PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

News

[InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

2019-11-15 掲載

放送業界のクラウド、IP化が叫ばれて久しいが、いよいよここに来てそれが本格化したように思われる。今回はそのトレンドを受けクラウドやIPに関して最前線であるAWSクラウドを中心に巡るコースを用意した。

Inter BEE 2019会期中に併催の、民放連会員各社の放送技術に関する最近の研究や開発が一堂に報告される「民放技術報告会」(会場:国際会議場3階 主催・企画:一般社団法人日本民間放送連盟(JBA))において、クラウド変革の可能性やクラウドを取り入れて開発した最新技術の発表が各局から並ぶようになった。

放送業界に向け、クラウドメディアのアピールが早かったアマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)の出展の存在は、メディア業界における「放送と通信の共存」の形勢の中、注目が寄せられている。

01 アマゾン ウェブ サービス ジャパン[#6401]

AWSのInter BEE出展は、今年で6回目。最初は1小間スペースにプレゼンテーション資料を表示するモニターが設置されただけだった。今年の30小間スペースでは、AWS自身の展示コーナーに加え、技術パートナーとソリューションパートナー社17社が集結し、各社による最新技術の体験の場を提供する(ブース番号:6401)。そして、AWSブースの外では20以上の出展社から、AWSのクラウドを使った独自のサービスや従来の放送運用とインフラをクラウドへつなぐソリューションを紹介している。

AWSブースでのパートナー出展は17社。AWSは、メディアの制作から発信するまでのワークロードを、「コンテンツ制作&ポストプロダクション」「コンテンツ&ワークフロー管理」「コンテンツ配信&送出」「機械学習&データ分析」と、4つのカテゴリーに定義し、各分野においてクラウドを利用したメディアソリューションを提供している

■制作

  • パナソニック株式会社
  • イノテック株式会社
  • 株式会社JVCケンウッド
  • クラウディアン株式会社
  • 株式会社ナレッジコミュニケーション

■配信

  • 株式会社PLAY
  • 株式会社アット東京
  • 株式会社イノコス
  • KKSTREAM Limited
  • 株式会社ソシオネクスト w/アイベックステクノロジー株式会社
  • 富士通株式会社

■管理

  • 株式会社IMAGICA Lab.
  • 株式会社アップストリーム w/東海テレビ放送・中京テレビ放送・CBCテレビ・テレビ愛知
  • Dalet Digital Media Systems
  • 株式会社トラフィック・シム
  • 株式会社フォトロンファイルフォース株式会社

AWS展示コーナーでは、クラウド上で動画ワークフローを構築可能な「AWS Media Services」を活用した放送と配信の取り組みを、4つのワークロードに沿って紹介している。クラウド上でのコンテンツ制作や編集、管理、超低遅延ライブ配信、新フォーマットAV1対応の次世代エンコーディングや低ビットレートと高クオリティのバランスを調整するQVBR形式のエンコーディングといった最先端技術、AWSのML(機械学習)サービスを活用した、メタデータ抽出、自動クリッピング、キャプション、リアルタイム翻訳など。

超低遅延ライブ配信においては、10月に行われた「FIVB ワールドカップバレーボール 2019」で、フジテレビジョンが取り組んだ、試合を別視点で見る「セカンドスクリーン」、SNSを操作しながら見る「ながら視聴」を実現するための超低遅延配信システムでAWSのメディアサービスが採用され、一か月以上のイベント開催期間中、約3秒遅延で数万人規模の同時視聴を安定した配信を成功させた。

先述した、20社以上におよぶAWSクラウドを利用したサービスや技術を展開している展示ブースについては、次にピックアップして紹介する。

02 パナソニック システムソリューションズ ジャパン[♯2514/AWSブース]

パナソニックの映像制作機材が創る「クラウドワークフロー」は、AWSブースのコンテンツ制作コーナーで紹介。

  1. 情報カメラ映像の収録・管理システム:現場映像をAWSクラウド上でデータ化、必要部分のみ迅速に届けられる
  2. 取材業務の効率化(P-VoT連携):カメラ自動転送で素材をクラウド管理、同社の音声処理・音声認識技術を活用した文字起こしサービス「P-VoT(ピーボット)」との連携
  3. 専用システムを構築することなく、AV機器・システムの稼働状況をリモート監視するクラウドサービス「CARES」でエッジデバイスを監視

03 トラフィック・シム[♯5206/INTER BEE SPORTエリア内#7512/AWSブース]

トラフィック・シム社は、自身の展示ブースに加え、「InterBEE SPORTS」内とAWSブースで展示を行っている。中でも、「Cloud RecShare (RCD-50HR)」は、スポーツ放送でハイライト用クリッピングに有効活用できる新製品で、事前登録されたスケジュールや手動作業で素材をクラウド上にクリップできるシステムだ。スケジュールを登録する事で、試合毎のデータをクラウドにアップロードすることを可能とする。

04 富士通[♯6112/AWSブース]

