PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-
News

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-

#PRONEWS AWARD 2019

2019-12-31 掲載

6KフルサイズCMOSイメージセンサー搭載や使いやすさが特徴のシネマカメラ「PXW-FX9」

大賞
XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FX9」
ソニー

毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDを発表。PRONEWS独自の視点から、ソニーのXDCAMメモリーカムコーダーPXW-FX9をPRONEWS AWARDの大賞とした。

映像業界では、ミッドレンジクラスのシネマカメラが話題だ。シネマカメラといえば、ハイエンドクラスのものという時代も変わり始めた。ハイエンドの世界で普及していたフルフレーム6Kセンサーをミッドレンジクラスで実現したからだ。

シネマカメラのミッドレンジクラスには、キヤノンのEOS C500 Mark IIもほぼ同時に市場に参入。ソニー、キヤノンとも、6Kフルフレームセンサーや高度なオートフォーカス、手ぶれ補正を搭載。それに加えてC500 Mark IIでは、フルサイズセンサーの5.9Kを内部RAW記録やユーザーによるレンズマウント交換対応を特徴としている。

一方、FX9は拡張ユニットを使ってRAW記録対応で、フルフレーム6K(6008×3168)スキャンからダウンサンプリングによる解像感をもった4K映像収録が可能。技術仕様の比較では、EOS C500 Mark IIが優位だ。それでもFX9の大賞を後押ししたのは、ミッドレンジクラスのベストセラー機であるFS7/FS7 IIシリーズ後継モデルであり、価格の面でもFX9が優位のためだ。

FX9の特徴を改めて紹介しよう。FX9は、ソニーのαシリーズ、シネマカメラのVENICE、FS7の使い慣れた技術を1つにパッケージにしているのを大きな特徴としている。

αシリーズからは、高速なオートフォーカスを継承。位相差検出方式とフォーカス精度の高いコントラスト検出方式を兼ね備えたファストハイブリッドAFの搭載。シネマカメラにもドキュメンタリー、イベント系では確実に使えそうな高性能AFが標準搭載されるのは注目点だ。フルサイズでは被写界深度の浅さゆえにフォーカス合わせが問題となっていたが、FX9ならばオートフォーカスに頼った撮影もできそうだ。

VENICEからは、デュアルベースISOを継承。高感度耐性は高く、ISO800とISO4000でほぼ同じノイズレベルを実現。ワイドカラースペースは、S-Gamut3/S-Gamut3.cine/BT.2020を搭載。VENICEの開発を通じて得られた知見を元に作られた「S-Cinetone」によって、VENICEの色に非常に似ているのも特徴だ。

FS7からは、使いやすさを継承。特にFS7で大好評のバリアブルNDフィルターをフルサイズ対応にリニューアルし、INPUT LEVELダイヤルは4チャンネル分搭載。マルチファンクションダイヤルの操作性が優れているのも大きなポイントとなっている。

2020年の展望

映像業界を取り巻く制作環境は、目まぐるしい変化を遂げている。2020年はいったいどんな新製品やサービスが登場し、業界がどのように変わるのだろうか?まず、2019年を振り返りたい。

PRONEWSでは、今年もNAB2019やCine Gear Expo、Inter BEEを取材してきた。そこで見えてきた2019年の最も特徴的な出来事の1つは、各社から6Kシネマカメラの登場だ。これまでの6Kシネマカメラといえば、REDの6K RED DRAGONのような劇場公開作品などの高いクオリティの映像を制作する現場が使用する特別な存在だった。ところが、今年はS1HやBlackmagic Pocket Cinema Camera 6Kなど個人でも購入できる6Kシネマカメラが各社から登場。編集時により余裕をもった映像制作が実現可能になってきている。

トキナーやキヤノン、シグマ、ツァイスからは、個性的なルックやフレア表現を特徴としたシネマレンズ登場も印象的な出来事だった。

2020年にPRONEWS的にもっとも注目したい動向の1つが、フルフレームミラーレスカメラのRAW出力と外部レコーダーによるRAW収録だ。ニコンは2020年12月にミラーレスカメラ「Z」シリーズを対象に、RAW動画出力機能の有償設定サービスを開始。外部レコーダーのProRes RAW収録に対応するようになり、12ビット収録のよる高度なカラーグレーディングをミラーレスカメラでできるようになってきた。2020年には、S1HもRAW出力に対応予定だ。ミラーレスカメラからRAW出力とProRes RAW記録の普及は、ビデオグラファーにとって大きなアドバンテージになるはずだ。

2020年の放送業界では、4K8K放送の普及を進めてきた東京オリンピックが開催。その一方で、2020年は第5世代モバイル通信システム(5G)が本格的に普及を開始し、VR、AR、MRの普及もこれまで以上に広がっていくのではないかと予想される。2020年は、映像業界にとっては目まぐるしい1年となりそうだ。PRONEWSは来年も映像業界に役立つ情報を皆様にお届けできるよう尽力していきたい。

PRONEWS 編集部


Vol.05 [PRONEWS AWARD 2019] Vol.00

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表

「ポストプロダクション部門」は、プロダクション業界向けの優れたサービスやソリューションを表彰する部門だ。まずは2019年末までに発売されたノミネート製品から紹介しよう。 AI... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表

DJI、Zhiyun、FeiyuTech、Gudsenからミラーレス向けジンバルの新製品登場 2018年はDJIやZhiyunのDSLR用ジンバル新製品で大いに沸いたが、20... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.03 スイッチャーやミキサーの新製品から「配信&スイッチャー部門」の受賞を発表

スイッチャーは、映像・放送業界におけるIPビデオ伝送への移行、そしてライブ配信の隆盛が進むうえで、注目度が増している機材だ。以前から小規模なイベントやセミナー向けが増えてきているが... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表

各社から独特のルックを実現したシネマレンズ登場 今年のシネマレンズ業界のトピックはずばり「独特のルックを実現したシネマレンズ」だ。キヤノンは「Sumire Prime」、シグ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表

2019年は6Kシネマカメラが続々登場 2019年のシネマカメラ業界は、6Kシネマカメラが話題になった年だった。 100万円台クラスから紹介していくと、キヤノンは5.9... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.00 映像業界の2019年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 第10回を迎える「PRONEWS AWARD」。毎度この年の瀬の時期に思うことは、今年も映像業界市場に様々なプロダクトやサービスが投入され... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-