PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp
News

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

#BlackmagicDesign #ATOMOS #SIGMA fp #Camera Preview 2020

2020-07-21 掲載

txt:駿河由知 構成:編集部

使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp

2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる高画質配信TIPS」というテーマで出展し、SIGMA fpを4台展示した

筆者の通常業務は、インターネットライブ配信である。これまで配信用カメラは、業務用ビデオカメラ、CINEMA EOS SYSTEM、ミラーレス一眼などを使用してきた。その中でも「SIGMA fp」は昨年の登場以来、メーカーにサポートをいただきながら、多くの現場で検証を重ねてきた。

SIGMA fpは「全部入りではない」ところが楽しみを大きくしている。動画撮影でのオートフォーカスは若干微妙であったり、ヘッドフォン端子がなかったり、不便も感じる。しかしながら、不思議なことにものすごく愛着の湧くカメラである。

インターネットライブ配信の場合、複数台のSIGMA fpのHDMIから映像スイッチャーにケーブルで接続しカメラスイッチングが可能だ。豊富なシグマレンズのラインナップの中から、イメージにあったレンズを選択できることも大きなメリットがある。音楽ライブのアーティストからも、SIGMA fpの映像の評価は群を抜いて良い。

それともう一つ、カラーモードの選択により、SIGMA fpならではのユニークなカラー演出が可能だ。特に筆者は「ティールアンドオレンジ(T&O)」が一番のお気に入りだ。

そして2020年6月25日、SIGMA fp初となるファームウェアメジャーアップデートVer.2.00が公開された。気になる機能を紹介していこう。

右がファームウェア1.0からファームウェア1.1へのアップデート。左が今回リリースされた1.02から2.00へのアップデート

SIGMA fpメジャーアップデートVer.2.00

アップデートVer.2.00でHDMI RAW出力を搭載。NINJA VやVideo Assistを外部レコーダーとしてRAW記録が可能に

SIGMA fpとATOMOS NINJA Vとの組み合わせ

アップデートで最初に注目したのは、RAW出力の対応だ。外部レコーダー記録はATOMOS「NINJA V」が今夏公開予定のファームアップデートで、Blackmagic Design「Blackmagic Video Assist 12G HDR」は2020年7月17日に公開されたBlackmagic Video Assist 3.2アップデートにて対応する。Blackmagic Designによると、残念ながら2020年7月16日に発表された低価格モデルの新製品「Video Assist 3G」シリーズはSIGMA fpのRAW外部記録に対応しないとのこと。また、シグマによると、SIGMA fpファームウェア Ver.2.00とBlackmagic Video Assist 3.2を使用したBlackmagic Video Assist 12Gモデルの組み合わせにおいてRECトリガーが動作しない現象が確認されているとのことだ。

■HDMI経由によるRAWコーデック記録対応の外部レコーダー

  • ATOMOS NINJA V(税別92,500円)
  • Blackmagic Video Assist 5” 12G HDR(税別89,980円)
  • Blackmagic Video Assist 7” 12G HDR(税別113,800円)
SIGMA fpとBlackmagic Video Assist 5” 12G HDRとの組み合わせ

SIGMA fpは、発売当初からCinemaDNGの12bit RAW収録対応が特徴だった。しかし筆者の場合、多くのストレージが必要なため使用することはなかった。筆者は4Kテレビのコマーシャルなどをバリバリに編集するタイプではなく、「ライブ配信後のダイジェスト映像」の制作などを最近多く行っている。

このダイジェスト映像制作は、1080PのH.265、解像度は大きくて4K、短期間納期、低コストでの作業が多く、長年使い慣れている編集ソフトのFinal Cut Pro Xで作業する場合が多い。となると筆者が待望しているのは、Final Cut Pro X+ProRes RAWを記録できるNINJA Vのほうだ。RAWでありながら、扱いやすいデータサイズやパフォーマンスの良さに期待している。

特に会議室のような現場では、しっかりと色温度を合わせても収録された映像が合っていない場合がある。NINJA VにProRes RAWで録画しておけば、「まったくホワイトバランスがあっていない」という事故が起こっても後から調整できると考えている。

Blackmagic Video Assistでは、Blackmagic RAW形式で直接録画することが可能だ。執筆時点はSIGMA fpへの直接収録対応前で体験はできなかったが、現在はDaVinci Resolve Studioとの組み合わせでパーフェクトなポストプロダクション環境を構築が期待できそうだ。

ちなみに、これも驚いたことだが、「12bit HDMI RAW出力機能」は「DCI 4K」にも対応する。ライブのダイジェスト映像をちょっとおしゃれに仕上げたい場合などに、DCIのシネスコサイズで仕上げれば目を引く映像を制作できるのではないかと考えている。

ISO100、3200のデュアルベースISO採用

ISO100、3200のデュアルベースISOもアップデートで気になった点だ。筆者の場合、ライブハウスでの撮影が多いが、場所によってはピンスポットライトなどによって照明の明るさが変化することがある。このような場合に、デュアルベースISOを3200に設定することで白飛びを防ぐことができ便利だ。