「IP-HE950」は、1Uハーフラックサイズの高効率映像符号化方式H.265/HEVCを実装したリアルタイム映像伝送装置で、4K映像のリアルタイム伝送を可能にする。クラウドを利用することで、リーズナブルで高精細な映像伝送およびライブ中継するシステムが構築できる。IP-HE950で圧縮した高品位映像を低遅延で伝送でき、複数リージョンを経由した国際伝送や複数拠点へのマルチポイント伝送も設定1つで可能になる。AWSブース内にある同社展示コーナーに、4KカメラとIP-HE950Eを設置し、ライブ動画伝送サービス「AWS Elemental MediaConnect」を経由して、富士通側ブースに設置したIP-HE950Dでライブ受信している。

05 JVCケンウッド[♯6209/INTER BEE SPORTエリア内#7521/AWSブース]

CONNECTED CAMの最新ソリューションとして、AWSクラウドサービスを活用する制作環境をAWSブースのコンテンツ制作コーナーで紹介。CONNECTED CAMに搭載している撮影クリップが生成される毎に自動でアップロードされる「オートFTP機能」を使い、AWSクラウドへダイレクトにアップロードができる。クラウドに転送した撮影クリップは、対応するノンリニア編集システムで遠隔編集が可能となり、即時性の高い素材を短時間で制作する環境が実現する。

06 フジミック[♯7305]

フジテレビジョンが2月から始動している、VTRで管理していた番組素材をAWSベースのクラウドサービス上のデータファイルとして管理する総合コンテンツ管理システム(MAM)を導入するにあたり、フジミック社がそのシステム構築に携わっている。同社ブースでは、フジテレビジョンのコンテンツ管理システムを導入事例として取り上げたプレゼンテーションを随時行っている。本構築は、民放技術報告会でも「クラウドを活用した総合コンテンツ管理システムの構築」と題して、フジテレビが発表した(11月13日)。

06 カリーナシステム[♯7510]

スポーツのダイジェストクリップ編集、ニュースコンテンツの切り出しなど、キー局、準キー局のインターネット用コンテンツ制作で、安定した運用実績を持つコストパフォーマンスに優れた時差編集システムパッケージ「MEDIASYNERGY CLIPPER」。AWS上で構築できるクラウド版があり、ストレージサービスAmazon S3と直接の連携、そしてライブ動画処理サービス「AWS Elemental MediaLive」と接続してライブ配信が可能。

07 FOR-A [#4206]

クラウド音声認識サービスを使い、字幕制作および文字起こし作業を支援するサービス「NeON-CA(NeONクラウド・アシスト)」を実演で紹介。映像ファイルの音声を、GoogleやSpeechmatics、Microsoft Azureといった音声認識サービスを使って音声認識し、朋栄IBEが開発した地上デジタル・アナログ用字幕放送画面制作システムNeONをベースに字幕ページと文字起こし情報を自動生成する。

字幕データはプロキシ映像にオーバーレイしてプレビュー確認でき、編集やARIBファイル出力が可能。オンラインストレージ Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)と、ダイレクトな連携がとれる。対応映像ファイルはMPEG1/2、H.264 /MP4、MXF(XDCAM互換)。本サービスの利用開始は2019年12月を予定している。 


Fコース [InterBEE 2019の歩き方] Intro

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay02:各人の視点でみた今の映像制作、あり方を考える

Inter BEE 2019 11月14日 ふるいちやすし 今回は2日目の朝イチから歩き方.tvだったので初日に下見... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay01:令和最初の祭典はどうだった?

Inter BEE 2019 11月13日 岡英史 映像業界1年の締め括りとも言えるInterBEEが今日から開催された。今年はオリ... 続きを読む

[お知らせ]新企画PRONEWSスタンプラリー開催中。Mavic MiniやSamsung SSDなど豪華商品も!

展示会場でスタンプラリーInterBEE 2019を開催 PRONEWSでは、InterBEEの展示会場を見ながらも、豪華商品が当たる「スタンプラリーInterBEE 201... 続きを読む

[お知らせ]毎年恒例PRONEWSオリジナル「Inter BEE 2019の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2019の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

主にポストプロダクションで使用されるノンリニア編集ツールやソリューション、周辺器機を巡るコース。斬しくBlackmagic RAWやProRes RAWに対応した編集ソフトや、HD... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

カメラと一緒に使うアクセサリーを巡るコース。このコースで、SSDや三脚、スタビライザー、レコーダーなどをチェックすることが可能だ。 01 アイ・ディー・エクス[#8503... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

※写真は昨年の様子 配信機材やスイツチャー、メディアコンバーターを巡るコース。ライブ配信ニーズの高まりで、配信機材やスイッチャーの新製品が増えている注目のジャンルだ。 ... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

今年のInterBEEも、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 ~シネマカメラ用交換レンズコース

デジタルシネマカメラ用の交換レンズについて考えるコース。InterBEEはなかなか手に取る機会の少ないシネマカメラ用交換レンズに触れられる絶好の機会だ。 01 サイトロン... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション