PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.03 BIRTVでしかお目にかかれない機材たち

News

[BIRTV2018]Vol.03 BIRTVでしかお目にかかれない機材たち

2018-08-30 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

聞いたことのないメーカーの製品がおもしろい

BIRTVの展示は、ほぼ中国国内へ向けての製品アピールであって、必ずしもインターナショナルなショーではない。かといって世界を意識していないというわけではなく、国の威信をかけて世界と同じ水準に行くのだという強い意志を感じる。

カメラ系はまだまだ日本企業のブースが多いのだが、展示では多くのリモート雲台が使われていた。ふと見ると、聞いたことのないメーカーのカメラコントローラーがあった。自社ブースも出して展示を行っていたので、お話しを伺ってきた。

KXWELL

キヤノンブースに置かれていたKXWELL「KX-RP8800U-J2」

KXWELLは中国の放送局用システムを作っているメーカーだ。シンガポールに海外向け代理店はあるそうだが、ほとんどは中国国内だけで使われており、特に文教やETV系でよく使われているという。

多彩なカメラコントローラを展示するKXWELLのブース ブース内で最も多機能なスイッチャー・コントローラ製品を見つけた。モデル名も表示されていない新製品だが、スイッチャー、ミキサー、カメラコントローラが一体化されたコントローラ製品である。

フェーダーの右側がカメラコントローラで、10台のリモートカメラのマニュアルコントロールのほか、ポジションメモリーもできる。右上のジョイスティックはカメラ雲台の制御だけでなく、横のボタンで機能を切り替えることにより、カメラのフォーカスや絞り、ズーム等もコントロールできる。

左半分はスイッチャー部で、10入力の1M/Eだ。4系統のキャラクタージェネレータ入力を備え、2Keyが使える。ミキサーはステレオ3入力で、マスターフェーダーが一番左側というのが変わっている。外部にDDRレコーダを接続すれば、録画のコントロールも可能だ。

本体とはEtherかRS422で接続される。残念ながら本体は見せて貰えなかったが、基本的には自動雲台とコントローラの会社なので、スイッチャーとミキサー、DDR部分は他社製品をリモートで動かしているだけだろう。それでも、放送に関わる全ての装置を1つのコンパネでまとめて制御するという考え方は、放送の専門家ではない学校の先生達が扱うにはわかりやすく、合理的である。

かなり大型のカメラも載せられる「KX-PD50VR」。雲台側にカメラタリーもある レール上をプログラムで動くロボットシステム「KX-RC1000」

DJI

プロ機の世界で成功した中国企業の一つ、DJI

DJIブースでは、カメラコントローラの「Master Wheels」が人気を集めていた。すでに発売されている製品だが、なかなか現物を触る機会のない商品でもある。

ブースで注目のMaster Wheels

こうしたホイール形コントローラの原点は、ワイヤーカムである。ワイヤーカムでは、各ホイールはギヤを通じてワイヤーに繋がっており、それを巻き取ることでヨー、ピッチ、ロールをコントロールする。

DJIのMaster Wheelsはワイヤレスではあるが、コントロールに遅延は感じられず、かなり滑らかにコントロール可能だ。またホイールの回転に対する動作スピードが手元で簡単に無段階で変えられるのは、大きなメリットだ。

車の後部座席にセットされたMaster Wheelsを体験

リモート雲台が標準となる時代が到来する可能性を感じた

今回多くのブースを見て回って感じたのは、スタジオユースのカメラのリモート製品の多種多様性だ。ドローンから派生したジンバル文化の中心地ということもあるだろうが、もはや三脚文化をバイパスしていきなりリモート雲台の世界が標準化してしまったようにも思える。あと数年で「日本人はまだ人がカメラ振ってるの?」と笑われる時代が来ないとも限らない勢いだ。

これは裏を返せば、中国の映像業界の急成長ゆえだろうとも考えられる。手動で滑らかに動かす、あるいはハンディで綺麗に撮るにはある程度の修行が必要であり、日本にはすでにこれができる人は沢山いる。それだけ映像業界も成熟しているわけだ。

一方中国の映像産業はここ10年で急速に立ちあがったものであり、しかも職業選択の自由があるわけでもないので、誰もが修行してカメラマンや監督になれるわけではない。悲しいかな、生家が裕福でないために映画学校・大学へ進めず、一生三脚を担ぐだけしかできない人も存在するのだ。

そうした社会では、修行などすっ飛ばして早く結果が欲しい、という事になる。できる人がいないならモーター制御でやればいいじゃん、という結果、こうした方向性が強化されるという流れなのかもしれない。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.02 [BIRTV 2018] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-08-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.03 BIRTVでしかお目にかかれない機材たち