PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE2018]Vol.00 恒例となった九州放送機器展、今年は“嵐”の予感?!〜事前予習編

News

[QBEE2018]Vol.00 恒例となった九州放送機器展、今年は“嵐”の予感?!〜事前予習編

2018-07-05 掲載

txt岡英史 構成:編集部

搬入DAY

毎年前日はド晴天な会場

7月の予定は毎年恒例の九州放送機器展からスタートする。良く聞かれるのは「NABにも行ってるのになぜ九州まで?」と言う質問だが、それは単純に美味しいものを食べたいから…では無く、上半期に発表された製品が実際に形になったり動いていたりしている可能性が多いからだ。Webで十分と言う声も聞こえてくるがやはりガジェット好きとすれば本物を見たいと言うのが一番の理由だろう。

そしてもう一つの理由として、九州は早めの予約なら意外と交通費等の予算が安い。しかも会場の目の前に宿泊所があるので、そこを押さえれば毎日の通いが楽なのも良い。VVol.00では、開催前日の各ブースにて、今回の目玉的製品を個人的にピックアップしてみたので紹介したい。

Sony

NABで発表された2種類の4KハンドヘルドカメラPXW-Z280と190の展示を中心としてブース全面を作っていた。共にNAB時よりファームも上がりより製品としてブラッシュアップされている。またその裏側にはオーディオ関係の展示がある。新型の小型ワイヤレス受信機の防水デモも面白いがその横の参考出品でスマホを使ったインカムシステムが面白い。

Canon

九州初展示は単焦点レンズのCN-E20mm T1.5 L Fと、ファームアップされたC700の展示がメイン。CN-E20mm T1.5 L Fは他のレンズとサイズ感は全く同じなので側面の数字でしか違いが分からないが、今までちょっとワイドが足らなかったCN-Eシリーズがこれで一般的な焦点距離が全部揃ったと言って良いだろう。

Panasonic

ファームアップしたAU-EVA1がブースの前面を陣取っていた。NABでもCine GearもVARICAMよりもEVA1が前に出ているのが面白い。もちろんNABで発表された新コーデックであるProResRAWの搭載というのがやはり大きい。コストパフォーマンスも良く上位機種のバリカムシリーズとの連携も良いのが一番の特長だろう。

ローランド

新型スイッチャーV-60HDは九州初お目見えだが、同時にTOMOKA製の外部フェーダーがやっと対応となりそのデモを行っていた。これはマルチトラック録音が特長のV-60HDが今までPCソフトから調整を行っていたSDI/HDMIの音声部分をフェーダーに割り与える事が可能になった。ダイレクトに音声を触れるのは非常に運用が楽になるはず。

IDX

新型バッテリーの展示を中心としたいつもの展示だが、今回はメディアのバックアップ専用のキャプチャBOXの展示があった。値段と機能の違いで数種類あるが基本的にはメディアの中身をバックアップ(コピー)するためだけのシンプルなもの。とはいえSDカード8枚を順次コピーしてくれるこのキャプチャBOXは、特に高解像度で収録するVRのシステムにとって必須と言っても良いかも?

ヴァイテックイメージング(Manfrotto)

登場時から窒素ガス封入ピストンをカウンターバランスに組み込んだ事で話題のNitrotechシリーズの、より耐荷重の大きいN12が展示…されているはずが貨物車の遅れでこれも当日朝の展示になるとの事。しかし、ブースの奥に目を向けると最近大型のVRカメラも出てきたが、それに対応するVR専用スタンドの展示がある。小型の物から大型のものまであり、VRを始めた方には是非見て貰いたい一品だ

銀一

今年は台風の影響ですべての展示物が揃わず当日の午前中まで最終的な設営ができないと言うアクシデントの中、9.Solutions製の製品に文字入れのサービスが出来るようになった。データを出せば個人の名前はもちろん会社名等に対応して貰えるとのこと。当日は電動スタビライザーを組み込んだM-1 Voltの展示もあるのでスタビライザー好きには是非体験して貰いたい。

平和精機工業

今回は久しぶりに大きなハードの展示がされていた。すでに製造販売はされていたが某放送局の特注品だったため、中々見ることが出来なかったが、今回やっと販売の目処がたったミニペデシアルの展示に目に止まった。横のHFMPと比べるとそのサイズ感がよく分かる。これならミニスタジオでも十分運用可能な大きさだ。

PROTECH

このメーカーの特長は現場の感覚に非常に近いことだ。もっと簡単に表現すると現役のカメラマンである同社の社長が「自分が使いたいから」作った、という製品が多いのがその理由だ。今回は10入力可能な4Kスイッチャーが展示会初お目見えの機材。無駄なものが一切排除されたその筐体はOPミスを防ぐ。またARRIカメラとの親和性が高いのが特長だ。

総評

やはりよく見ると新製品が結構展示されていた。会場も1日でまわりきれる規模でメーカー側の人間とも距離が短く保てるのもQBEEの特徴の一つ。製品の良い悪いはSNS等でいくら言ってもメーカーには届かない物だが、こういう機会に直接自身の使った環境での良い点・悪い点を伝えればそれは確実に次の機材に反映される事も十分にある。

Webだけで情報なら十分!と思ってる方、それは間違いだ。是非大型の展示会には足を運んで実際に見て貰いたい。意外な側面が見えたりするものだ。本日はいよいよ初日の開催、楽しみにしたい。

txt岡英史 構成:編集部
[QBEE2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-07-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [QBEE2018]Vol.00 恒例となった九州放送機器展、今年は“嵐”の予感?!〜事前予習編