PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.06 Cine Gear探訪1:江夏由洋編〜カメラトレンドは「大判」。各社ラインアップも充実

News

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.06 Cine Gear探訪1:江夏由洋編〜カメラトレンドは「大判」。各社ラインアップも充実

2018-06-06 掲載

txt:江夏由洋 構成:編集部

年々盛り上がりを見せるCine Gear Expo

お祭りイメージで機材が展示されていてる感じが、とてもいい。距離が近い!

映像機器の展示会といえばラスベガスで毎年4月に開かれるNABが有名で、その規模も世界最大といっていい。放送機器展という枠から発展し、数多くのカメラ、オーディオ機材、編集ワークフローなどが一気に集結する。その会場の広さだけでなく、参加企業の多さや、ブースの大きさ、そして来場する人の数は圧倒的だ。ところが最近、そのNABの2ヶ月後に開かれるCine Gear Expoにも参加する人たちが増えている。そして私も遅まきながら初参戦することになった。

Cine Gear Expoは毎年6月にハリウッドで開かれる。場所は様々な映画やドラマなどの撮影舞台になったパラマウントスタジオ。NABとの違いは、あくまでも「映画撮影」に特化した機材展示がコンセプトになっているところだ。ただ昨今、映画とテレビ、あるいは広告撮影などの機材やワークフローはかなり融合しているため、ミリオンスケールの制作だけにとらわれず、大小さまざまなプロダクションに合わせた機材などもCine Gear Expoでは多く展示されている。ミラーレスカメラだけでなく、三脚やモニターなど、誰もが所有できるようなものも沢山見ることができるのだ。

また実際の撮影スタジオを使って開かれるので、各ブースの大きさは広くもなく、会場規模もNABに比べ小さいのだが、なんといっても本場ハリウッドのパラマウントスタジオを使って開かれるとなれば、展示する企業と参加する人たちの距離感が圧倒的に近い印象だ。外のブースはみんなテントだし、通路も狭い、運営もちょっと雑、みんなビール片手にワイワイやっているという展示会といえる。

新製品発表も多いCine Gear Expo。カールツアイスのSupreme Primeも初お披露目

ただ最近、NABではなくCine Gear Expoに重点を置く企業が増えている。例えばRED Digital CinemaなどはNABからの撤退を3年前に決定し、展示会はこのCine Gearだけに絞っているし、SonyもこのCine GearにあわせてハイエンドデジタルシネマカメラVENICEの新機能をここで発表。カールツァイスの新製品も今年はこのCine Gear Expoで初お披露目となった。今年始めて訪れたため、その盛り上がりを過去と比較することはできないが、とにかく人が多い!というのと明らかに年々注目度を上げている展示会と言っていいだろう。

トレンドは「大判」。各社ラインアップも充実

映画アバターの続編もVENICEで撮影。展示のメインに 実際に使われた特別仕様のVENICE。センサー部と記録部がケーブルで繋がれている

今年のデジタルシネマのトレンドはズバリ「大判」である。Sonyは去年発表したVENICEを更にバージョンアップさせ、ハイスピード撮影などの機能も含めて新しい発表を行った。ブースでは映画「アバター」の続編でVENICEが使われていることを展示のメインに掲げ、実際のアバターで投入された特別仕様のVENICEを展示。VENICEが捉える美しい映像や、16bitシーンリニアが繋ぐ効率的なワークフローが各所で実戦投入されていることを発表していた。いよいよソニーのフルサイズのデジタルシネマがハリウッドで本格起動することになる。

ALEXA LF。ARRIもいよいよラージフォーマットへ C700のフルサイズバージョンも

またARRIはALEXA LFで、REDはVV Monstroでラージフォーマットのカメラをラインナップにあげ、CanonもC700のフルサイズバージョンを発表し、カールツァイスはフルサイズ対応のプライムレンズセット「Supreme Primeシリーズ」のリリースを発表。デジタルシネマはS35mmの枠を飛び越えて、フルサイズ規格の世界へ本格的に進むことになった。これによって、あらゆる角度から、フイルムが描き続けたアナログの世界は完全にデジタルによって置き換えられることになる。

新製品GEMINIの低照度比較。2ストップDレンジを動かすことができる

個人的にはREDのブースも印象的だった。しばらくNABでも見ていなかったのもあるが、非常にシンプルな展示スタイルわかりやすかった。新発売となるカメラGEMINIの低照度による比較撮影を中心に、最高スペックを誇るVV Monstroを展示。PanavisonではREDとの共同開発で完成したカメラMillennium DXL2の実機にふれることができた。R3Dが持つさらなる未来にはいつもワクワクさせられる。

Millennium DXL2。デザインも秀逸

ミラーレスも注目。照明や三脚、モニターも

MKXもいよいよ6月リリース予定。X-H1との組み合わせでミラーレス動画の歴史を変える

一方でミラーレスのソリューションも市場は活性化している。富士フイルムは6月中旬には出荷を予定しているシネマレンズのMKXをメインに掲げ、今年の頭に発売となったX-H1とのシネマワークフローを展示。ハリウッドのズームレンズを支えてきたFUJINONの技術がいよいよ自社のカメラで開花することになる。Sonyのαシリーズも人気で、会場では多くの人がカメラを手にとって新しい可能性を探っていた。

Cine Gear Expoでは照明機材が豊富に展示されているのも特徴だ。光源がLEDメインとなる中で、色温度やRGBによるコントロールがより自由度を増し、価格を抑えたシリーズが数多くのブースで展開されていた。三脚やモニターの展示も様々で、オールドニューヨークのセットの中を歩きながら各テントを回るのは実に楽しい。あっという間に2日間が過ぎてしまった。

ハリウッドを支える日本の技術力

またレンズやカメラに込められた日本の技術力の高さを実感。本場ハリウッドを日本の様々なブランドが支えていることを見られたのも少し誇らしかった。一方でハリウッドの映画産業はとても開放的だ。こういった機会を通じて全ての人に次世代の可能性を提案する姿勢は素晴らしいと思った。是非ともまた来年訪れたいと感じる。

txt:江夏由洋 構成:編集部
Vol.05 [Digital Cinema Bülow VII] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-06-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.06 Cine Gear探訪1:江夏由洋編〜カメラトレンドは「大判」。各社ラインアップも充実