PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-
News

[Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-

#Inter BEE 2013の歩き方

2013-10-30 掲載

Aコースは、InterBEEのメインストリームとなるブロードキャスト関連製品、およびデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。今年は9月に2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催招致も決定したことで、4K、8Kといった高解像度テレビ&映像技術に、2020年に向けて各社が一段と力を入れる起点の年となりそうだ。また映像業界全体のトレンドとして、ここ数年のトレンドキーワードであった『デジタルシネマ』から、オリンピックでのULTLA HD(4K)高解像度放送などへ向けての技術進展により、InterBEE自体も従来のブロードキャスト色が再加熱すると思われる。

4K(ULTLA HD)関連では、小型でより使い易い4Kカメラなどのソリューションが展示されるほか、各展示ブースでも4K以上のサイズのコンテンツ制作を具現化するための新たなテクノロジーが大きくフィーチャーされる予定。とりわけ4Kカメラのラインナップが増えて来ていることからも、今年は表示技術や4K撮影現場の各種ソリューション、ポストプロダクションでの製品などに大きな注目が集まりそうだ。

1
アビッドテクノロジー(ブース#4617)

itb2013_courseA_avid.jpg
メディア・エンタープライズ・ソリューション製品に力を入れているアビッド・テクノロジー。今年はポストプロダクション、小規模な放送局、教育、企業環境向けの小型共有メディア・ストレージ・システムとして、編集ワークフローのスピードアップを実現する高いパフォーマンス、保護、リアルタイム・コラボレーションを提供するISIS 5500や、IBCでも展示されたMedia Composer 7とInterplay Sphereによるリモート編集、Avid報道ソリューション、Avid Motion Graphicsデモンストレーションなどが展示される予定。
2
アストロデザイン(ブース#5317)

itb2013_courseA_astro.jpg
いち早く4K、そして8Kへの対応製品を開発発表してきたアストロデザイン。NHKと共同開発した非圧縮スーパーハイビジョンSSDレコーダーSR-8422や、8Kの映像をJPEG2000で圧縮することで1/8のデータ量に変換する、8K Dual-Green圧縮/配信/再生システムなどの高解像度の最先端テクノロジーの展示などにも期待したい。
3
パナソニック/パナソニック システムネットワークス(ブース#5418)

itb2013_courseB_panasonic.jpg
最新のカメラやモニタがどういったものなのかを見てみよう。初のAVC-ULTRA記録とmicroP2カードスロット内蔵のハンドヘルドカメラレコーダー「AJ-PX270」などの「P2HD」シリーズや、放送用2M/Eライブスイッチャー「AV-HS6000」などのHD制作機器システム、4K/2K/HDシネマ制作用の4K LCDビデオモニター「BT-4LH310」などの4Kビデオモニターが展示されるだろう。ハイエンドシステムVARICAM 4Kモデルの展示も注目だ。
4
EIZO(ブース#5614)

itb2013_courseA_EIZO.jpg
具体的な4K制作で今後ますます注目されるのが、プロ業務用の4Kディスプレイだ。ディスプレイの専門メーカーEIZOからは、今年のSIGGRAPHでも公開された、4K解像度36.4インチ(約92cm)カラー液晶ディスプレイの展示に注目。DisplayPort 1.2に対応、これまで4K表示には2本必要だったDisplayPortケーブルが一本で接続可能に。
5
富士フイルム(ブース#6505)

itb2013_courseA_Fujifilm.jpg
IBCで正式発表、10月より出荷予定の、脱着可能なサーボドライブユニットが着いた、フジノンの小型軽量PLマウントズームレンズシリーズ「ZK4.7×19」「ZK3.5×85」など、今年もシネレンズ製品に注目。またACES対応製品として注目を浴びるデジタル映像撮影現場向け色管理システム、イメージプロセッシングシステム「IS-100」、「IS-100mini」も出展。
6
ヴァイテックビデオコム(ブース#7104)

