PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2018]Vol.02 会場から気になるブースをピックアップPart1
News

[IBC2018]Vol.02 会場から気になるブースをピックアップPart1

#Report NOW! #IBC2018

2018-09-28 掲載

txt:猿田守一 構成:編集部

引き続き、IBC2018の会場から気になったブースから取り上げていきたい。

ARRI

ARRIブースではALEXA LF 3.0バージョンが展示されていた。新たなバージョンではビューファーのバージョンが上がりEVF-2となった。EVFー2では表示パネルがフルHDとなり視認性の向上が図られている。具体的にはコントラストが上がり明るさも向上している。

また、記録部となるメディアベイのアップグレードも行われた。今まではSxSの使用ができなかったが、今回のアップグレードによりSxSへの対応が可能になった。また従来のSSD記録の信頼性の向上も図られた。

通常、フォーカスコントロールはWCU-4デジタルリモートホイールで制御するが、今回新製品としてOCU-1が展示されていた。OCU-1はフォーカスマンがフォーカスコントロールをリモートでコントロールしている場合、これまではオペレーター自らフォーカスを変えることができなかったが、このOCU-1を使用することで、フォーカスコントローラー間に介在できるようになり、オペレーター自らフォーカスをコントロールする事ができるようになった。

ARRIの照明コントロールアプリケーションSTERAが発表された。サブスクリプションモデルで課金モデルとなっている。DMXに接続されているLED照明をこのアプリにより一括制御ができる。iPhoneやiPadをコンソールとして照明をコントロールする時代が来たのだ。

■ARRI動画レポート

Leithz

Leitz Cineロードマップを紹介。将来のレンズLeitz Zoom&Primeを発表した。今回製品のアナウンスではなく、ロードマップが公開され、LeitzCineがどう歩むのかと提案の中でのの共有となる。将来こういう製品ができるのプロトタイプの紹介となった。

今回予定されているレンズは、LeitzZoom&Prime(暫定)。18mm-180mmをカバーするプライムレンズ12本と25-75mm 55-125mmズーム2本となる。その12本は18、21、25、29、35、40、50、65、75、100、135、180。フルフレームよりも大きくVistavisionをカバーする。

開放値はプレイムが、1.8、ズームが2.8となる。前径95mmから114mmとなる。業界スタンダード114mmで周辺機器は流用可能となる。重量は、プライムは、2.9kg、ズームは、3.4Kgを予定。

果たしてどんなレンズかといえば、ライカっぽい味のあるルックを受け継いだ仕上がりの延長線上にあるという。新しいレンズはLeitzの最高傑作であり今まで培ったノウハウをフル活用した次世代レンズであるという。

プロトタイプをテストをしたユーザーのコメントは「こんなレンズは見たことないという言葉が出たそうだ」。では具体的にどうなのか?と説明を聞いたが、実際の画はまだなく、とにかく透明感が素晴らしいとのこと。今回のコンセプトは、次世代のレンズで初のズームレンス。できるだけで明るいレンズを標榜しなおかつ進化するというレンズに期待だ。

気になる価格の方は、プライムレンズ(仮)の想定値段が4万2千ユーロ、ズームは4万5千ユーロを予定している。今までにない値段となり過去最高値となるラインアップとなる。ズームは、2019年末、プライムは12本揃って2020年の予定。出荷は、全てレンズが揃ってからリリースするという。

富士フイルム

富士フイルムブースでは、Sony FS7にMK50-135mm T2.9シネレンズを組み合わせ、SLR Magic社製1.33x-65Anamorphot Adapterのアナモフィックレンズアダプター、PDMOVIE社製リモートフォーカスシステム、Chrosziel社製ズームサーボという組み合わせのカメラシステムの参考出品が目を引いた。

SLR Magic社製のアナモフィックレンズアダプターにはピントリングが存在するため、MKレンズのフォーカスに加えアナモフィックレンズアダプターのピント調節が必要となる。この調整にはPDMOVIE社製のアナモフィックアダプター用にプログラムされたフォーカスコントローラーを使い二つのフォーカスリングを同時にコントロールしてしまうという、非常にクレバーなシステムが組み上がっていた。

Chroszielのズームサーボもかなりいい動きをしていた。これらのシステムを利用することで、比較的安価にシネマスコープサイズの映像を撮影することができてしまう。シネマスコープ映画はすでに1950年代には実現していたので先祖返りしたシステムとなるのだが、16:9に見慣れた現代では1:2.35といワイドな画角に新鮮味を感じるのではないだろうか。

スーパー35mmセンサー・PLマウントに対応ZK12×25ズームレンズをEFマウント変換を用いAU-EVA1に装着した展示も行っていた。

ATOMOS

最新のミラーレスカメラが全て揃っており、人の絶えないブースとなていた

NABで発表されていたNINJA V(ファイブ)の最終形態に近い動作品が展示されていた。NINJA Vは、5.2インチ1,000nit 4K60PのHDR記録再生可能なモニターレコーダー。HDMI2.0に対応した入出力を装備している。

また、ATOM Xのコンセプト展示が行われていた。ATOM XとはATOMOSより発売されているモニターレコーダーに装着可能なアクセサリー群を総称してATOM Xという。ATOM XはATOMOSとそれ以外のアライアンスからのデバイスから構成されている。パッテリーマウント部分に装着するエクスパンションユニットを装着する事ができ、機能拡張ができるようになる。

ATOM Xは、周辺機器だけにとらわれずPeak Designなどアクセサリー類も今後増えていくという

今回変わったところで、キャリングケースのソリューションとしてPeak Designのケースが発表された。

■ATOMOS動画レポート

JVC

JVCブースでは、4KハンドヘルドカメラのGY-HC500とGY-HC550のコンセプトモデルの展示がされていた。今回の展示機は外部モニター出力が行えるだけで、その他の操作がまだできないモデルであった。なんとかIBCに映像が出せるカメラを間に合わせた感じである。

実際に見た感じのサイズ感は今回お目見えになった他社の同クラスのカメラとほぼ同じサイズ感と重量感であった。展示機ではまだレンズの操作リングも効かない状態ではあったが、マニュアル操作時のリングの重さなどは粘り感のあるいい仕上がりだった。

20倍ズームレンズ搭載ということで、他社同クラスのカメラと比較しても一歩前に出ている感ありだ。今後どのような味付けになって登場してくるのか楽しみなカメラだ。操作性に関してもGY-HM600シリーズを踏襲しているようなので、JVCユーザーであれば違和感なく扱えるのではないだろうか。

■JVC動画レポート
txt:猿田守一 構成:編集部
Vol.01 [IBC2018] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2018]Vol.02 会場から気になるブースをピックアップPart1