同バージョンにより、いくつか大きな改善点がある。1つはHVC265の画質の改善で、特に低いビットレート値の伝送でもノイズの少ない伝送ができるようになった。オーディオも最大16チャンネルまでサポート。リターンビデオも0.5秒から1秒ぐらいの低遅延で送れるようになった。

その他の面白いところは、クローズドキャプション機能の搭載だ。ライブの音声をテキスト化する作業は大変で、これまでは人がマニュアルで行うことが多かったが、クローズド・キャプションを実現する「TVU Transcriber」機能を搭載したことで、音声認識AI技術を使用して音声入力ソースからテキストをファイル形式に出力するか、テキストをビデオストリームに埋め込んでクローズドキャプションまたはオープンキャプションにするかを選択できるようになった。この機能は、約100カ国語に対応している。

PanasonicとTVU Networks、新しいカメラ/IP管理と配信の統合を発表

TVUはパナソニックと協業をさらに進め、パナソニックの「AJ-PX270」に搭載されているストリーミング機能を直接TVUのレシーバーで受けられるようになった。これまでは、IPアドレスの打ち込みなどの設定が面倒だったが、カムコーダーにTVUのPID、識別番号を持たせることにより簡単にPanasonicのカムコーダーが認識できるようになる。

TVUのレシーバー側からカムコーダーのスタート、ストップ、ビットレートの設定、ディレイの設定が可能。すでにPanasonicのカムコーダーを持っていて、TVUのレシーバーももっているようなユーザーにははかなり有効なソリューションになるだろう。

簡単にTVUのレシーバー上で選択できるようになる

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:TVU Networks]マルチカメラプロダクションソリューション「TVU Producer Pro」や、ルータを搭載した小型軽量の「TVU Nano」を展示