itb2013_courseA_vitec.jpg
今夏にヴィンテンジャパン(株)とザハトラー・ジャパン(株)が合併して、新たにヴァイテックビデオコム(株)に商号変更、InterBEEでも同社名で出展することになった。同社ブースではザハトラー、ヴィンテン両社の三脚製品を始めとして、大型三脚製品のオコーナー、ビデオバッグ製品のペトロール、バッテリーのアントンバウアー、モニター製品のトランスビデオなどを取扱う。
7
ブラックマジックデザイン(ブース#7105)

itb2013_courseA_blackmagic.jpg
注目のDaVinci Resolve 10のリリース直後ということで、各種ソリューションにも注目。4K対応製品も、DeckLink 4K Extreme、UltraStudio 4K、ATEM 1M/E Production Studio 4K、SmartScope Duo 4K、Mini Converterシリーズ各種4K対応製品など、すでに当たり前のような製品ラインナップを揃えているのも同社ならではの様相だ。
8
ソニー/ソニービジネスソリューション(ブース#7106)

itb2013_courseA_sony.jpg
PMW-F55、F65という4Kカメラを筆頭に、フル4K60pに対応したハンディサイズの業務用4Kカメラ「PXW-Z100」や、4K×4ch対応で、2TBのディスクに(8TBまで増設可能)4K60p 600Mb/s XAVCで5時間記録可能な4K/HD記録ができるマルチポートサーバー「PWS-4400」など、今年も4Kソリューションの先導に立って製品群を発表しているソニーは、おそらく今年もInterBEEに合わせた新製品を発表予定。
9
ナックイメージテクノロジー/カールツァイス(ブース#8321)

itb2013_courseA_nac.jpg
先日のIBCで突如発表された、ARRIのENGスタイルの2Kカメラ「AMIRA」に注目だ。ALEXAと同様のスーパー35mmセンサーを搭載した、ショルダーマウント型のドキュメンタリースタイルカメラと称されるENG用カメラ。14ストップのダイナミックレンジを持ち、本体内にカスタム3D LUTの読み込みとグレーディング機能を備えた、ALEXAより低価格のカメラ。その他、カールツァイスのアナモフィックレンズシリーズなども注目。
10
AJA Video Systems(ブース#8408)

itb2013_courseA_AJA.jpg
AJAは今年も独立したブース展示で参加。こちらもIBCで発表された各種新製品に注目。4KワークフローとThunderbolt 2に対応したポータブルなオールインワンI/Oボックス「Io 4K」、4K/UltraHDビデオから関心領域(ROI=region-of-interest)を切り出すワークフロー「TruZoom」、ミニコンバータシリーズの4つの新製品V2Digital、V2Analog、HD10A-Plus、4K2HDなど、新しい製品とソリューションが満載。
※掲載しているブース写真は過去に開催されたイベントのものです。
イントロ [Inter BEE 2013の歩き方] Bコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を知るコースとは? 今年の4月に米国で行われたNAB Showでも大きな注目となった「デジタルシネマ」。2013年はいよ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

奥の深いオーディオの世界。手段や機材など多種多様だが、状況に応じた使い勝手の良さや信頼性など、それぞれの業務に特化した機材が必要になりプロオーディオが成立する。デジタル化が当たり前... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

地デジへの完全移行になったのはほんの1、2年前のことだが、既に家庭用の4Kテレビやカメラなどが発表&発売され、CESやNAB、IBCといった展示会でも話題は4K更には8Kになってし... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新時代の映像制作を考える-

昨年から設けたこのCコース/プロスーマ・ネクストソリューションは、従来の映像制作専業者ではなく、主業となる本業をPRするためのメディア制作、もしくは教育ツールなどの一つとして自社内... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-

Bコースは、映像のことに詳しくない一般の人でもInterBEEを楽しめるというコース。InterBEEは映像業界人向けの展示会だが、一般の人でも4Kや8Kといった次世代放送を観たり... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

季節到来! 1年はあっという間にやってくる。気づけば、映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2013」 (#interbee) 開催の季節である。今年は11月13日より3日... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-