待ちに待ったAFの改善

アップデートVer.2.00によるAF改善も嬉しいトピックの1つで、とても気になった。これまでAFの遅さはSIGMA fpの弱点の一つであったと思う。それがアップデートによりかなり改善された。特に、24-70mm F2.8 DG DN | Artに関しては、大幅な改善を体感できた。筆者は、SIGMA fpをビデオ通話にも使用しているが、24-70mm F2.8 DG DN | ArtをF4ぐらいに絞って使っても問題を感じることはない。ただし、35mm F1.4 DG HSMや50mm F1.4 DG HSMなどの明るい単焦点レンズだと、顔検出や瞳検出にしても開放などの精度はまだ問題を感じる部分もある。さらに改善してほしいところだ。

RAW撮影で最適な「カラーモードOFF(切)」を搭載

各撮影シーンに最適な色調、コントラストなどを調整できる「カラーモード」は、これまで初期設定のスタンダードで撮影を行うのが一般的だったが、OFF(切)機能が追加された。

筆者は、カラーモードをOFFにしたときの暗めの色をとても気に入っている。今までに見たことがない、とてもおしゃれなイメージで、モノクロに近い落ち着いた気持ちのいい色を再現してくれる。特に、RAWで撮る時は、カラーモードを(切)にしておくと、作業がしやすくなるだろう。

SIGMA fp ver2.0カラーモードのオンオフ違い

画像と映像が組み合わさったアニメーション「シネマグラフ作成/再生機能」搭載

Ver.2.00でシネマグラフの.mov形式の動画が制作可能となった。撮影した動画をSIGMA fp本体内の簡単な操作で、とてもユニークな動画を作成できる

ちょっと変わった追加機能なのが「シネマグラフ作成/再生機能」だ。写真の一部を動かせる機能で、例えば大道芸の写真の中で、3つのボールを交差させてキャッチする部分だけ動画で動くような表現が可能となる。Adobe PhotoshopやPremiere Proで必要な作業をカメラの中で全部できてしまうのには驚きだ。SNSで見かけるアート作品のように表現できるのが、面白いと思った。

シネマグラフ機能の使用例。右下のリスにマスク処理をした

レコーダーへの対応が楽しみ

SUGMA fpはVer.2.00で、ワンランク上のシネマカメラに成長中だ。外部レコーダーへの圧縮RAWデータの録画は、ユーザやこれから購入を検討されている皆さんにはさらなる楽しみになっている。早速対応を開始したBlackmagic Video Assist、そしてこの夏対応予定のATOMOS NINJA Vへの対応が楽しみだ。

txt:駿河由知 構成:編集部
Vol.05 [Camera Preview 2020] Vol.07(近日公開)▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-07-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

SIGMA SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ(ボディ) [SYSTEM5]
SIGMA SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ(ボディ) [SYSTEM5]
在庫あり
販売価格: ¥200,000(税込)
世界最小・最軽量、フルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ有効画素…
SIGMA SIGMA fp & 45mm F2.8 DG DN kit ミラーレス一眼カメラ 45mm F2.8 DG DN Contemporary キット [SYSTEM5]
SIGMA SIGMA fp & 45mm F2.8 DG DN kit ミラーレス一眼カメラ 45mm F2.8 DG DN Contemporary キット [SYSTEM5]
お取寄せ
販売価格: ¥240,000(税込)
世界最小・最軽量、フルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラとContemp…

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.05 キヤノン、8K RAW内部記録対応「EOS R5」や4K60Pの普及機新定番「EOS R6」登場

txt・構成:編集部 キヤノンから次世代フルサイズミラーレスカメラEOS R5/EOS R6登場 キヤノンは2020年7月9日、EOS Rシステムのフルサイズミラーレス... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.02 現場でのスピード感や12bitの表現力を両立したニコンZ7+NINJA V

txt:村上岳 構成:編集部 ニコンZ 7の魅力 筆者は元々、スチルのフォトグラファーである。その時からずっとニコンのカメラとレンズを使用している。映像を撮ってみようと... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.00 2020年新カメラ選びを考える

txt・構成:編集部 最大120fpsの4K RAWを内部記録可能なシネマカメラの登場、ミラーレスカメラは外部レコーダーと組み合わせでRAW記録に対応 残念ながら今年4... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:Blackmagic Design編

60seconds Shot! 製品レポート ATEM Mini Pro 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Blackmagic Design「ATEM Mini Pro」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Blackmagic Design社から「ATEM Mini Pro」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:Blackmagic Design]ATEM Miniの使いやすさやコンパクトさはそのままに新機能を追加した「ATEM Mini Pro」

60seconds Shoots ユーザーの要望を反映してさらに使いやすくなった「ATEM Mini Pro」 Blackmagic Design注目の新製... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp