PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表

News

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表

2019-12-27 掲載

1 2

「ポストプロダクション部門」は、プロダクション業界向けの優れたサービスやソリューションを表彰する部門だ。まずは2019年末までに発売されたノミネート製品から紹介しよう。

AIで単純作業を減らしたり、よりクリエイティビティに時間を割ける機能を搭載したAdobe Creative Cloud

自動でトリミングする「オートリフレーム」を搭載したPremiere Pro(左)、新しく「コンテンツに応じた塗りつぶし」を搭載したAfter Effects(右)

アドビは、Premiere ProやAfter Effectsなどの動画制作向けツールを含むAdobe Creative Cloudを発売。春と秋の1年に2度のメジャーアップデートが恒例となっており、2019年のアップデートではまるでマジックショーを見ているようなアドビのAIエンジン「Adobe Sensei」を活用した新機能が話題だ。

Premiere Proは今年11月のアップデートで、ソーシャルメディアやモバイル表示プラットフォーム用のコンテンツを簡単に最適化できる「オートリフレーム」機能を搭載。16:9のワイドスクリーンコンテンツを、ワンクリックで正方形や縦長のコンテンツに最適化してくれる機能だ。業界では、フルHDで制作したコンテンツをSNSでも使いたいという要望が増えているが、「Adobe Sensei」を使って画角を自動トリミングしてくれるのは便利だ。

After Effectsは今年4月のアップデートで、「コンテンツに応じた塗りつぶし」を搭載。映像内の不要な領域やオブジェクトを修復する機能で、時間の経過とフレームの内容をAIが分析して、他のフレームから新しいピクセルを合成して自然に仕上げてくれる結果には驚きだ。

再設計されたUIや次世代エンジン、カスタマイズできるツールセットを搭載したAvid Media Composer 2019

新しく生まれ変わったMedia Composer 2019(左)、Media Composer 2019に新しく採用されたレスポンス式スマートパネル(右)

Avidは、今年5月に新しく再設計したMedia Composer 2019を公開。特に大きく変わったのは整理されたパネル型のインターフェース、メディアを素早く検索できるビン、ユーザーの欲しいものや必要なものだけを表示するタスクベースのワークスペースなど全面的にリニューアル。

また、32ビット浮動小数点カラーツールとカラー管理を使用して、フルカラー高精度でカラーコレクションやグレーディング作業を行えるようになったり、ACES(アカデミー・カラー・エンコーディング・システム)カラー・スペースに対応し、一貫したカラー精度と最高画質の維持を実現。エンド・ツー・エンドで画質をキープするようになった。

ProRes RAWや.braw対応、マルチカム編集の同期ポイント設定にオーディオシンクを追加したグラスバレーEDIUS 9

2019年9月にはVersion9.5を発売したEDIUS 9(左)。今年のバージョンアップの目玉はマルチカムオーディオシンク(右)

グラスバレーは、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS 9」を発売。今年は2019年5月にバージョン9.4、2019年9月にバージョン9.5のアップデートを公開し、ProRes RAWと.brawへの対応や、マルチカム編集のオーディオシンク機能などの新機能を追加した。

今年のアップデートでもっとも話題になったのは、オーディオを解析して複数クリップの時間軸で同期可能なオーディオシンクだ。自動で同期を取ることが可能で、カメラを何台も使って撮影する現場では特に便利な機能だ。

カットページの追加やDaVinci Resolve Editor Keyboardが登場したBlackmagic Design DaVinci Resolve 16

カットページを搭載したDaVinci Resolve 16(左)、専用の編集キーやホールを搭載したDaVinci Resolve Editor Keyboard(右)

Blackmagic Designは、DaVinci Resolve 16を発売。今回も多数のアップデートを実現しているが、最大のトピックはカットページの追加だ。できるだけ短時間で効率よくクオリティの高い編集をしたい時に使うページだ。

DaVinci Resolve Editor Keyboardの登場も大きなニュースだ。通常のキーボード以外にシャトルジョグやイン・アウトを打つためのボタンが追加されている。DaVinci Resolve Editor Keyboardを使うと、マウスを使用せずに直感的に効率よく作業が行える。両手で操作でき、昔のリニア編集のように作業できるのは魅力的だ。

Mac ProとAfterburnerカードの登場で高速処理を実現したアップルFinal Cut X

Final Cut Proは、Mac Pro(2019)とPro Display XDRに対応(左)。「Final Cut Pro XはMac Pro(2019)に完全対応(右)

アップルは、Final Cut Xを発売。今年のFinal Cut X最大のトピックは、動画編集専用のために開発されたMac Pro(2019)とApple Pro Display XDR、Afterburnerカードの登場だ。

Final Cut Pro Xは、Mac Pro(2019)が搭載する複数のGPUと最大28のCPUコアに対応し、これまでにない処理速度を発揮できるようになった。ProRes/Pro Res RAWビデオファイルのマルチストリームのデコードや再生を高速化するAfterburnerカードを使えば、さらにパフォーマンスを得ることが可能。アップルによると、4K ProRes 422ビデオなら最大16ストリーム同時再生、8K解像度での作業であれば8K ProRes RAWビデオを同時に最大3ストリームまで扱うことが可能だという。

編集中のバックグラウンド素材取り込みや完パケMXFの一部書き換えを実現したさくら映機4K Prunus

さくら映機は、ノンリニア編集システム「4K Prunus」を発売。Ver2.0では、解像度を意識させない操作性やレスポンス、編集中のバックグラウンド素材取り込みや完パケMXFの一部を書き換える「部分修正」などを実現。

また、各種カメラによるHEVCコーデックをネイティブに対応したほか、新たに4K/HD-SDIからの編集プレビュー同時出力に対応する。

PRONEWS AWARD 2019 ポストプロダクション部門ノミネート製品

以下がポストプロダクション部門のノミネート製品となる。

  • アドビ「Adobe Creative Cloud」
  • Avid「Media Composer 2019」
  • グラスバレー「EDIUS 9」
  • Blackmagic Design「DaVinci Resolve 16」
  • アップル「Final Cut X」
  • さくら映機「4K Prunus」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-

6KフルサイズCMOSイメージセンサー搭載や使いやすさが特徴のシネマカメラ「PXW-FX9」 大賞 XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FX9」 ソニー ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表

DJI、Zhiyun、FeiyuTech、Gudsenからミラーレス向けジンバルの新製品登場 2018年はDJIやZhiyunのDSLR用ジンバル新製品で大いに沸いたが、20... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.03 スイッチャーやミキサーの新製品から「配信&スイッチャー部門」の受賞を発表

スイッチャーは、映像・放送業界におけるIPビデオ伝送への移行、そしてライブ配信の隆盛が進むうえで、注目度が増している機材だ。以前から小規模なイベントやセミナー向けが増えてきているが... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表

各社から独特のルックを実現したシネマレンズ登場 今年のシネマレンズ業界のトピックはずばり「独特のルックを実現したシネマレンズ」だ。キヤノンは「Sumire Prime」、シグ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表

2019年は6Kシネマカメラが続々登場 2019年のシネマカメラ業界は、6Kシネマカメラが話題になった年だった。 100万円台クラスから紹介していくと、キヤノンは5.9... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.00 映像業界の2019年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 第10回を迎える「PRONEWS AWARD」。毎度この年の瀬の時期に思うことは、今年も映像業界市場に様々なプロダクトやサービスが投入され... 続きを読む

特集記事

再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表