PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.04 ジンバル製品で気になったあれこれ
News

[BIRTV2018]Vol.04 ジンバル製品で気になったあれこれ

#Report NOW! #BIRTV

2018-08-30 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

激戦区の軽量カメラシステム向けジンバル

プロからすれば当たり前のものだが、一般的にはほとんど興味を持たれないというジャンルがある。その最たるものが、「ジンバル」ではないだろうか。一時期Go Pro用やスマホ用ジンバルが人気を集めたことがあったが、実際にそれらを使っていた人たちには、アマチュアは少ない。何らかの形で映像を生業にしていた人たちである。

現在プロ用ジンバルの大手は、DJIだろう。RoninおよびRonin-2は、あっという間にFREEFLYのMōVIを追い越して、シネマ撮影では欠かせない存在となった。

一方で、もっとシンプルかつ軽量なカメラシステム向けジンバルは、決め手がなく激戦区となっている。Ronin-Sの登場で一定の道筋はついたものの、BIRTVではまだまだ決着が着いたとは思えない、沢山の競合製品を見かけた。

Feiyu Tech

ジンバル世界では老舗ブランドのFeiyu Techブース

その一つが、Feiyu TechのAKシリーズである。Feiyu Techは、有象無象あるジンバルメーカーの中で、Go Pro用ジンバルをいち早く日本のAmazonで販売し、認知度を得たメーカーだ。

同社新モデルのAK4000

AK4000は今年の新製品で、ペイロード4kgを誇るシングルハンドルのカメラジンバルだ。パン・チルトをコントロールするためのジョイスティックのほか、左サイドに様々なコントロールを割り付けられるマジックリングを装備したのがポイント。ジョイスティックでは制御できない残りの1軸の制御のほか、カメラのズームやフォーカスのコントロールが可能。レンズのリングを回すためのコントロールキットも標準で付属する。

タッチパネルと横のマジックリングがポイント

またタッチパネル式液晶画面を備え、モードや設定変更も本体のみで行なえる。加えてシャッター制御も可能で、長時間露光や自動回転しながらのタイムラプス撮影も可能になっている。価格は3700元というから、日本円に換算すれば6万円強といったところか。

2.7kgまで載せされる中級機AK2000

ペイロードが2.7kgの姉妹機、AK2000は2400元で、日本円では4万円前後。多彩な機能を持つジンバルがこの価格とは、2年前では考えられなかったことである。

Shenzhen Hontoo Technology

ジンバルスタビライザーのベンチャーShenzhen Hontoo Technology

こうしたシングルハンドのジンバル撮影をサポートするデバイスもある。メインホールの2階奥に小さなブースを出していたShenzhen Hontoo Technologyはまだ立ちあがったばかりのベンチャーで、販社を探している最中だというが、ベストタイプのスタビライザーアームを開発している。

この手のサポートギアは、探せばいくらでも見つかるものではあるが、同程度の品質ながら安いというだけで、中国では勝負になる。上位モデルでも約3000元(5万円前後)というから、かなり安い。ミラーレスや軽量レンズ付き一眼の動画撮影なら、10万円もかけずにスタビライズ撮影ができる世界がやってきそうだ。

伸縮可能なアームが付いたスタビライザ「HT-0504」、約3000元(5万円前後) こちらはダンパー付きモデル「HT-0505」、2600元(約4万3千円)

Coman

日本のAmazonにも出店しているComan

一方で中国の三脚メーカーも、工作精度も含め徐々に力を付けてきている。特に軽量と堅牢性で人気が高いカーボンファイバー製の三脚は、中国ではアルミと比較してもそれほど高いものではなくなってきている。

すでに日本のAmazonにも販路を持つComanでは、カーボンファイバー製のモノポール「DX428CQ5」(Max1910mm/4段)が、簡易ボールヘッド付きで93米ドルと、かなり低価格だ。ただしこれは工場出荷価格で、実際には販売店の利益や送料等で多少高くなるだろう。だが機動性重視の海外展示会場取材用途としては、軽くて安いモノポールは1本欲しいところだ。

カーボン製モノポール「DX428CQ5」が93米ドル

完璧なものを求めれば、それだけコストがかかるし、チャンスを逃す可能性もある。それでも仕事として完璧を求められる現場が多いため、機材においても完璧なものを求めざるを得ないのが日本の映像業界の現状だ。

一方で完璧さを求めずにコストを下げ、あとはスピード感で回していくのが中国流である。とはいえ中国もだんだん製造の精度が上がっており、以前は10個買って2個動けば御の字ぐらいだったのが、10個買って7つぐらいは動くようになってきている。そういった国とうまく付き合っていくセンスが、今の日本に求められているのかもしれない。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.03 [BIRTV 2018] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-08-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.04 ジンバル製品で気になったあれこれ