PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Intro:今年も全館使用で過去最大規模のInterBEE 2018を勝ち抜け!

News

[InterBEE 2018の歩き方]Intro:今年も全館使用で過去最大規模のInterBEE 2018を勝ち抜け!

2018-10-30 掲載

今年は11月14日(水)~11月16日(金)に開催

今年も11月14日(水)~11月16日(金)の3日間、映像機器、音響機器、放送・通信システム、コンテンツ技術などを一堂に会した展示会「InterBEE 2018」が行われる。昨年は1ホールから8ホール(54,000m2)の連結された会場をすべて使った過去最大規模の開催が話題になった。今年のInterBEEも昨年同様、1ホールから8ホールを使って、出展者数は昨年の1,139社を上回る過去最大規模での開催となる見込みだ。

PRONEWSでは今年も特集「InterBEE 2018の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成した。会期中に幕張メッセ内の入り口やPRONEWSのメディアブースにて配布予定だ。InterBEEに来場の際には、ぜひ手にとって活用してほしい。

【InterBEE 2018 開催概要】

■名称
InterBEE 2018/(第54回)2018年国際放送機器展

■会期
2018年11月14日(水)~11月16日(金)[3日間]

■会場
幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1

■開場時間
11月14日(水)10:00-17:30
11月15日(木)10:00-17:30
11月16日(金)10:00-17:00

■入場料金
無料(登録制)

簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利になっている
※写真は昨年のもの

InterBEEの入場事前登録方法

InterBEEは入場は無料だが、完全登録制となる。参加登録の方法は大きく分けて3種類ある。

■来場前にオフィスや自宅で登録

来場前にInterBEEのINTER BEE MEMBER SITEで登録をして、印刷した入場証を会場に持ち込むとスムーズに入場が可能になる。

INTERBEE MEMBER SITE

■来場中の途中に登録

入場事前登録ができなかった場合は、来場途中の電車やバスの中の中からスマートフォンから事前登録ができる。登録完了画面を会場受付のスマートフォン発券カウンターに提示することで、入場証の発券が可能だ。

InterBEEのINTER BEE MEMBER SITEへのQRコード
■登録カウンターでPC登録

会場入口の登録カウンターでもPC登録して、その場で入場証の発券ができる。ただし、登録カウンターは混雑が予想されるので、できるだけ事前登録を済ませておくのがいいだろう。

今年の見逃せないブースはこれだ。編集部お勧めのコースに注目

PRONEWSでは今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップした。6種類のコースを用意し、各コースに見逃せない約8ブースをピックアップ。限られた時間しか会場を見て回れないという人が2~3時間で回り切ることができるブース数を想定した。 このコースを参考に、InterBEE 2018を楽しんでほしい。


[InterBEE 2018の歩き方] Aコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE 2018の歩き方]Gコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

今年のInterBEEは、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Fコース:動画撮影用アクセサリーはこれがお勧め〜動画撮影用アクセサリー/音響/モニター編

主に動画撮影の際に使用するアクセサリーを巡るコース。このコースの注目は各社新製品だ。小型化するレコーダー、HDR対応のモニター、ハイレゾリューションを実現する360°カメラなど、映... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼〜ノンリニア編集システム/カラーコレクションコース

4K/8K、HDR、RAWに対応した最新の編集ツールに注目 4K/8K、HDR、RAWによる高画質化やクラウドによる管理・編集によってワークフローはどのように変化するのか?会... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Dコース:三脚・スタビライザーの世界〜ジンバル/スタビライザー/三脚コース

撮影現場でポピュラーになってきた3軸カメラジンバルに注目 最近の撮影現場では、カメラ自体を揺れにくくする3軸カメラジンバルがポピュラーになってきている。主要なカメラジンバルメ... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線〜スイッチャー/コンバータ/配信コース

高解像度伝送に必要な12G-SDIやVideo over IP対応製品に注目 4K、8K、HDRによる映像表現の進化で、4K UHD映像を1本のケーブルで伝送できる12G-S... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 〜シネマカメラ用交換レンズコース

ラージフォーマットセンサー対応プライムレンズや4K対応高倍率放送用レンズの展示に注目 REDのMONSTROセンサー搭載カメラやソニーのVENICE、ARRIのALEXA L... 続きを読む

[InterBEE 2018の歩き方]Aコース:スタジオカメラやシネマカメラの最前線 〜スタジオカメラ/カムコーダ/デジタルシネマカメラコース

身近になった4Kカメラや8K関連の展示に注目 ソニーやパナソニック、キヤノンは、今年のNABやIBCでシネマカメラの新機種は発表していない。その代わりに昨年発表されたVENI... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Intro:今年も全館使用で過去最大規模のInterBEE 2018を勝ち抜け!