PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.02 シネマカメラ業界で存在感を放つKinefinityの魅力をCEO Jihua Zheng氏に聞く

News

[BIRTV2018]Vol.02 シネマカメラ業界で存在感を放つKinefinityの魅力をCEO Jihua Zheng氏に聞く

2018-08-29 掲載

txt・構成:編集部

今話題の中華製シネマカメラメーカーKinefinityを日本初直撃!

BIRTVの注目といえば、中国ブランドのメーカーの展示だ。特にKinefinityは毎年BIRTVの展示会場の中でも注目の出展企業で、今年も3月に発表したフラグシップシリーズの7,999ドルのS35センサー搭載6Kシネマカメラ「MAVO」や、36x24mmのラージフォーマットセンサー搭載6Kシネマカメラ「MAVO LF」が話題だ。また、BIRTV開催直前にMAVO LFの正式価格を発表。6Kラージフォーマット対応で11,999ドルという価格が注目を集めている。最近ではその価格から北米でも独自にコミュニティーが出来上がり多くのファンを獲得しているという。そこで、Founder/CEOのJihua Zheng氏にKinefinityの成り立ちから最新モデルのMAVOシリーズの魅力について聞いてみた。

なぜKinefinityは注目されるのか?

――シネマカメラメーカーのKinefinityはどのようにしてスタートしたのでしょうか?

Kinefinityは、2012年に創業です。元々は他の会社の中での1つのプロジェクトでしたが、シネマカメラに将来性を感じ、Kinefinityというメーカーとして独立することになりました。

Founder/CEOのJihua Zheng氏
――Kinefinityには何人ぐらいのスタッフがいますか?

Kinefinityは、北京が拠点で深センに製造工場、合肥に事務所の全部で3つの拠点があります。北京の事務所で働いているのは約20名前後。深センの工場は約30から40名。合肥は20名ぐらいなので、合わせたら70人以上、80人未満の方が働いていますね。

Kinefinityブースには歴代モデルの展示が行われていた。右からKineRAW-S35/MINI、KineMAX、TERRA、MAVO/MAVO LF。大幅に小型化を実現してきているのがわかる
――なぜKinefinityはシネマカメラを実現できるのでしょうか?

シネマカメラは、ARRIやソニーなどの昔ながらの大手メーカーが中心で実現が難しい分野だと思います。しかし、時代はどんどん変化して、今はソフトとハードが混ざった技術で何か新しいものがどんどんと生まれる時代です。ソフトだけでもだめで、ハードだけでも時代遅れで、それがうまく両方を使うと新しい技術を生み出すことができます。

中国は割とハードとソフトが混ざった製品を実現することを得意としており、新しい人材と一緒に頑張ってシネマカメラを実現しています。もちろん、ソニーやパナソニックと競合するという意味ではなくて、新しく挑戦をするという意味合いで今まで頑張ってきました。

ブースに展示されていたMAVO。富士フイルムのEマウントコンパクトシネマズームのMKレンズと無線を搭載した拡張モジュール「KineBACK-W」などを組み合わせた状態
――MAVO LFの本体は11,999ドルと発表されました。この価格は、ソニーのVENICEやキヤノンのC700 FFの半額以下です。なぜKinefinityはこれほど安い価格でシネマカメラを提供できるのでしょうか?

MAVO LFの11,999ドルは言われたおっしゃった通り、ソニーやキヤノンの価格の1/2以下、MONSTRO 8K VVの1/3以下です。しかし、我々も企業なので利益を第一として考なければいけません。その一方で、シネマカメラメーカーとしては後発なので、ニーズや対象とした人たちにKinefinityのシネマカメラを早く知ってもらうのを第一の課題としてこの価格を設定しています。

私達のシネマカメラは、ARRIやソニーなどのシネマカメラを目標としている劇場公開作品などの巨大なプロジェクトではなくて、それよりももう少し真ん中の層の若い方達でソニーなどのメーカーに手が届かない方を主に購入層として考えています。

そこで、研究や議論を重ねた結果、商品の製造コストを最低限に抑えています。もちろん品質を保った上で、コストを削減に力を入れつつ、もっとお手頃な価格に設定しています。いろんな方に購入して実際に使って頂いて、使ってみた方達の感想を広めてもらう。そういうふうに勝負をかけてみたいと思って、こういうような購入しやすい価格に設定することになりました。

MAVO LFと大判シネレンズMAVO Prime T2.0の組み合わせ。ボディは小型軽量で、990グラムしかない。また、Kinefinityは、T2.0に揃えられた自社ブランドのプライムレンズを1本あたり2,499ドルで発売しているのも特徴だ
――Kinefinityのディストリビューターは日本にはありません。Kinefinityのカメラを日本から購入することは可能でしょうか?

今のところは、日本に専門的な販売拠点などを設立する計画には至っていません。しかし、もし購入したいという方がいらっしゃれば弊社のWebページから購入できます。日本語のWebページではないのですけれども、弊社の中国にあるWebページに登録をして頂ければ購入できます。

MAVO LFとフルフレームに対応したアンジェニューのズームレンズの組み合わせ
――最後に先日価格を発表したばかりのMAVOとMAVO LFの紹介をお願いします。

最新のモデルシリーズは、MOVAです。今弊社で扱っているいろんな商品の中で一番力を注いていでいるシリーズです。価格も一昨日発表されましたMAVO LFの本体は11,999ドルと大変手頃な価格設定になっています。

価格が手頃だからといって機能が劣るというわけではなく、6Kという一番最先端を走る画質を実現するいろいろな技術の面で大変に自信のあるシリーズになっています。ですので、特に若い世代で、いろんなものを試してみたい、新しい技術や新しいものを試してみたいという方には、一番最適なシネマカメラではないのかなと思っています。

txt・構成:編集部
Vol.01 [BIRTV2018] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-08-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020:Kinefinity] 8K ProRes RAW内蔵記録対応の大判デジタルシネマカメラ「Kinefinity MAVO Edge」発表

中国のシネマカメラメーカーKinefinityは、8K ProRes RAW内蔵録画対応のデジタルシネマカメラ「Kinefinity MAVO Edge」を2020年8月に発売する... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.02 シネマカメラ業界で存在感を放つKinefinityの魅力をCEO Jihua Zheng氏に聞く